寄って見ん祭 来て見ん祭

2016年秋、広島市に誕生した「ケアハウス」の居候(居住者)と、世話役たちが織りなす人生劇場を勝手気ままに・・・。

平成の”オペ”たった4針で夜も寝られず

2017年06月20日 09時20分47秒 | 日記

◆ドケルバン病(通称:狭窄性腱鞘炎)の切開手術を受け、
 昨日、抜糸し通常の生活に戻って良いと許可が出た。

◆若干痛みは残るものの、炎症を起こしていた時のあの痛み
 に比べれば、まさに雲泥の差。
 半月も経てば痛みは殆んど消えるとはドクターの弁。
 気をよくし、持参のカメラで抜糸前の記念撮影を試みたが、
 重いデジイチで四苦八苦。
 見かねたドクターが撮りましょうとカシャリ!
 ごらんの通り、名医=名カメラマン!!
 
 *画像クリックで拡大しますが、垢もぶれでグロテスク
  悪しからず。 
◆ありがたや、今日からパソコン苦楽部を復活させる
 ことになった。
 
  影の声:執刀医にシャッターを押させた患者は
        そうおるまいの!  
        これからは右手を大切にな。
 居 候:了解 々 々 (''◇'')ゞ  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷惑メールと根くらべの末 ... | トップ | われら“窓際族”にガールフレ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
切開手術 (谷口文子)
2017-06-23 08:07:14
高齢で手術大変でしたね、私も2015年左手首橈骨骨折しました。3ヵ月かかりました。今は完全に完治しました。お互いに気を付けましょう。コメント遅くなり申し訳ございません。奥様に宜しくお伝えください。
大先輩でしたか (忠太)
2017-06-23 14:01:47
橈骨(とうこつ)遠位端骨折、早速調べてみました。
https://www.jsfr.jp/ippan/condition/ip23.html
小生の腱鞘炎など、まるでガキの擦り傷のようなもの。
谷口先輩の足元にも及びません。 /wakaba/}
これから、いろいろご教示ください。
“忠太”とその“尻叩き”より 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事