happy kitchen

キッチンからのいいにおい、一番の幸せ♪

鬼まん

2005年09月25日 | レシピ(お菓子)


ねっとりしたタイプの鬼まんです。甘納豆も入れて。

■材料 (6~8個分)
さつまいも ・・・ 小1本
小麦粉 ・・・ 100g
甘納豆 ・・・ 70g
水 ・・・ 80~90ml
塩 ・・・ 少々

1 1cm角に切り、塩水にさらす。

2 ボウルに粉と甘納豆を入れ、水を切ったサツマイモを入れる。水を加え、スプーンで粉気がなくなるまで、まぜる。生地は、サツマイモをつなぐ程度。

3 蒸し器にクッキングペーパーなどをひき、スプーンで生地をこんもりとなるようにおく。

4 中火~強火で、15分~20分ほど蒸す。サツマイモに竹串がすっと通ったらOK。

一言メモ
小麦粉は、強力粉でも薄力粉でも。小麦粉の3割ほどを白玉粉や上新粉餅粉などの粉に変えると、ムッチリした感じになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カントリークッキー

2005年09月25日 | レシピ(お菓子)


我が家の一番人気♪

■材料 (約25個分)

薄力粉 ・・・ 100g
オートミール ・・・ 100g
ベーキングパウダー ・・・ 小さじ1/2
砂糖 ・・・ 50g
バター ・・・ 100g
卵 ・・・ 1個
チョコチップ ・・・ 100g


1.卵は常温に戻しておく。バターはボウルに入れ、常温にし、柔らかくする。泡だて器がすっと入るぐらい。薄力粉、オートミール、ベーキングパウダーを合わせてよく混ぜておく(ふるわなくてよい)

2.バターを泡立てる。ハンドミキサーの高速で。白っぽくなってふわっとするまで。砂糖を加え、泡立てる。卵を入れて、更に泡立てる。ふわふわとするまで。(2分ぐらい)ここでよく泡立てておくのが、さくさくのコツ。

3.ゴムベラに持ち替えて、混ぜておいた粉類をいれ、さっくりさっくりと混ぜる。途中でチョコチップも加える。

4.直径4cm厚さ1cmほどに手で形作る。クッキーディッシャーを使ってもよい。ただ、あまり広がらない生地なので、ポコンと丸い形になります。それもかわいい。

5.180℃に予熱したオーブンで13~15分ほど焼く。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

肉まん(餡)

2005年09月25日 | レシピ(パン)


ほかほかの肉まんは、冬の最高のご馳走。

■材料 (約16個分)

豚挽き肉 ・・・ 250g
レンコン ・・・ 60g
長ねぎ ・・・ 1本
にら ・・・ 1/2束
しょうが ・・・ ひとかけ
干ししいたけ ・・・ 小6個
酒 ・・・ 大さじ2
ごま油 ・・・ 大さじ2
しょう油 ・・・ 大さじ1
オイスターソース ・・・ 小さじ2
干ししいたけの戻し汁 ・・・ 大さじ2

1.干ししいたけは、ぬるま湯で戻し、れんこん、にら、長ねぎはすべてみじん切りにする。

2.豚挽き肉に、調味料類、すりおろしたしょうが、、干ししいたけの戻し汁を加えて、粘りが出るまで良く混ぜる。1の野菜も加えて、よく混ぜる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉まん(電子レンジ発酵生地)

2005年09月25日 | レシピ(パン)


村上祥子さんの電子レンジで作るパン生地で作ると、
あっという間においしい肉まんができます。

■材料 (粉100gで約4個分)
強力粉 ・・・ 100g(×4)
ぬるま湯 ・・・ 70ml(×4)
ごま油 ・・・ 小さじ2(×4)
インスタントドライイースト ・・・ 小さじ1(×4)
砂糖 ・・・ 大さじ1(×4)
塩 ・・・ 少々(×4)


1.ぬるま湯をボウルに入れ、ごま油、塩、砂糖、インスタントドライイースト、強力粉の半分を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる。残りの強力粉を加えたら、箸に持ち替えて、粉っぽいところがなくなるまで混ぜる。ひとかたまりになって、箸で持ち上げられるようになったら、OK。

2.クッキングシートを二つ折りにし、その間に生地を入れ、ぴったりとくっつける。レンジを弱キーにし、30秒加熱する。

3.粉をふったまな板に生地を取り出し、包丁で4等分する。切り口を中に入れるようにして丸め、クッキングシートをかぶせる。その上に、ぬれたふきんをかけて、10~15分休ませる。

4.手のひらで、少し生地を押さえ、10cmほどの大きさに伸ばす。16等分した餡を包み、綴じ目をしっかりとくっつける。肉まんよりも一回り大きく切った苦キングシートを用意し、その上におく。クッキングシートをかけ、その上にぬれふきんをかけて、10~15分休ませる。

5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、15分蒸す。蒸しあがっても、すぐには蓋を開けずに、10分ほど待ってから蓋を開ける。

一言メモ
これは、4人で100gづつ作るように作っていますが、一人で作るときは、200gづつに分けて、2回に。電子レンジをかける時間の長さは変わりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちのシュウマイ

2005年09月25日 | レシピ(料理)

母が作っていた、シンプルなシュウマイです。たまねぎがたっぷりで、おいしいですよ!

■材料 (4人分)
豚挽き肉 ・・・ 350g
玉ねぎ ・・・ 大2個(480g)
片栗粉 ・・・ 大さじ4~5
卵 ・・・ 1個
しょうゆ ・・・ 小さじ1
酒 ・・・ 小さじ1
しょうが ・・・ すりおろして小さじ2
塩 ・・・ 少々
こしょう ・・・ 少々
市販のシュウマイの皮 ・・・ 1袋(34枚入り)
白菜またはキャベツ ・・・ あれば


1.ねぎをみじん切りにする。少し水気を絞る。片栗粉を入れ、玉ねぎのみじん切り全体にまぶす様にする。みじん切りがパラパラっとするようにする。

2.豚挽き肉、しょうがのすりおろし、しょう油、酒、塩、コショウ、卵を入れ、粘りが出るまで、よく混ぜる。

3.シュウマイの皮に具を詰める。手で輪を作り、その上に皮をのせる。指の輪の中に具がきゅっと入るように、スプーンなどで、具をつめる。

4.蒸し器にクッキングペーパーまたは白菜やキャベツを敷いて、シュウマイを置き、蒸気のあがっている蒸し器にいれる。強火で15分~20分蒸す。

一言メモ
包み方は、餃子よりも簡単ですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本のパイ生地

2005年09月25日 | レシピ(お菓子)
フードプロセッサーで作ると、簡単でサクサクのパイ生地ができます。

■材料 (作りやすい分量)
バター(有塩) ・・・ 100g
薄力粉 ・・・ 125g
水 ・・・ 大さじ3と1/2

1.バターを1センチ角に切って、冷蔵庫でよく冷やしておく。

2.フードプロセッサーに粉を入れ、ざっと回したら、バターを入れ、フードプロセッサーを回す。バターが小豆よりも小さくならないように、注意する。

3.水をふり入れ、フードプロセッサーのON,OFFを繰り返して、ガッガッガッと回す。生地がだんだん粒状になり、ひとかたまりになるまで。

4.打ち粉をした台に出し、形を整えて、ラップに包み、冷蔵庫で1時間~一晩休ませる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きのこと玄米のパイ

2005年09月25日 | レシピ(料理)


和風味のパイ。ランチにもなります。

■材料 (10×24.5センチの角型、または17センチのタルト型1台分)
まいたけ ・・・ 1パック
玉ねぎ ・・・ 1/2個
ベーコン ・・・ 2枚
にんにく ・・・ 1/2かけ
しょうゆ ・・・ 大さじ1と1/2
砂糖 ・・・ 大さじ1/2
酒 ・・・ 大さじ2
玄米ご飯 ・・・ 軽く1膳
パイ生地 ・・・ 基本量の1/2


1.パイ生地を型に敷きこむ。生地を型より一回り大きくのばし、たるませて型の底にしっかりと敷き、側面と底の角をしっかりと押さえる。余分な生地は面貌を転がして切り取り、型の高さよりも少し高く整える。冷蔵庫で休ませる。

2.玉ねぎは薄切り、にんにくはみじんぎる。まいたけは石づきを取り、一口の大きさにちぎる。

3.ベーコンを弱火でいため、油が出てきたら、にんにく、玉ねぎを入れ、しんなりするまでいためる。さらにまいたけを加え、よくいためる。酒、しょうゆ、砂糖を加え、しっかりとした濃い目の味付けをする。

4.パイ生地の上に玄米ご飯(冷ましたもの)を広げ、きのこをいためたフィリングをのせる。煮汁を全体に回しかける。残った生地を細く切って、その上にのせる。

5.180℃に予熱したオーブンで35~40分焼く。

一言メモ

好みで、とろけるチーズをかけてもよい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然酵母のバナナブレット

2005年09月25日 | レシピ(パン)


こねなくていいです。混ぜるだけの簡単ブレッド。

■材料 (21cmのリング型1台分)

強力粉 ・・・ 250g
バター ・・・ 40g
砂糖 ・・・ 50g
卵 ・・・ 1個
バナナ ・・・ 3本
塩 ・・・ ふたつまみ
ホシノ天然酵母の生種 ・・・ 大さじ1

1.バターはとかす。ボウルにバナナを入れ、ポテトマッシャーやフォークを使って、細かくつぶす。

2.バナナのボウルに、卵を割りいれよく混ぜる。砂糖、塩も加えて、さらに混ぜる。生種を加えてよく混ぜ、溶かしバターも加えてよく混ぜる。

3.ボウルで2~3倍になるまで発酵させる。2~3倍になったら、木べらなどで、軽く混ぜてガスを抜き、油脂を塗った型に入れ、倍ぐらいの大きさになるまで、2次発酵させる。

4.180℃に予熱したオーブンで25~30分焼く。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天然酵母ワッフル

2005年09月25日 | レシピ(パン)


パンを焼くには少し弱くなってしまった酵母でも、十分に作れます。

材料(12個分)

強力粉    400g
砂糖     40g
塩      6g
卵      1個
ぬるま湯   250~260ml(ゆるい生地になるように調整)
ホシノの生種 大さじ1~2
サラダ油   大さじ2

1.これを全部ボウルに入れ、木べらで混ぜて、ゆるく、粘りのある生地にし、
ラップなどをボウルにかけ、一晩かけて発酵(冬場は室温、夏場は寝る前に冷蔵庫に入れてください)

2.ワッフルメーカーに油を敷き、しっかり予熱をしたら、スプーンなどで生地を落とし、こんがり焼く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

happy風シュトーレン

2005年09月25日 | レシピ(パン)


クリスマスに作る、ドライフルーツとナッツがたっぷり入ったパンです。

■材料 (2個分)
強力粉 ・・・ 300g
砂糖 ・・・ 60g
卵 ・・・ 1個
牛乳 ・・・ 120ml(卵と合わせて180ml)
塩 ・・・ 5g
パネトーネマザー ・・・ 12g
(ドライイーストの場合) ・・・ 5g
バター ・・・ 50g
フルーツの砂糖漬け ・・・ 100g
レーズン ・・・ 100g
くるみ ・・・ 30g
スライスアーモンド ・・・ 20g
ココナッツロング ・・・ 30g
洋酒 ・・・ 大さじ1

1.ナッツ類は、150℃のオーブンで、15分から焼きし、冷ます。ナッツは湯通しし、フルーツの砂糖漬けとあわせ、洋酒を加え、しばらく置く。牛乳は人肌に温め、卵と合わせておく。

2.ボウルに強力粉、砂糖、塩、パネトーネマザー(またはドライイースト)を入れ、牛乳+卵を加え、捏ねる。しっかりとこね、まとまったら、バターを加える。バターが固い場合は、レンジなどで、加熱し、柔らかくしてから。

3.大体捏ねあがったら、ナッツ、フルーツを加え、混ぜ込む。きれいに丸めて、ボウルに入れ、乾燥しないようにカバーをして1次発酵。約3倍の大きさになるまで、室温(部屋の暖かいところに置く。(ドライイーストの場合2倍になるまで)フィンガーチェックをして、穴が戻らなくなれば、1次発酵終了。

4.2個に分割し、ベンチあくタイムを10分ほどとる。生地を楕円の形に伸ばし、下が長く、上が短いように折る。100℃で1分したオーブンに入れ、2次発酵。乾燥しないように、ヌレ布巾をかけておく。約2倍にふくらんだら、発酵終了。

5.生地を一度出し、オーブンを180℃に予熱する。予熱が完了したら、25~30分、焼く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加