へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

無情にも 花見日和に 桜二分

2017年04月04日 10時31分18秒 | 日常生活

昨日より今日がもっと穏やかで暖かい春の日だ。
ニュースでは「絶好の花見日和」と報じているが、ここでは桜は二分三分。
我が家の一本しかない桜の標準木も似たようなもの。

お出かけでもしたい気分だが、花がないのでは行きようがない。
普段通りの散歩で五千歩稼ぎでは味気ないが、選択肢はない。
こんな中途半端な陽気は、余計なストレスが溜まりそうで嫌だ。

写真は庭の桜の花、サクランボの葉桜、そして雪柳の花。
我が家の春の「トリコロール」。要するに三色カラーの揃い始めである。
もうすぐ、桜のうすピンク、サクランボの葉の新緑、真っ白な雪柳と揃う予定である。

しばらくは草花の手入れでもしてお昼の後は散歩、そしてお昼寝になるかな?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穏やかな 午後の春日に 木... | トップ | パンジーが 庭先飾る 街通り »