へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

線一本 交換で済む 不通電話

2016年12月28日 14時44分48秒 | 日常生活

ようやく私も今日、世間並みな仕事納めとなった。
大義、大義と言いながらも結局は仕事をしていた。
まあ、何とかノルマを果たして、無事年が越せそうだ。

昨日の朝のこと、突然前触れも無く仕事で使う電話がおかしくなってしまった。
発信は可能だが、受信ができなくなってしまった。早速、NTTに連絡。
素早い対応で回線に不具合との事だったが、修理に伺う時間の指定ができないという。
何でも年末は回線の故障が多いらしく、要員が出払っているとのことだった。

それまではすることもないので、電話線周りを片付けたりして待っていた。
先日購入した電話機の線が余っていたので、新年に向け新しい線に交換してみた。
な、何と交換した線では、きちんと電話がつながったではないか。驚きである。

NTTに断りを入れると、局からの回線診断を行ってくれたが、正常になったとのこと。
たった電話線一本の交換ですんなりと直ってしまったこの事実。
こんなこともあるのかっ!と感心しながらも嬉しい結果となってしまった。

この年末年始は良いことがありそうな予感がしたところで、今度は歯が痛む。
この後歯医者に行くが、「歯一本 抜いてすっきり 虫歯かな」にはなりたくない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両手添え 拝み食する 大ど... | トップ | カタカタと 座敷わらしが ... »