YNWC的な日常

移りゆく季節の中、横浜で発見した小さな自然と、うにまるのゆるい日常を綴っています。ときどきお出かけします。

戸隠でバードウォッチング!

2017-05-06 10:00:09 | お出かけ情報


戸隠へ行ってきました!
目的はお参りでもお蕎麦でもなく、いつもの通り自然散策!!

今年は例年よりもやや雪多め。雪解けが遅かったためか、植物の成長もやや遅い感じで、咲いていた植物はわずか。

ミズバショウ


まだ咲き始めが多く小ぶり。



リュウキンカなんて芽が出てきたところ



カタクリとキクザキイチゲ




キクザキイチゲは、戸隠に春を告げる花のようでいちばんたくさん咲いていました。



それでもまだ数は少なめ。

森林植物園の中は、木の周りから雪が溶け始め、小さな小川は水量多め。



「根開き」とか「根周り穴」って呼ばれるそうです。一面の雪は太陽の光を跳ね返してしまうのに対して、木の幹は熱を吸収し表面温度が周りよりも高くなるのが原因の一つと考えられているそうです。



ぽこぽこと開いていて面白いです。

その木の幹にちょこちょこと走り回る影!



小さな上に素早いのでスマホでの写真撮影は無理ですね(^^;;

でも、これくらい近い距離に現れたのはキバシリ!!

こんなに近くで見られたのは初めて!
しかも自力で発見♪

翌日は宿のご主人に野鳥ガイドを頼んだので、とてもたくさんの鳥を観察できました。

クロツグミとか、自力では絶対探せなかったと思います!!

【観察した野鳥】
シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、エナガ、ゴジュウカラ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、アオジ、ノジコ、サンショウクイ、キセキレイ、カワラヒワ、アカハラ、コサメビタキ、ウグイス、キバシリ、ミソサザイ、クロツグミ、ニュウナイスズメ、カケス、キジバト、ハシブトガラス、トビ、ヒヨドリ、ツツドリ、カイツブリ、カルガモ、コルリ(s)、モズ(s)

(s)は声のみ。コルリはガイドさんがいない時に出会って、かなり間近だったのですが、とうとう見つけられず(^^;;

写真も紹介したいのですが、なんせ動き回るし、遠いし…

ヒガラ(真ん中あたり)

スマホにて

ノジコ

スマホ+手持ちの双眼鏡

キビタキ

スマホ+フィールドスコープ

双眼鏡やフィールドスコープの接眼レンズにスマホのレンズを密着させて撮影するには、ちょっとしたコツがいるのですが、これがなかなか難しく、うまく成功しても取りが後ろ向いちゃうっていう…。

まあ、時間をかければ時にはそれなりに撮れたりするので、お試しください。

戸隠はこれからが春本番。
未だ未だ楽しめそうですので、興味のある方はぜひ。

宿情報などはこちらでチェックできます。
unimaru diary



よかったらポチッとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
適当でのん気な管理人がお届けしている
ブログです。→初めましての方はこちら
たまに内容に誤りがあったり、頻繁に誤
字脱字があったりします。そのようなこ
とがないよう努力はしてますが、どうぞ
ご容赦ください。ご意見、ご感想、お気軽にコメントください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立夏の頃のガーデニング事情 | トップ | 目指せ!花のある暮らし »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戸隠パワー (チョビテレ)
2017-05-08 20:35:23
スマホで野鳥写真があれだけ撮れるということは、かなり近いっ!びっくりです。キバシリなんて珍しいのも見られて最高のゴールデンウイークになりましたね。
キセキレイはキビタキです。夏鳥らしい色合いですね。
チョビテレ様 (うにまる)
2017-05-09 08:55:22
キビタキ(予測変換で間違って選択したらしいです)とノジコの写真はプロミナや双眼鏡とスマホを合わせて撮影し、そのあとトリミングしてます。だから、そこそこ遠かったです。レンズonレンズは初任研で覚えた技。ついに手持ちの双眼鏡で撮影できるまでに上達しました。一瞬しかフレームインしないので、使い道のない技です(笑)

コメントを投稿

お出かけ情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。