ささやかな幸せ

関ジャニ∞、本、茶道、歌舞伎や文楽、美術鑑賞が好き!
好きなものに囲まれて毎日をごきげんに


簡単そうで奥が深い俳句 プレバト!!カルチャースクールに参加

2017-05-14 23:13:08 | 日記
 妹に誘われて「プレバト!!カルチャースクール」に行ってきた。

 俳句の夏井いつき先生が、参加者の俳句を数点添削し、俳句の極意を学ぶというもの。参加者の中でハガキで俳句を応募した人は夏井先生が「才能あり」「凡人」「才能なし」と三段階で評価してくれる。ゲストは、フルーツポンチの村上さん、パンサーの向井さん、尾形さん。
 もやっとした俳句が先生の添削で劇的に変わるのは、テレビ番組の通り。しかし、先生は、切れ味は鋭いが、テレビと違い、参加者には優しい言葉で励ましてくださり、あたたかい人なのだなと思った。舞台に上がって添削を受ける人は、凡人とは言え、発想や視点が違うなあと感じた。
 最後は、才能ありの俳句を五つあげて、会場の拍手で一番を決めた。才能ありの俳句は、どれも字だけで光景が浮かびあがるだけでなく、さらに別の光景を想像してしまう。又、心が感じられ、改めてスゴイと思った。
 テレビでは、先生の辛口批評に「わはは」と笑っているが、実際自分が作るとなると何も浮かばなくて四苦八苦。才能ありの芸能人の方はスゴイなあ。
 そして、私の査定は・・・
 もちろん

 赤ペンの添削もない、凡人だった。俳句って、簡単そうで作るのが難しい。妹と「私達には詩心がないなあ」と語り合う。回りの人で凡人だが赤い添削がある人がいて、みんなで「いいなあ」と羨ましがった。私も才能ありを目指して、がんばろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「海北友松」 | トップ | 簡単トマトのサラダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。