YNWC的な日常

移りゆく季節の中、横浜で発見した小さな自然と、うにまるのゆるい日常を綴っています。ときどきお出かけします。

秋の尾瀬に行ってきました!

2016-10-20 06:37:53 | お出かけ


先週末、尾瀬に行ってきました。
今年は1年を通して例年とは違う季節感。雪解けが異常に早かったり、ミズバショウから始まって、夏の花々が2週間ほども早く咲いたり…
それなのに秋が来るのは遅くって、残念ながら紅葉はパッとしないまま、もう少しするとバタバタと冬へ突入しそうです。

シーズンも終了間近。山小屋も冬支度を始め、多くが先週末で営業終了。

先週末で終了した東武鉄道とバスがセットになった「尾瀬夜行23:55」に乗り込んで、夜行日帰りの弾丸尾瀬ツアー。

早朝の沼山峠は吐く息が真っ白で、峠を越えると一面に霜が降りていました。



凍てついた世界に華を添える氷の結晶たち。









色彩を失った世界の中で、レンゲツツジの冬芽が、ひっそりと朱を灯していました。



登ってきた朝陽にキラキラと輝く様子は、なかなか写真には収まりきりません。

空は真っ青。うっすら色づいたまま葉を落とし始めたダケカンバ



草紅葉の先に尾瀬沼の青が広がってきました。



湿原に比べると林内は様々な色で溢れていました。

ゴゼンタチバナ


ツルリンドウ




ハウチワカエデ


ミネカエデ


木々の紅葉を愛でながら尾瀬沼を一周。







針葉樹林には松かさもたくさん。

オオシラビソ


トウヒ


コメツガ


そして、可愛いきのこたち。







大清水へ下る途中のブナ林。期待していたほどではなかったのですが、やはりブナの黄葉は美しい!!!







途中の岩清水で、水を汲むのは忘れずに!



お土産は「尾瀬の水」と「焼きまんじゅう」に「りんご」。尾瀬の玄関口、群馬県沼田市はりんごの栽培が盛んで、帰りの道すがら、枝もたわわに実ってました。



「尾瀬の水」で淹れたコーヒーは格別なんですよ。そんなわけで最強のお土産セットは幸せな朝ごはんになりました↓






にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
適当でのん気な管理人がお届けしている
ブログです。→初めましての方はこちら
たまに内容に誤りがあったり、頻繁に誤
字脱字があったりします。そのようなこ
とがないよう努力はしてますが、どうぞ
ご容赦ください。ご意見、ご感想、お気軽にコメントください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も「秋の木の実展」 | トップ | カンテンコケムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。