どう生きる?

細木数子先生から学ぶ人生哲学。
美輪明宏さん江原啓之さんから学ぶ魂の磨き方。
どう生きたらいいのかを探求するサイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

痴漢問題とセクハラ問題

2005年05月16日 | 細木数子 ズバリの鉄則
「幸せって何だっけ」5.6 (フジテレビ 金曜夜7:57~)細木さんからの学び

<痴漢問題とセクハラ問題>女性専用車両は男女平等の歪みの象徴
[働く女性へのメッセージ]
・勤めに行く時は「7人の敵あり」と心得ること
・女性はもっと防備した服装にするべき
働くんですから 労働意欲の労働着を示さなくてはいけない。
男は視覚からムラムラっとするの。それが男の本能。

[男女平等]男女の質の違いを理解すること
平等ならば、男性と女性が同等に戦える能力がなきゃダメです。
平等にする事によって
女が逆に辛い世の中なんです。
女だからといって やさしくして欲しいもん。

すべて平等ではなく 男女の差はあっていい
ただ、偏見はいけません。

「女性は先にどうぞ」と言ってもらえる社会の環境に戻してもらいたい。

==========================
男性が理性を失って女性化している
男性がモノを言えない時代。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「負のスパイラル」からの脱却 | トップ | 夫の浮気を止める方法 »
最近の画像もっと見る

細木数子 ズバリの鉄則」カテゴリの最新記事