きゃらめるぽっぷこーん

映画が好き、映画館も好き。
きっかけは韓国映画、今は邦画が多いです。

アシュラ

2017-03-21 17:07:55 | 韓国映画
なんなんすかね、急に怒涛の韓国映画?(笑)
「お嬢さん」「コクソン」とくれば観ないわけにはいかないっしょ「アシュラ」
行ってきました。
3本とも面白かったけど、正直今回が一番面白かったです。

キム・ソンス監督、同名で二人いらっしゃいますから、MUSAの方の監督さんね。
私が前に観たのは「英語完全征服」ですからね、ジャンル違い過ぎ、ふり幅広すぎ(笑)
今回がぶっちぎりの面白さでした。

新宿武蔵野館で上映のみ。
日曜日だったから家を出る前に念のためにネットでオンライン予約して行って正解。
到着した頃はソールドアウトでした。よかった☆
「お嬢さん」も新宿のTOHOシネマズで観る予定が満席だったので急きょ立川のシネマシティに。
韓国映画キテマスネ~(^o^)



暗くて重くて、
痛くて辛くて、
出口が見えない、
あるのは暴力だけ、
支配するものとされるもの、
喰うか喰われるか、
結局みんな喰われちゃうのよ、そんなとこで生きたい?っていう、
そして救いようのない終焉、
まさに韓国ノワールの典型のような内容なんだけど、
面白かったわー。

最初にアンナム市の全景を空から映すのね。
ゴチャゴチャと家が密集してどよーんとして主人公が「人間が嫌いだ」って言う。
わかるわぁ、この街じゃなところで暮したいけど、できないのよね、
地獄であっても、ここで生きていくしかない人たちの話だから。

情報なしでいくからさワタシ、久しぶりのチョン・ウソンだったなー。
イケメンさん興味ないからそーでもなかったけど、
年齢重ねて渋くてカッコよくなった福山雅治のイメージかな
カッコいいなって思った。
ほぼ男性だし、おじさんだし、血まみれ率高いし、
そんななかでチョン・ウソンのイケメンがかなりの清涼感で助かりました。

一番の見どころは雨の中のカーアクション。
あれは凄かった。
韓国映画ってカーアクションがすごく上手いけど、
最高に凄まじかった。
息を詰めて観てました。

ドギョン(チョン・ウソン)の顔が怒りで真っ赤に膨れ上がった(ように見えた)
あれこそ阿修羅。
でも阿修羅と化して突っ込んでって、向かうところは結局そうだよね、
そうなるしかないよね。
韓国ルノワールだわ、、、

弟分のチュ・ジフンとの関係が切なかったね。
あそこはちょっと泣いた。
破滅へ向かうしかない男たちの哀しさ。

迷いがなさ過ぎて、音楽もカッコいいもんだから、
ラストは清々しささえ感じました(感覚おかしい←)

Satan Your Kingdom Must Come Down





  キム・ソンス監督作品
  ⇒ 英語完全征服  2003年
  ⇒ MUSA-武士- 2001年

 


アシュラ(아수라)  2016年  ☆☆☆☆☆
監督:キム・ソンス
出演;チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシク

アンナム市の市長という立場を利用し、利権をむさぼろうと犯罪を繰り返すパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、末期ガンに侵された妻の治療費稼ぎを理由にその処理を請け負っていた。市長検挙に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、彼を脅迫して捜査への協力を迫る。ドギョンは市長と検事たちの間に立たされる。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 哭声/コクソン | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL