hiroshi hara: saxophoniste

日々の思考の断片

管打指導法

2016-10-29 00:26:33 | 東京音大
お昼過ぎまではいつもの洗足レッスンを、夕方からは東京音大にて「管打指導法」という講座をあずかり、私自身のこと、サクソフォンのことなど、色々な話題にふれた。

演奏も挿み込んで、ボノーのワルツ形式によるカプリス、グラズノフの協奏曲のカデンツ、そして講座の最後には学生カルテットと一緒にハーバートのインディアン・サマーを演奏した。

学生との共演は前日に思い立ち、突貫工事で仕上げた演奏だったが、それでも楽しかった。

共演者と



講座をした立派な講堂





終わった後に受講してくれたサクソフォン専攻生たちと
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッスン室から | トップ | 爽やか »
最近の画像もっと見る

東京音大」カテゴリの最新記事