ささやかな幸せ

関ジャニ∞、本、茶道、歌舞伎や文楽、美術鑑賞が好き!
好きなものに囲まれて毎日をごきげんに


『ベスト100 池田澄子』 ピーマンを切って中を明るくしてあげた

2016-10-14 14:45:46 | 
『ベスト100 池田澄子』 池田澄子 ふらんす堂
 池田澄子の100句に自分で解説をしている。

 私が好きな句
・恋文の起承転転さくらんぼ
・ピーマンを切って中を明るくしてあげた
・あめつちや春をもやもや掻き玉子
・相談の結果今日から夏布団
・TV画面のバンザイ岬いつも夏
・カメラ構えて彼は菫を踏んでいる
・八月六日のテレビのリモコン送信機

 もちろん、100句の中には次にある、私の好きな句も入っていた。
・じゃんけんで負けて螢に生まれたの
・蓋をして浅蜊をあやめているところ
・よし分った君はつくつく法師である

 「ピーマンを切って中を明るくしてあげた」という発想がすごい。明るいおかしみがあるところがなんともいい。私は、池田澄子氏と西村和子氏に私淑するぞ!


 『拝復』(池田澄子 ふらんす堂)で出合った季語
・貝寄風(かいよせ) 大阪の四天王寺の聖霊会でお供えの造花に貝殻をつけた。その貝殻を住吉の浦に吹き寄せた季節風(西風)  春
・養花天(ようかてん) 桜が咲く頃の曇り空。雲が花を養うと言われたことから。  春
・寄居虫(ごうな) やどかり  春
・亀鳴く 実際は鳴かないが、亀が鳴きそうな陽気  春
・百千鳥(ももちどり) たくさんの小鳥。または多くの小鳥のさえずり。 春
・時雨忌 松尾芭蕉の忌日。  冬
・木の葉髪 晩秋から初冬にかけて抜け毛が多くなること。  初冬

 浜に貝殻を吹き寄せる貝寄風って素敵。花曇りより養花天って言った方がかっこいい。抜け毛は汚いが、木の葉髪というと趣がある。知らないことがいっぱい。美しいことばがいっぱい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この掃除法は役に立つ 「雨... | トップ | 『ブッポウソウは忘れない』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。