へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

田植え後 鴨二羽遊ぶ 初夏の朝 

2017年05月20日 15時03分34秒 | 日常生活

今日も暑くなりそうで、真夏日とのラジオの予報。五月晴れは超えて初夏の陽射しだ。
いよいよ木陰が恋しくなる季節となったものだと、散歩しながら思った。

先日歯医院の帰りに見た二羽の鴨。田植えの終わった畝筋で遊んでいた。
飼われている様子でも無く、どこからか飛来したのだろうと思う。
水遊びする鴨を見ても、涼しげな景色と自然に思える程の暑さの今日である。

そういえば、水遊びなどはここ20年以上していない計算になる。
子供が幼い頃に近くのプールで遊んだのが最後だった。
今更老人の裸体をさらしたくもないが、水遊びが恋しくなってしまう。
頑張って無理しても「老人の冷や水」となって、他人さまに迷惑を掛けてしまうだろう。

今の私の水遊びとすれば、朝の庭の水撒きぐらいだろうか。することも小さくなってしまった。
昔の趣味の青葉の下での渓流釣りも良いが、そこへ行くまでにへばってしまいそうである。
やはり、庭いじりの後の冷水シャワー程度で満足するのが一番かもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支え合い 寄り添い守るか ... | トップ | 風揺らぎ 木漏れ日の下 バ... »