HAPPY TABLE DIARY

健康と幸せはキッチンから
栃木県宇都宮市の
マクロビオティックサロン HAPPY TABLE 
杉村美樹のブログ

温活講座

2016-10-15 21:46:48 | イベント

「温活講座」を開催させていただきました(*^_^*)

湯たんぽを使った手当法を教えて欲しいというリクエストをいただきプランさせていただきました。

「冷えは万病のもと」と言われていますが、成人女性の2人に一人が冷えに悩まされていると言われています。
冬の冷え対策は秋口からスタートさせておくと良いと言われています。
生姜湿布やこんにゃく湿布をご紹介させていただくことが多いのですが、6年ほど前に快医学の講座を受講し、日常のケアに湯たんぽ療法も取り入れております。
数年前から岡部賢二先生も講座時に湯たんぽをお勧めになられ、お教室や講座時に湯たんぽも良いとおすすめしております。
湯たんぽというと冬に使うものというイメージを持たれている方が多いのですが、私が教えていただいた快医学の先生は1年中使われているというお話を伺いました。
そう湯たんぽは冬限定でなくても良いのです。
冷えを感じる方は是非今からお使いください。
もともとが劇冷えしていた身体だったのと、何十年も高熱を出していないので日頃から代謝や解毒を良くするように、温熱や運動発汗、ミストサウナやお風呂での発汗も心がけて過ごしております。
湯たんぽを使うようになり、ぐっすり休め、目覚めもとても良くなりました。

今朝は急に冷え込んだせいか
体調不良になられ、朝になりキャンセルがあいつぎ、2名での開催になりました。質疑応答を交えながら、進行させていただきました。
お持ちいただいた湯たんぽと家の湯たんぽを併用し、
スタート時から2個の湯たんぽをお腹と腰にあてていただきました。
冷えの原因と対策、食事法などのご紹介をさせていただき
湯たんぽの当て方などもご紹介させていただきました。
身体を外側から十分温めたところで
内側から温めるランチをお出しいたしました。
ランチ後は汗ばむくらいでした。

体温が1℃低下すると
免疫力は30~40%低下
体内酵素の働きは50%低下
ホルモンの分泌量50%低下すると言われています。

2人に1人がガン
生まれてくる赤ちゃんの2人に1人がアレルギー
成人女性の2人に1人が冷え
と言われる
ゆゆしき時代です。

あらゆる不調、病気は腸と血液の汚れと言われていますが
腸内環境を整えることが大切ではないかと考えております。
人間の歯の数、腸内細菌の割合から考えても
日本の伝統食と麹を使った発酵食品が
日本人の腸内環境を整える最高のお食事だと思います。
そんなお話も講座内でご紹介させていただきました。

☆ランチメニュー
~満月へ向けての温めランチ~
黒米入りひじき混ぜ玄米ごはん
重ね煮のけんちん汁
小豆かぼちゃ
切り干し大根と高野豆腐の煮物
大根の塩麹炒め
小松菜と油揚げの煮びたし
蓮根梅酢漬け 麹ピクルス
自家製乳酸生甘酒

-デザート-
栗の渋皮煮 さつま芋甘酒添え
玄米ミクロン

ウォーミフリーな時間を共有させていただきありがというございました。今日はまだ身体がポカポカです(*^_^*)

温活講座もしご希望下さる方がいらしたらご連絡をお願いいたします。

今夜は月が煌々と☆
冷え込みますので温かくなさりお過ごし下さい(*^_^*)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月のリズムランチボックス  | トップ | One day special savoir vivr... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む