へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

これくらい この大きさが 丁度良い

2017年04月19日 07時47分05秒 | デジタル・インターネット

愛用の普段使いのデジカメが相当くたびれてきた。
2013年12月に購入したLUMIX TZ-40。3年越しの使用である。
愛飲するたばことほぼ同じのサイズ感が気に入ってまだ使用している。

出歩く時にはほぼ持ち歩いて、言葉通りの普段使いで気楽に写せるのが良い。
しかしスマホ・タブレットとはひと味違う。やはりカメラである。

散歩時、庭仕事などでは、20倍程度の望遠ズームそしてマクロ撮影機能は必須だ。
加えてベランダ野鳥撮影にはタブレットと連携するリモート撮影機能も要る。
そして肝心な大きさ、ポケットにすっぽり入るたばこ箱サイズが何より自然に動ける。

不足点を強いて上げるなら、それは防塵・防滴機能だ。
何しろ普段使いなので、雑な使用にどうしてもなってしまう。
土埃り、散水時の水かぶり等々、雑な使用がカメラの外観から想像出来るだろう。

そろそろ買い換え時期だが、現在はTZ-85を狙っている。
次期モデルが発表され、値が下がったところが狙い目かなと思っている。
そろそろ近い予感もするが、今年いっぱいはこのカメラかな?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がり 新緑ゆるりと 花... | トップ | 検診が 治療に移行 目に若葉 »