ささやかな幸せ

関ジャニ∞、本、茶道、歌舞伎や文楽、美術鑑賞が好き!
好きなものに囲まれて毎日をごきげんに


『奥様はクレイジーフルーツ』『だから荒野』

2017-08-10 22:30:19 | 
『奥様はクレイジーフルーツ』 柚木麻子 文藝春秋
 夫と安寧な結婚生活を送りながらも、セックスレスに悩む初美。同級生と浮気未満のキスをして、義弟に良からぬ妄想をし、果ては乳房を触診する女医にまでムラムラする始末。この幸せを守るためには、性欲のはけ口が別に必要…なのか!? 
 いやあ、あけすけ。暇つぶしにも読む必要のない本だと思う。

『だから荒野』 桐野夏生 文春文庫
 46歳の誕生日、夫と2人の息子と暮らす主婦・朋美は、自分を軽んじる、身勝手な家族と決別。夫の愛車で高速道路をひた走る。家出した妻より、車とゴルフバッグが気になる夫をよそに、朋美はかつてない解放感を味わうが…。家族という荒野を生きる孤独と希望を描く。
 リアル。朋美の心情がすごくわかる。逃避行の間にもいろいろとトラブルが発生し、どうなることやらとハラハラしながら読んだ。
 「逃げ回ればどこまでも荒野が続く。荒野を沃野に帰る努力をしなければならない」の言葉が重い。友達が「夫婦はお互い様」と言っていたが、私は「愚痴ばかり聞かされる」「酔って眠って電車を乗り過ごさないように、寝ないように電話をかけないといけないなんて」とばかり思って、夫への感謝が少ないのかもしれない。浮気はしないし、関ジャニ∞のライブに行くことに文句は言わないし、家計は私が管理しているし。必要最小限の会話のみで、私は歩みよる努力をしているのだろうか。夫婦関係について考えさせられた。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルマーニを着た安くんが好き | トップ | 食パンがおいしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。