ささやかな幸せ

関ジャニ∞、本、茶道、歌舞伎や文楽、美術鑑賞が好き!
好きなものに囲まれて毎日をごきげんに


『ラモーナとおかあさん』

2017-05-19 17:52:31 | 
『ラモーナとおかあさん』 ベバリィ・クリアリー作 松岡享子訳 学習研究社
 ラモーナは、7歳半。お父さんは、何か月か失業した後、スーパーに就職し、慣れない仕事に四苦八苦。お母さんも、働いて、お姉さんは思春期の真っ最中。ラモーナは、いろいろ家族を気遣っているのに、みんなはラモーナを大切に思ってくれない・・・。
 こういう本を読むと、主人公と同じ年齢でこの本を読んでいたら、どんな気持ちがしただろうと思う。子どもの時に感じていたことが、ここに書いてある。そうそうと思う。子どもの気持ちがこんなにも的確に書いてあるなんて!実年齢でこの本と出合えなかったのが、とても残念。しかし、今読んでも、もちろん素晴らしい。
 家族のケンカの場面など、我が家の場合を考えて、身につまされる。売り言葉に買い言葉で険悪になっていいく感じ、あるあるだ。両親のケンカで寝付けない夜を過ごしたラモーナが、次の朝に「大人はケンカをしてはいけない」と言い、「完全な大人はいない」という両親に対して、両親には「明るく、忍耐強く、子どものことを心からかわいがり・・・」と思うところ。小さい時は、そう思うよなあ。大人は、小さいからわからないと思うけれども、子どもは、いろいろと感じて考えているのだ。
 この本は、「ヘンリーくんシリーズ」の十一作目。「ヘンリーくんシリーズ」を読み直してみたくなった。

 今日は、関ジャニ∞の夏のツアーの抽選結果の発表日。ありがとう!! 子どもは、大阪二日目当選。私は、第二希望の当選で名古屋。なかなか当たらないので、大阪以外にどんどん遠征するようになっている。最近、足を痛めたリ、背中が痛かったりと体調がよくなくて少々凹んでいたが、夏を楽しみにがんばろうと思ってきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日新聞に「上を下へのジレ... | トップ | 子どもがご飯を作ってくれる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。