寄って見ん祭 来て見ん祭

2016年秋、広島市に誕生した「ケアハウス」の居候(居住者)と、世話役たちが織りなす人生劇場を勝手気ままに・・・。

裕次郎没後30年 映画上映

2017年07月15日 13時51分42秒 | 日記

◆戦後を代表する男と言えば、この人「石原裕次郎」を置いて
 異論はあるまい。
 1987(昭和62)年7月17日、惜しまれつつ波乱の人生
 52年の幕をあっけなく閉じた。
◆いまなお褪せることなく輝き続けている。
 引きぎわも分からぬ輩の多い昨今、爪の垢でも煎じて飲ませたい。
 と言う訳で、没後30年を記念し出演作品をいくつか上映する
 ことになった。
◆第1回は“銀座の恋の物語”
 映画を知らない人でも、カラオケファンなら「ギンコイ」で
 歌い継がれる主題歌を知らぬ人はあるまい。
 カープファンも、こっちの「こい」もファンになってね。(^_-)-☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霞が関に 新感染症 “忖度性... | トップ | (広島)みなと夢花火大会 迫る! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事