24/7

ひょろ長い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人は騙されるのと、騙すのと、どっちがいいんだろうね?

2005年02月25日 21時29分38秒 | 日記
というわけで、今日は友達に勧められて見た、「マッチスティックメン」という映画の紹介です。主演はニコラス・ケイジ。監督のリドリー・スコットは「エイリアン」「グラディエーター」などを監督したことで知られているそうで。そういえば名前は聞いたことあるなぁ。

ところで、「マッチスティックメン=詐欺師、ペテン師」という意味みたいです。なので詐欺師のお話。

ニコラス・ケイジは潔癖症の詐欺師ロイの役。詐欺師のくせに潔癖症ってなんなんだ?自分の汚い仕事(詐欺)は気にならないのかなぁ?ちょっとズレた設定が面白いです。じゅうたんのシミや、食べこぼし1つまで細かく言ってくる彼は、コミカルで笑えます。で、彼はフランクというニヒルでキザそうな男と組んで詐欺をやってるわけですが、この手口を見てるだけでも面白い。家庭科の時間に習う悪徳商法ってやつです。

ロイは、その潔癖症の治療で医者に通ってるんですが、ひょんなことから別れた妻に、14歳の娘がいると知って、会いに行きます。そこからは温かい人間ドラマが展開されますが、ここからは見てのお楽しみ。一味違う人間ドラマだから。とりあえず、見たあとに嫌な気分になる映画ではないので、おすすめです。

DVDなので、メイキングが入ってたんだけど、それ見てびっくり!ロイ(ニコラス)の娘役が実は22歳でした。22で14歳の役やってんだからすごいよね。べつに顔がロリとかそういうわけではなく、化粧と衣装と演技力のたまものなんだろうね。すばらしい裏方とすばらしい女優のコラボはすごすぎる!完全に子役だと思って見てたのに、オレより年上とかありえない・・・

いろいろ驚きのあるこの映画、いいですよ。騙されたと思って見てみてください
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一年前は自分も・・・ | トップ | 金八先生ハード! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『マッチスティック・メン』 (Kenji\'s cafe)
ニコラス・ケイジ主演『マッチスティック・メン』をDVDで鑑賞しました!あらすじはAmazon等々で観てもらうとして、僕としては掘り出し物的な映画でした!いろいろと最後になって「なるほど~」と思う場面がかなりあるので、感想は書きたくても書けません(^^;ネタバレになって
マッチスティック・メン (1歩ずつ1歩ずつ)
宅配DVDレンタルなるものに初めて登録して、 さっそく送られてきたものをみました