YNWC的な日常

移りゆく季節の中、横浜で発見した小さな自然と、うにまるのゆるい日常を綴っています。ときどきお出かけします。

味噌を仕込みました!!

2017-03-20 06:19:23 | できごと


人生初の味噌作り。
友人がオーナーを務めるご飯カフェ「くるまる」で、体験してきちゃいました。



「くるまる」は京王井の頭線の永福町から徒歩4分ほどマクロビオティックな定食が楽しめる自然派レストランです。
[過去記事]土の力*おいしいご飯



本日の参加者は9名。
わたしはほぼほぼ初対面の方々でしたが、おしゃべりしながら楽しく味噌作り。くるまるに集まる人は皆良い人だぁ~。

材料はこちら。



自然栽培の大豆と米麹。
それにモンゴルの塩。

とにかく材料が良いので美味しくできるはず…なのです(笑)

まずは米麹に塩を混ぜていきます。この時満遍なく混ぜることで、麹菌がカビることなく発酵してくれるとのこと。塩の殺菌作用、大したもんだ!!

逆から言うと、適当に混ぜると、カビちゃうってこと。大変です!!



そんなわけで一生懸命かき混ぜます。
何度も何度もかき混ぜます。
これでもかというくらいかき混ぜます。



おおー。
混ざってる!!!

次に大豆を潰します。



フードプロセッサーやすりこぎなどを使って潰しても良いのですが、自分の手で混ぜることで、自分がもつ常在菌が大豆に移ります。



ここがポイント。

自分の常在菌が混入された味噌を食べると、自分の胃袋が「この味噌は自分と同じ匂いがするぞ」と認識するそうです。なので、体にいいんだって。



それなので、ベタベタと触りながら、グニグニと潰していきます。気分は粘土細工。

けれど、2.2kg(茹でる前の状態で1kg)の豆を潰すのは、なかなか果てしない作業です。4回に分けて挑みました。

でも、疲れ果てたので最後は機械のお世話になりましたよ(^^;;



これ、ソーセージも作れる機械らしいです。もちろん手だけでもOKだし、フードプロセッサーでも大丈夫。意外と簡単。

豆が全部潰れたら、最初に混ぜておいた米麹(1kg)と塩(0.5kg)に、豆を入れて、これまたよく混ぜます。



そうそう、容器はバケツでした。アルコール消毒してから使います。



キッチンペーパーに焼酎をつけて拭き取ればOK



よーく、よーく、よーく混ぜたら、次は丸めて空気をしっかり抜いていきます。ペチャペチャと手に叩きつけながら丸めたら容器の中へ。



ちなみに容器やビニル袋もアルコール消毒。

ぎゅうぎゅうと押し込んでいきます。



そして、最後はビニル袋をねじり上げながら、完全に中の空気を押し出します。味噌が山型になるように詰めておくのがコツなんだとか。



これで仕込みは完成!!
カビ除けのお守り代わりにカラシを置きました(写真上部)。ワサビや唐辛子でもいいそうです。

あとは半年以上寝かせれば出来上がり。風通しの良い冷暗所に置いておきます。

このとき、白いカビはOKなのでそのまま。黒いカビを発見したら除去するそうです。

どうなっていくのか楽しみだなぁ…。

味噌との格闘の後に待っていたのは、「くるまる」のマクロビ弁当。



シンプルだけど、玄米を始め、どれも美味しい野菜たちが詰まっていました。拍子木切りにされた新鮮な大根には、半年前に作ったという自家製味噌が♪

こんな風に出来る日が楽しみです。

共に闘った仲間たちと楽しいひと時。



…というか、ずーっとおしゃべりしてましたけどね。初対面なのに仲良くしていただきありがとうございました(*^_^*)

ちなみに「くるまる」の通常営業ではこんなご飯が食べられます。近くに行かれることがあったら、ぜひお試しください!!
美味しいですよ(≧∇≦)


くるまるHP





よかったらポチッとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
適当でのん気な管理人がお届けしている
ブログです。→初めましての方はこちら
たまに内容に誤りがあったり、頻繁に誤
字脱字があったりします。そのようなこ
とがないよう努力はしてますが、どうぞ
ご容赦ください。ご意見、ご感想、お気軽にコメントください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の空に虹色を探そう | トップ | 春分の頃のガーデニング事情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。