きゃらめるぽっぷこーん

映画が好き、映画館も好き。
きっかけは韓国映画、今は邦画が多いです。

0.5ミリ

2016-09-15 19:09:16 | 日本映画


脅迫押しかけ老人介護ロードムービー
面白かったです!
3時間16分 全然長く感じなかった。
安藤家の傑作ですな☆


介護の話だとは知ってたけど、まさかこういう展開とは。

開始早々の展開にあんぐり口あけたまま、ここからどうなるのか予想もできないまま、
住み込みで介護できる老人を物色して脅して←
最後は手なずける(笑)

でもあんなにパーフェクトなヘルパーさんで
綺麗好きで、料理が上手で、若くて可愛い女性で、
なにより性格が良かったら、そりゃね。

食べるということが重要なキーワードになってるところも好き。
さわちゃんの料理の手際が良くて、それだけでも彼女が好きになる。
とくに、小鯵の味醂干しは素晴らしかった。
真壁さんの気持ちがさわちゃんにぐっと近づいた気がしました。
食べ方も綺麗。
でもまことは手づかみでムシャムシャと食べるのよね。
今の状況が食べ方で表現されてる。

老人介護の話というより、人生の話。

死にそうなじいさん相手にしてると
時々思うの
私の知らない歴史を生きてきた人が同じ世界に生きてるんだなって


うどん食べながらさわちゃんが言った時、
私も同じこと考えてたので、激しくうなずいてしまいました。

余談ですが、結婚当初に乗ってたのが117クーペなんですよ。
ヘッドライトが丸い黄色いやつで、ドンピシャ同じやつ。
懐かしかった☆

まことくんがおばさんにしか見えなくて謎だったんだけど、
意外にもラストにその謎が解けました。

上映開始早々のビックリな展開がちゃんと伏線になっていて、
赤いワンピースの意味も分かりました。

女として生きたくなかったまことくんと、
さわちゃんが女として生きない理由。

そうだったのか、、、

でも二人とも女性として自分の人生を生きてほしい。

最後はどこへ行くのかわからないけど、世界がちょっと開けた気がして、
二人の幸せを願うばかりでした。
この二人ならきっと大丈夫ですよね。うん。



0.5ミリ  2013年  ☆☆☆☆☆
監督 原作 脚本:安藤桃子
出演:安藤サクラ、坂田利夫、津川雅彦、柄本明、草笛光子、角替和枝

介護ヘルパーのサワ(安藤サクラ)は、亡くなる前におじいちゃんと寝てあげてという派遣先の家族から突拍子もない依頼を受ける。そこで思い掛けない事件に巻き込まれて職を失い、無一文となり困窮したサワは、町で見掛けたワケあり老人の押し掛けヘルパーを始めることに。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秘密 THE TOP SECRET | トップ | セトウツミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事