へたでずぼらに、五・七・五

 
安否確認を兼ねた老人の日々の絵日記です。
五・七・五のスキップ歩きで転びながら、自宅周りを中心に徘徊しています。

スズメまで うたた寝催す 春の午後

2017年03月13日 09時26分05秒 | 小鳥・動物

これもまた昨日の写真となるが、ベランダに集まるスズメ達である。
日差しが暖かいのだろう、集まってうとうとする姿が可愛いかった。

餌をヒヨドリに取られないよう、小さな囲いをおいたのでもう脅かされることはない。
暖かい日には、メジロもここには飛来しない。しかもすぐそばにはたっぷりの餌がある。
敵の心配も、餌の心配もなく、しかも仲間が集まれば、ゆったりもしたくはなるだろう。

お昼の一時過ぎから二時過ぎまでの約一時間、大きな鳴き声も上げずにこんな姿が見られた。
忙中閑ありとは言うが、ここでは「騒中静あり」の様子だった。

私にとっては、ここまで馴染んでくれたんだ・・との感慨も深い。
相も変わらず、雀たちとの距離感は全く縮んではいないが、気分的には一歩前進である。
一年を通して飛来して、多少煩い時もあるが、心を和ませてくれるスズメ達には感謝だ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅の花 これだけ咲いて 淡... | トップ | 元祖これ シンクロナイズ ... »