YNWC的な日常

移りゆく季節の中、横浜で発見した小さな自然と、うにまるのゆるい日常を綴っています。ときどきお出かけします。

絶景!ワタスゲ揺れる尾瀬!!

2017-07-12 08:18:09 | お出かけ


♪ 夏が来れば思い出す〜

私にとっては、1年中思い出してしまうくらい大好きな尾瀬!!
友人のFacebookの投稿に触発され、急遽夜行バスに乗り込みました。



パスタ新宿から夜10時に出発する「尾瀬号」。3900円で夢の入り口まで運んでくれます。ただし、このバスは昔ながらの夜行バスなので、椅子の座り心地もイマイチなら、電源もアメニティ的なものも一切付いてません。安さだけが取り柄(笑)

そして朝5時。入山口の一つ鳩待峠に到着です。



寝心地が悪かろうとも、目が覚めたら尾瀬っていうのは超魅力的です!「尾瀬号」には今後も現役で頑張り続けて欲しいです。

そして、尾瀬ヶ原へと下ること1時間と少し。







今まさに初夏の入り口といった尾瀬。豪雪地帯である尾瀬の夏は駆け足です。コメツガなんてまだ新緑の季節。

緑が勢いを増すブナ林の美しさ♪





この森を歩いているだけで、どんどん元気が湧いてくる気がします。

そして尾瀬ヶ原に到着。



緑の海に浮かぶ雄壮な燧ケ岳。

そしてお目当のワタスゲは、今まさにその穂を真綿のように広げて風に揺れていました。

その群落の大きさ!
見事な当たり年です!!!!!









早朝のため表面には朝露がびっしり。それが風に揺れるたびに虹色に光を放っていました。





こちらはサギスゲ↓



風が止むと池塘(ちとう)と呼ばれる水たまりは鏡となって風景を映し出します。







池塘が作る風景も尾瀬らしさのひとつ。







カキツバタはそろそろ終わり、ニッコウキスゲが咲き始めていました。





帰りはバスを乗り継いでJR沼田駅へ。
新幹線を利用するなら上毛高原に出る方が早いのですが、沼田に行かなければならない理由があるのです。

それがこちら↓↓↓



沼田駅前にある「山彦」さんのトンカツ定食。この厚み!!30年前に来た時から変わらない、1枚1枚丁寧にあげたトンカツがどうしても食べたくて…。

こちらのルートはバスに比べて倍近くお値段がかかりますが、それでも食べたいと思える一品。それに沼田駅前のお土産物屋さんでは「焼きまんじゅう」も手に入りますし…



これもね、大好物なんです(*^_^*)

本当はバスの乗り換え地点である「戸倉「とくら)」で乗り換え時間を利用して、日帰り温泉も楽しみたかったのですが、なんと定休日でした(T_T)

とはいえ、夜8時半に家を出て、帰宅したのが翌日17時半。トータル21時間の弾丸尾瀬ツアーでしたが、十分満喫でした!!

尾瀬って思っていたより近いなと…

いつもは欲張ってたくさん歩いてしまって疲れるのですが、今回は尾瀬ヶ原の途中で引き返してきたのが、自分の体力にちょうどよかったみたいです。

これならいつでも気軽に行けそうな…

でも、がっつり楽しむならやはりお泊まりしないとだめですね。何と言っても尾瀬は早朝が一番美しいのです。

そんなわけで来週末には1泊で再訪予定だったりします(笑)

自然好きの皆さん、今シーズンは尾瀬に足を運んでみてはいかがですか?10月初旬まではいろんな顔の美しさが楽しめますよぉ。日程が合えばお伴しま〜す。簡単なガイドならおまかせあれ
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ







よかったらポチッとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
適当でのん気な管理人がお届けしている
ブログです。→初めましての方はこちら
たまに内容に誤りがあったり、頻繁に誤
字脱字があったりします。そのようなこ
とがないよう努力はしてますが、どうぞ
ご容赦ください。ご意見、ご感想、お気軽にコメントください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマユリシーズン | トップ | 盆提灯からのお買い物と「最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。