へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

頬染めて 蕾膨らむ 木瓜の花

2017年03月20日 12時15分55秒 | 庭仕事

今日は春のお彼岸。お昼には少々雲が張ってきた。
木々の小さな芽が膨らむ姿が見えるようになった。

堅いつぼみの木瓜の花の蕾がようやく赤い色を見せだした。
それにしても今年は遅い。例年比一週間以上の遅れだと感じている。

南向きの二階のベランダに置いて、この遅さ。
北庭のもう一本なぞは、まだまだ緑の堅いつぼみのままである。
温暖化で寒暖の差が激しくなるとは聞いているが、こんな現状とは・・・。

そういえば今年の桜の開花予想は、入学式までは花が残りそうだとのこと。
一時、三月末からの満開で入学式には散っていたことがあった。
ここ数年はこんな心配はなくなったが、反対に開花遅れが心配になる。

乾燥注意報も出ている今日。
薄めのハイポネックス希釈液でたっぷりの水遣りをした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もまた あんパン食らい... | トップ | 今風で ない美味しさと 懐... »