へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

Amazonの 空き箱三つ 常備する

2016年12月20日 15時47分35秒 | 日常生活

もう、午後三時を過ぎると夕方気分。今日も一日、無為に過ごした。
朝方、仕事もせずに少しばかりの片付け。そして午後は1時間余りの昼寝。

押し入れにあったAmazonの空き箱、大きさを違えて三箱にした。
近くに打っていない物は殆どここで購入しているよく利用する通販サイトである。
この統一された箱のデザインが好きで捨てずにいる。

楽天・Yahooもたまに利用するが、こうした統一箱で送られて来ることはない。
デパートに例えるなら、専門店の包装紙とデパートの包装紙の違いに相当するだろう。
個々の店の信用も良いが、モール自体(ここではAmazon)の責任で発送されるのがありがたい。

さて、この箱、ちょっとした物を送る場合に重宝している。
元は宅配用の箱なので、縦横のサイズは合理的な料金になるよう設計されている。
ただ、問題は重量。こればかりはどうにもならず、結局高いものになってしまうこともしばしば。

今年もずいぶんと貯まった箱だったが、当面は三箱をおいて残りは処分である。
矢印の 笑顔に和む 宅配便  また来年もお世話になることだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余生には 遠く届かぬ 今の老後 | トップ | 思い出が 炎に浮かぶ 永久... »