yes!

久しぶりに再開してみました。前よりもスローペースになりますがよろしくです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

差し替えなんて~!!!

2006年02月19日 | ☆LoveCp.
イニDのDVDもちょっと試しに日本語音声にしてみたら、やっぱり主題歌挿入歌等がAAAに差し換わってることが判明。
全然イメージにあってないよ・・・_| ̄|○ |||
私は広東語音声が好きだから、どうせ日本語でみないけどさ。


なんて差し替えのカッコワルサにしょぼーんとしていたら、
李連杰の「SPIRIT」も日本人の曲(また某グループとかじゃないでしょうね・・・?)に差し替えですって!!!(怒)
「無極」で見てきたあの予告では杰倫の曲使ってたのに、なんで差し替えになるんだ~~~~!!!


元々「霍元甲」というのは実在の人物の名前な訳で、別にそのままタイトルにしてもよかったんじゃないかと思ってるんですが。
読めないとすれば英語タイトルの「FEARLESS」を使えばいいのに、なんで「SPIRIT」にしてしまうのかも謎だったけど。
タイトルはさ、100歩譲っても、だよ?
中で使っている曲を変えるってどういうことなんだろうか???


映画とかって元々の曲や雰囲気があっての世界だと思うんですが。
子供が中心の映画であれば、字幕は厳しいので吹き替えはアリと思うけど。
英語圏の映画はそのままなのに何故中国モノだけ・・・
いつもこうなるんでしょうか?(怒)


あの@いかにも中国~@ってストーリーに日本の曲(しかも多分日本調でも中国調でも何でも無い曲)は絶対合わないし、配給会社自ら興業成績を落としているようなもん。。

あの映画と杰倫の主題歌がとっても合っていて、中国では「ジェット・リーの映画にジェイの主題歌が加わる」ということが更に呼び水となって、かなりの成績をたたき出しているというのに・・・。

ジェイの作った主題歌はコレ

ちょっと聴くだけでも全然日本人の曲より合っていると思うはず。

あ~~~!!!!
もう絶対映画館になんて見に行かない!!!!(激怒)
とってもがっかりしてます。。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長い・・・ | トップ | テイスティング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
たかが主題歌、されど主題歌。 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
映画SPIRIT主題歌ジェイ・チョウ霍元甲差し替えへのあなたのコメントを残してください。諦めるのはまだ早いです。公開まで、公開されてもオリジナル版の上映を訴え続けます。
映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
「もうすぐ日本でも上映されるから、その時に聞けるよ」とうれしそうに話してたジェイの顔を思い出すと申し訳なくてならないのです。(抜粋) 1館でも、1日でもいい。オリジナル版の霍元甲を日本で見たいという気持ちに賛同いただける方はコメントをお願いします。