Accumulation journalière

とある社会人の日常と夢への道のり。

邂逅

2017年06月18日 22時55分52秒 | うさぎとの日々
昨日、会社の同僚で、うさぎを飼っている方についてきてもらって、
うさぎショップに行きました。

たくさんのうさぎがいて、見てるだけで癒される魔法のような空間でした。
つい顔がゆるんでしまって笑顔がこぼれまくってました。

最初はどんな子がいるのかなーと思ってちょっと見に来ただけのつもりだったのが、
気がついたら契約書書いていました(笑)


選んでいるとき、気になる2羽を膝の上で抱っこさせてもらいました。

一羽目は、自分と同じ誕生日のホーランドロップイヤー(たれ耳で人懐っこいうさぎ)でした。
すごいモフモフでふわふわしてて、真っ白な子だったんですが、
私が消毒用のアルコールをぶっ掛けすぎたせいか、途中から私の指を噛んでくるようになりました。
甘噛みといえど結構痛いwww
しかし、本噛みは抉れるほど力が強いらしいです。

噛まれまくって、あまり相性が良くないのかな…(´・ω・`)ショボーンと思ったので、
ケージに戻してもらいました。

そして、2羽目は、1羽目と違ってネザーランドドワーフを抱かせてもらいました。
ネザーはピーターラビットのモデルとなったうさぎで、大きくなっても1kgぐらいにしかならない
かなり小さなうさぎです。
見た目は可愛らしいのですが、小さいため、天敵から一番狙われやすいので
警戒心がかなり強いとのこと。
だから、なかなか抱っこはさせてくれないそうです(抱っこできるのは全体の3割なんだとか・・・。
もし飼うなら、その3割に入れるように頑張ってくださいと言われました(笑)

しかし、いざ膝の上に乗せてみると、かなり大人しく、ずーっと撫ででいました。
もちろん顔面はデレデレしっぱなしです。
丸まっている状態であれば、両掌にすっぽり収まるサイズなのですが、
少し体を伸ばすと、「ここまで伸びんの!?」ってくらい伸びます。
ねばーる君ならぬ、のびーる君かw

ずーっと触っていたら、もう我慢できなくなって、
しかも同僚の方も「買っちゃえよ・・・」という悪魔の囁きを
背後から断続的に行ってくれたおかげで、この子を飼うことを決意しました。

祖母にはまだ何も言ってないのですが、父は「好きにしぃ」と
言われたので、早速お金を下ろして契約書を交わしました。

少し体重を増やして健康チェックをしないといけないため、
あと2週間ほどはお店にいるそうです。

そういえば、昨日、お金を下ろすために一旦外に出て、またお店に戻ってきたら、
その子がケージ越しに私の方に寄ってきてくれました。

それを見た店長さんが「そういうことをしてくれるのは(飼い主だと)分かってくれているから」で、
「うさぎは、家に帰ってきたらちゃんとこうやって出迎えてくれる」と言われました。
かっ、かわいすぎか!!!!(^q^)ブハァァッ!!






いや~、親バカは皆同じことを言いますが、私にも言わせてください。
「ウチの子が一番かわいいっす!!」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前向きに、夢はでっかく | トップ | 名前で悩んで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うさぎとの日々」カテゴリの最新記事