コンビニ経営のポイント

コンビニオーナー、経営者のための商品政策・経営分析・税務対策などを、元コンビニ社員が書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競合店対策(4)〜〜〜菓子の品揃えの考え方

2005年10月23日 12時10分21秒 | Weblog
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 『コンビニオーナーのための経営術』

 2005年10月23日  第6号
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは。いつもありがとうございます。

新たに登録してくださったみなさま、よろしくお願いします。

バックナンバーをご希望の方は
↓ ↓ ↓
happylife_september@mail.goo.ne.jp
件名に「バックナンバー希望」と本文にお名前をお書き下さい。

前回までで客数アップのためのファーストフードの品揃えの考え方に
ついて書いてきました。

キーワードは、提案力のある売り場と、3便強化でした。

それを、継続的にやっていくことが固定客の確保のために必要です。

まだまだファーストフードについて書きたい事はありますが、
また後日にまわす事にして、今回はいわゆる、ファーストフードや
生鮮以外の食品→菓子、カップめんなどについてお話しようと思います。

では、第6号に行きましょう!!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 競合店対策(4)

     〜〜〜菓子の品揃えの考え方
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

オーナー「秋は、新商品が多かったから、在庫が多くなってバックヤード
もいっぱいになっちゃってるよ。」

店舗指導員「そうですね、売れ筋に絞り込めていないのかもしれませんね。
当店は、お菓子はパートのAさんが発注担当でしたよね。」

オーナー「そうです。でもAさんは開店以来菓子の発注をまかせてしま
っているから、相当自信持ってるんだよね。だから、まだ
店舗指導員の話はまだ聞いてくれるけど、僕の話はなかなか
聞いてくれないんだ。」

店舗指導員「オーナーが任せすぎたのも原因ですよ。少なくとも新商品が
大量に入る春、秋や夏物を処分するときなどは、今後の
方向性を含めて話し合ったりしていきましょう。」

オーナー「そうだね。」

店舗指導員「おそらく、売れている商品は今後も売れる前提で
発注されているように思います。」

オーナー「そうそう、僕が『この商品カットしたら?』ってきいても
『まだ売れてるから』っていわれてしまう事が多いからね。」

店舗指導員「新商品をアピールするにはそれなりのスペースも必要
ですから、そのことも含めて話し合っていかないと・・・」


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、菓子などの発注は、オーナー様よりもアルバイトやパートさん
または、オーナーの奥様など、別の方が発注されている事も多いです。

ですから、一番いけないのは、オーナー様が菓子などの商品に疎くなって
パートさんに任せざるを得ない状況になっていく事です。

あくまで、経営者はオーナーです。

菓子などの商品にも詳しくなってパートさんたちと一緒に発注を考えて
いきましょう。

例えば、パートさんがどうしてもお休みがほしくて休む場合、代わりに
お菓子の発注できますか?

発注できたとしても、パートさんに
「この前は、オーナーが発注したから・・・」
と文句をいわれない自信がありますか?

菓子の発注の悪い店は、2つに分かれます。
(1)とにかくアイテム数が多くごちゃごちゃ並んでいる店
(2)次の新商品に備えるためか、パックヤードをすっきりさせるためか
商品が少なくボリューム感にかける店

(ここでは、陳列の悪い店や、商品出しができない店は店舗のオペレーション
の問題なのでとばします。)

では、菓子の発注の良い店はどんな店でしょうか。
基本的にはファーストフードのときに申し上げた提案力があるというのが
ポイントです。

しかも、廃棄ロスを考えなくても良いこういった商品はかなりダイナミック
に販促や、陳列ができます。ただしそれは計画的に行わないと、不良在庫
を作ってしまったり、値下げのロスを作る事になってしまいます。

前回、お客様の動線についてお話しました。

皆様も気づいていらっしゃると思いますが、お客様は、店の外回りを通る
ことが一番多いです(壁側に配置された商品の前を通るという事です)。

必要最低限のものは、外回りを1周するだけでできるように配置されている
からです。でも、お菓子などは外回りにはほとんどありません。

通路に入ってきていただかないと買ってもらえないのです。
すなわち、外回りを買い物していただいているお客様に、
「おっ、新しい商品がでているなぁ」と思わせて、通路に入ってきて
もらわないと売れないのです。ですから菓子なども、ファーストフード同様、
提案力が必要なのです。

提案力は、販促物でもできますが、一番は商品自体です。
たくさんある商品はやはり迫力があります。売りたい商品は商品の数と
スペースを用意する必要があります。

そのために、今後の計画を練っておく必要があるのです。

今のようにチョコレートが良く動く季節(これからバレンタインデーの
2月までは良く動きます)には、販売数が週販10個でも、カットの
対象かもしれませんが、夏場であれば、週販10個なら上位商品
かもしれません。

ぜひ、発注担当者と計画をたてていきましょう。

今回のポイントです。
・菓子などの発注も、やはりポイントは提案力(新商品など)
・発注の考え方は、担当者と共有して、話し合っていきましょう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

発注をいろんな人が担当する事は、悪い事ではなくむしろ、いいことです。

問題は結果的に店がよくなっているかという事です。

私が考える理想的な状態は、菓子の発注をできる人が何人かいて、
今は○○さんがやっているという状態だと思います。

パリーグのプレーオフを制したロッテのバレンタイン監督は、
選手を適材適所で使うのが非常にうまい監督だと思います。

発注もそれがベストだと思います。同じ発注ばかりしていると
その人以外はその部分に興味を持たなくなりますし、逆に担当の部分に
しか興味を持たなくなるのも問題です。

ある一定の期間で区切って担当を交代し、それぞれの分野を経験する事で
視野が広がってくると思います。

もし、お菓子や、カップめん、雑貨などの発注に自信がないオーナーさんは
そのローテーションに自分も入って少しずつでもやってみてはいかがですか。

人を適材適所でうまく使うためには、その人のことをよく知ってないと
駄目です。いろんなことを任せてみないと、その人の新たな一面は
発見できないと思います。

発注担当者にやる気を出してもらうために、店舗指導員に近隣の
店の新商品の販売状況を教えてもらい、良かったときはパートさんと
一緒に喜んだり、悪かったときは一緒に考えたり、良い店を見に行ったり。

そうする事で店の一体感も出てくると一石二鳥ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  超個人的!コンビニ日記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

私も、元某チェーンの店舗指導員(SV)でしたから、コンビニに
本部の車が止まっていると、「打ち合わせしているのかな」
と、少し気になってしまいます。

すると、ちょうど打ち合わせが終わって帰るところのようでした。
おでんを大量に買っていました・・・

SVが提案して、失敗したのかな?

思わず、そう考えてしまいました。

SVという仕事も、奥が深くて、大変な仕事だと思います。

提案をすることは勇気がいる事です。
時にはオーナーさんにとって触れられたくない事もいわなければいけない
こともあります。

オーナーさんのご機嫌をとって、本部からの連絡をするだけでは
良いSVとはいえません。

あなたの店のSVはどうですか?

寒くなってきましたが、体調に気をつけてがんばりましょう!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日は、以上です。ありがとうございました。

ご意見、ご感想をお聞かせいただければ幸いです!!
「こんな事を話題にしてほしい」などもございましたらお願いします。
↓ ↓ ↓
happylife_september@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------------------
コンビニオーナーのための経営術
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000170878.html
----------------------------------------------------------------------
キーワード
☆☆☆☆☆☆ ファーストフード バレンタイン監督 レーション バレンタイン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 競合店対策(3)〜〜〜3便のお... | トップ | 店舗指導員(SV)を利用する〜〜... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL