日頃思うことをアップします

写真付きで日記や趣味を書きます

「現場主義」って見せかけ? それともリップサービス?

2016年10月14日 | 日記
 よく行政の長から「現場主義」との言葉を聞きます  原村でも昨年の7月にこの言葉を強調した方がいました  私の考える「現場主義」とは、住民からの苦情、提案などの声に答える手法だと思います  特に、苦情にはその現場対応することが必要だと思います
 先日、私の使っている上水道の検針がありました  その方が「泥水が多くて確認できません」とのことで、一緒に見ましたら、メーターの周りが泥水で見えません  一部の泥をを出したところ接続部分から水が出ていることを確認できました  役所が休日だったため平日に連絡しました 「先ごろ水道メーターを交換したが、水漏れがあるので確認してほしい」と話したところ役所からは「工事の業者責任だから、業者に行かせます」とのことでした  いったん電話は、切りましたが、納得できずにもう一度連絡したら「業者責任です」とのことでした   「竣工検査はどうしたか」と聞けば、「いちいち検査できません」との回答です  さらに「現場は、見ないのか」との問いにも「業者責任ですから業者に対応させます」の一点張りでした 
 「現場主義」という為政者の姿勢があるなら、上水道という健康に直接関係することだけにすべてに貫くべきではないでしょうか


ここに記事を記入してください
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東松島で交流してきました | トップ | TPPを批准させない10.15 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む