へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

S・M・L デジタル写真の 価格の差 

2017年06月28日 11時49分31秒 | デジタル・インターネット

友人からの連絡で、写真投稿販売サイトへのアップが全くないことを知らされた。
半分以上忘れていた「PIXTA」「PhotoLibrary」のサイトの事である。
一度ずつお情けで売れていたが、もう2年ほどアップしていなかった。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、との信条は忘れたのかとも問いただされた。

それもそうだ、審査はあるもののアップに料金が掛かる訳でもない。
お気に入りをハードディスクに保存していても一銭にもならない。
再度奮起してアップしようとして感じたのが、この問題だ。

S・M・Lのデータサイズで販売価格の差、別にプリントしてもらうわけではない。
アップする方は写真データとして一回、サイズ事にアップする訳でもない。
今までの旧い慣習がそのまま残っているのだろう。デジタルの世界にも旧い慣習。

「PhotoLibrary」のサイトでは、価格が自由に設定出来る仕組みがある。「PIXTA」にはない。
ほかの人の写真を見てもやはり価格に差を持たせている。
よーし、私はサイズに関係なく同一料金で販売してやろう、「PhotoLibrary」で。
決まりだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子スズメの 揃うを待って ... | トップ | 苔を敷く 夏のモードの 給餌台 »