はっぴぃスマイル

私たちの活動日記へようこそ!

情報交換会

2016年12月07日 | 日記
今日は、療育センター相談員の早川さんをお迎えして、『障がい児、特に医療的ケアが必要な子供を抱えながらの仕事について』の情報交換会でした。

肢体不自由児の場合、体調を崩しやすいこともあり、なかなか仕事が出来ないお母さんが多いです。特に医療的ケアが必要な未就学児の場合は、預かってくれる所は、ほとんどない為、フルタイムで働くことが、難しい状況です。

はっぴいの会員では、
未就学児のときは、
•ご主人と仕事の時間を調整しながら働い ていた。
•最初義母にを見てもらっていたが、途中. で子供の体調が悪くなり、結局仕事を辞めてしまった。
•子供の体調が落ち着かないので、仕事は、しなかった。
などの意見がでました。

就学してからは、
•子供が学校にいっている時間だけ仕事をする。(パートタイマー バイトなど)
•祖父母に登下校の送り迎いを頼んで、仕事をしている。
•ご主人と時間を調整しながら、仕事をしている。
•朝は学校に子どもを送り、
下校は事業所の放課後ディサービスを使って、仕事が終わった後、そこに迎えにいく。

ただ、医療的ケアが必要なお子さんのお母さん達は、
•最初は、働いていたが、子どもの体調が悪くなると呼び出しがかかり、仕事を早退することが多くなってしまって、結局仕事を辞めてしまった。
•子どもの具合いが悪くなることが、多く学校欠席、早退、入院などがあるので、フルタイムの仕事をしたくても出来ない。
•祖父母に協力してもらって仕事をしている。(医療的ケアを覚えてもらっている)

就学しても、医療的ケアの子どもを持つお母さん達は、放課後、毎日預かってくれる所が無いので、家族の協力が無ければフルタイムで働くのは、難しい現状です。
卒業後は、特に受け入れ事業所が少ないです。
『はっぴいスマイル』としても、今後関係各所にこの問題の働きかけをしていければと思いました。
皆んなから色々な意見が出で、とても良い情報交換会でした。

この講座は「平成28年度公益信託うつくしま基金助成事業」で実施いたしました

はっぴぃスマイルのホームページです!
http://happysmaile2014.web.fc2.com
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨガNo.8 | トップ | クリスマス会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。