へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

いっ時の 梅雨の晴れ間に ひまわりの花

2017年07月08日 09時50分50秒 | 日常生活

朝方の梅雨の晴れ間に、公園に植えたひまわりを撮ってきた。
水遣りの時に、公園のひまわりが丁度見頃と教えてもらったからだった。

今年は趣向を変えて「ひまわりコング」から「大輪ひまわり」に変更したのだった。
しかし、一輪咲きで大型の花とはいえ、何か淋しい雰囲気だ。花数が少ないせいだろうか。
元気なく見えるのは、昨日までの大雨に打たれたせいかもしれない。

時折の陽射しはとても暑く感じる夏のもの、加えて昨日までの雨の湿気。
少し歩くだけで、ポロシャツに汗がじっとりと滲む。熱中症度数は高いはずだ。
下で勢いよく伸びた雑草をぬくのも程々にして、帰ってきた。

こんな日はやはり、自宅の部屋からスズメのリモート撮影が一番。
こんなことを言えばこの夏は毎日がスズメに関わる日となってしまう。ずぼらになってしまったものだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立葵 八重で咲いても 梅雨... | トップ | 木の株に キノコ芽生える ... »