真実求めて・・当ブログは管理人が気になった記事のコピペです。

内容については記事元をご確認ください。
そして、真実はご自分で見つけてくださいね。
コメントは受け付けてません。

酸性体質

2016-01-22 07:16:40 | 

【赤ちゃんや、子どもの鼻水が垂れると、鼻の下が赤くなる?ならない?あなたの子どもはどっち?】

まず最初に。
ガンの方は大抵が酸性体質になってます。
体液が弱アルカリに寄らないとガンは消えません。

(だからと言ってアルカリ性のものをグビグビ飲んだりしちゃダメダメよ。

胃は強い酸で、ばい菌やウイルスを殺菌したり、食べたものを消化吸収しやすいようにドロドロにする役目があるからね。
野菜だってアルカリ性じゃないからね。
アルカリ性機能食品と言われ、身体に入るとアルカリになる訳で、最初からアルカリじゃないんだよ〜。
だから、アルカリ水なども飲み過ぎはダメダメよ)

なんと言っても【血液が重要】

血液は毎日の食事から出来上がります。

酸性になる、、と聞いて、大抵の人は【肉食がガンにさせる】と思われるでしょう。

しかし!
本当の犯人は【砂糖】です。

甘いものは身体を酸性体質にします。
だから、虫歯も出来ます。

酸で歯を溶かしてしまいます。

よーく観察してみて下さい。

鼻水で赤くなる子ども、ヨダレで口の周りが荒れる子どもがいれば、
同じように鼻水垂れていても、赤くならない子どももいます。

硬いティッシュで拭くからかな〜、、なんて思って、天使の柔らかティッシュみたいなのを使っても【結果は一緒】です(笑)

赤くなる子どもは、
みんな体液が酸性に傾いているからなんですよ。

鼻水が酸性になり、肌を焼くのです。
だから赤くなる。

お母さんが甘いものを食べ過ぎ、そのおっぱいを飲む。
または、子どもに甘いお菓子を与える。

それから、、、
【抗生物質の乱用】や【麻酔などの投与】
これも身体を酸性体質にします。

ですから、ヨダレにかぶれたようになっている赤ちゃんの相談会では、必ず【麻酔をしたか?抗生物質などの薬剤を投与したか?】などを聞きます。

もし投与していれば、それらの影響をレメディを使い取り除きます。

投与していなければ、お母さんの食事内容を聞きます。

みなさん、ビクビクしてお答えになられます(笑)
比嘉さんに怒られるー、、とか、何と思われるかなー、、とか(笑)

いや、ただ赤ちゃんに影響あるものを探しての質問ですからね(⌒▽⌒)(笑)

そこでも良く言われるのが【お肉を食べちゃうんですぅ、、】ってコト。

いやいや、食べて下さい(⌒▽⌒)
って言うと『え⁉良いんですか?』となります。

はい、良いんです。

わたしは食べれる方には、ガッツリ食べて頂きます。

しかし、甘いものはしばらく禁止にします。
本当はずっと要らないんだけどね。

で❗
大切なのは身体の中を弱アルカリにすること。
だから、お勧めは【酢の物】や梅干し❗
思いっきり酸性食品やん(笑)

そう、、
こうして見てみると、アルカリ水やアルカリ性のものを飲んだりするのって違うやん!って分かるよね(⌒▽⌒)

あとは【活きた食べ物】を食べること。
これは加工食品には【イノチ】がないってコトです。

活きた食べ物は小腸で【水素発生】します。
これ、火を通したものばかり食べては、【酵素不足】になるってコト。

自然乾燥やお日様で乾燥させたものなら酵素は死んでない。
酵素は低温なら活きています。

だから、市販の野菜ジュースは野菜にあらず❗
何故なら、140度以上の熱で殺菌しちゃうから。

だから、市販の野菜ジュースより、ニンジンやトマトを自然乾燥させたものの方が、エネルギーは高いってコトです。

実際の栄養価も干した野菜の方が高いという結果も出ています。

さて、話は長くなりましたが、、、

要するに、鼻水やヨダレでかぶれたら、甘いお菓子や料理は控えてみて下さい。

それだけでかなり改善しちゃいますよってコトです(⌒▽⌒)

レメディでは、アーセニカムや、カーボベジ、カーボアニマリスなど、または、アシッド系もお勧めです。

写真は雪の日に、毛布にくるまる茶子。
顔だけ出して、目をキョロキョロ(笑)

 
比嘉 眞紗子さんの写真
<form id="u_ps_0_0_g" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}">
 
</form>
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知る | トップ | 俳優の伊勢谷友介はきょう、Twit... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。