通販でお得

通販で得した~い

ヤマハ サイレントギター slg200sは通販なら安く買えます

2017-06-13 19:32:57 | 日記
ヤマハ サイレントギター SLG200Sのご紹介です。
оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・
細めのネック形状に、弦長634mmスケールを採用。
フォークギターは当然エレキギターからの持ち替えもスムーズ。
静粛性と共に「SRTパワードピックアップシステム」を採用した高音質なアコースティックサウンドを実現。

アコースティックギターらしさと従来のアコースティックギターにはない斬新さを目指したサイレントギター。
開発チームとデザイン研究チームの両者が共同して、モダンなデザインと高い演奏性を兼ね備えた独特なフォームを実現しました。
共鳴胴を持たない独創的なデザインはそのままに、全体の形状を見直した他、ボディにマホガニー、フレームにローズウッド&メイプルを採用。
木の温もりを感じられる魅力的な質感となっています。




☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆
SRTパワードピックアップシステム搭載、クロマティックチューナー内蔵
優れた静粛性(一般的なアコースティックギターの約18%の音量)
本体材質:マホガニー、フレーム:ローズウッド&メイプル、弦:カスタムライトゲージ(FS50BT)
電源:電源アダプター(PA-3C 別売)又はアルカリ単3乾電池・ニッケル水素電池
付属品:専用ソフトケース、ステレオインナーフォン、単3乾電池x2本
☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆

ヤマハ サイレントギター slg200sの愛用者のお声を紹介(v^ー°)
оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・

--お声紹介(抜粋)--
◎持った感触が想像以上に軽い。
音もきれいに出てるし、今までエレキだったけど、アコースティックが好きになりそう。

◎アコギは他にもっていたのですがピックでジャガジャガ弾くと嫁にうるさがれていた(近所迷惑もあり)のでピックは使わず手で細々と練習していたのですが、サイレントギターはピックを使って気持ち良く弾けます(笑
練習のモチベーションもあがり買って良かったです。

◎アパートに住むことになり、急きょ購入しました。
楽器屋さんで下見をしましたが、売る気がないようなのでネットで購入。
予想以上に弾き心地や音に満足しています。
買いです!!

◎これがあれば夜中に、鳴らしても気にならない、練習には最高に良いです。
また、フォークギターしか知らない僕にとってはまたまた最高の代物だ。。いい買物でした。

※個人の感想で、効能効果を保証するものではないのです。
оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・

さて、ヤマハ サイレントギター slg200sはどこで買うのがお得でしょうか?
それでは、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどでヤマハ サイレントギター slg200sのお値段や口コミを調査してみましょう。


◎アマゾンの最安値チェック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヤマハ サイレントギターSLG200S



◎楽天の最安値チェック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヤマハ サイレントギターSLG200S



◎ヤフーショッピング最安値チェック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヤマハ サイレントギターSLG200S


※なお、価格には変動がございますので、必ずリンク先でのご確認をお願い申し上げます。
価格だけでなく、送料込か送料別か、ポイントのサービス期間中などもチェックしてくださいね。


оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・

◎サイトポリシー
このページでは、訪問者の方がヤマハ サイレントギター slg200sを安い価格でお買い得な通販の注文が出来るように、楽天やアマゾンの販売店を調査し、予約最安値・送料無料・価格比較・値段比較で購入出来るかどうか?
予約が可能か、在庫ありで販売しているかなどの情報を紹介する予定です。
ヤマハ サイレントギター slg200sに対しての評価・激安価格・格安価格・評判・効果・感想・レビュー情報・口コミ情報を正確に知る為に、是非、公式ページを一度はご確認する事をお薦めいたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KORG LP-380-WHの価格比較は... | トップ | 黒ずみに美白有効成分「トラ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。