横浜心理カウンセリング ブログ

心理カウンセラーが教える体験談、心に響く言葉、心理学健康法等24年に亘り各種心理療法を学んだこと

吐きそうなぐらい過食する原因は、ストレスでなかった・ゲシュタルト療法体験談

2017-01-30 23:49:09 | 摂食障害・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

 

横浜心理カウンセリングにいらした30代女性の体験談は、『吐きそうなぐらい過食する原因は、ストレスでなかった』・ゲシュタルト療法体験談です。 

 

私は、食事が終わっても、手持ちぶさたで落ち着かず、ついお菓子を吐きそうなぐらい食べてしまう。以前はアルコールに依存していましたが、今は過食してデブになり、膝も痛くなり、もう限界なので何とかしたいと思いました。

セラピスト堀井(以下・堀) 現在進行形で、過食してしまう出来事を話してください。ゲシュタルト技法で対話をします。

私 一人で食事が終わります。家でゴロゴロして何もやることがないので、手持ちぶさたで何か落ち着きません。ついお菓子に手が届き、一袋、二袋と食べ、気持ち悪い吐きそうと思いながらも食べています。

堀 食べているとどんな気持ちになりますか。手持ちぶさたになると何を感じますか。

私 食べていると何か癒される。手持ちぶさただと寂しくなる。

堀 では、寂しい自分のクッションを置いてみて座ってみてください。そこに座って私は心が満たされていないと言ってみてください。

 

私は寂しい自分になって、クッションに座りました。

 

私 心が満たされていない。その通りだと思います。

堀 食べるのを止めたらどうなりますか。

私 手持ちぶさたになる。癒されない。どこに癒し求めていいのかわからなくなる。

堀 アルコールに依存している時はどうでした。

私 私の存在からあなたは逃げていた。

堀 過食している今の自分は……。言葉を続けてみていってください。

私 過食している今の自分は、私が満たされたいために食べている。ただいくら食べても私は満たされない。

堀 それを聞いて、私はどう感じますか。

私 そうです。私は、寂しさを満たすように、ペットを飼ったり、結婚したり、いろいろ努力した。しかし満たされなかった。でも、努力している時は寂しさを感じない。目的があれば、食べることに執着していなかった。

堀 『今のあなたは、目的がない。だから寂しい気持ちはあなたにメッセージ送っているんだよ』と言ってみてください。

私 今の私には目的がない。だから、寂しい気持ちは私にメッセージを送っているんだよ。その通りです。仕事もやめたばかり。何も目的のない生活です。

堀 寂しさを十分感じてください。寂しい自分はいつからいますか。

私 5歳の時からいます。

堀 どこにいて。何が見えますか。

私 家の中で弟といる。母はいない。

堀 どうして寂しいんでしょう。

私 弟は隣で遊びながら食べているけど、母親からちゃんと見てと言われるので落ち着けない。私は遊べないし、ちゃんと見張っていないといけないので落ち着かない。

堀 本当はどうしたかったんですか

私 私も子供なんだから遊びたい、私ばっかり面倒見させないで欲しい。それなのに、母はちゃんと弟が食べてないと、「あなたがしっかりと面倒見ていないからでしょう」と私に怒る。

堀 寂しさを感じていると、落ち着かず、その奥には怒りがあるんですね。この落ち着かなさは、過食と同じ感覚ですか。

私 あっ、ほんと全く同じ感覚です。

堀 5歳の時に、弟の面倒みさせて、母になんて言いたいですか。

私 子供に子供をも押し付けるのは無理がある。それなのに褒められるどころか怒られるのが理不尽だ。お姉ちゃんだからと、押し付けるのは割に合わない。

堀 一番怖いことは何ですか。

私 やらないと、母は無視するし、暴力の仕返しが怖いから我慢するしかない。しかも、母は家事を手抜きしている。

堀 母が手抜きした分、私がやらなければいけないと言ってみて

私 母が手抜きした分、私がやらなければいけない。腹立ってきました。

堀 怒りの感覚に口があってしゃべるとしたら

私 ふざけんな。

堀 母のクッションを出して、母に向かって言ってみてください、

私 あなたは普通じゃない。家のことをしないで、宗教に通い、家のことやらずその分私が犠牲になる。

堀 なのに、私が一人で弟の面倒を見ているのは、母に暴力や無視されると怖いから。監視させられると思うと落ち着かない。罪悪感をもって、面倒見ていたんですね。

私 そうです。

堀 では『そして、今でも一人でいると落ち着かず、罪悪感を覚えないために過食している』と言ってみて下さい。

私 今でも一人でいると落ち着かず、罪悪感を覚えないために過食している。あっ、わかった。仕事をしていない自分に罪悪感を抱いているんです。

堀 そうでするね。仕事をしていない罪悪感を覚えないために食べちゃうんですね。

私 そうか。確かに。

堀 私は、母のせいで一人でリラックスする時間を味わえない。言ってみてどんな感じ。

私 私は、母のせいで一人でリラックスする時間を味わえない。本当、今までの人生で、一人でリラックスしたことない。

堀 一人でいると、母が出てきちゃう。いつも、一人でいると罪悪感を抱いちゃう。だから食べちゃう、お酒を飲んじゃう。

私 一人でいると、母が出てきちゃう。いつも、独りでいると罪悪感を抱いちゃう。だから食べちゃう、お酒を飲んじゃう。おー、全て真実だ。

堀 罪悪感は、怒りを自分に向けて攻撃してしまいます。過食もそうです。では、母に今でも5歳から、残っている気持ち伝えてみて下さい。

私 お母さん、私、弟の面倒見たくないので、友達のところへ遊びに行きます。

堀 母になってみて、答えて

 

私は母に見立てたクッションの上に座りました。

 

私 私は、みんなの幸せのために宗教を頑張っているの。私は、偉いんだから私に従いなさい。家の手伝いぐらいしなさい。

 

 次にそのクッションを離れ、元いた場所に戻り、母に反論しました。

 

私 バカじゃん。あんた頭おかしい。私は幸せになっていないし。一家離散で、家族みんな迷惑している。あなたが、家のことをやらないで、宗教に逃げて、あなたの都合のいいようにされてきた。

堀 罪悪感を埋め込まれて、家のことをやってきた。怠けちゃいけないとか、遊んじゃいけないとか。お前に埋め込まれた罪悪感のせいで幸になれない。

私 罪悪感を埋め込まれて、家のことをやってきた。怠けちゃいけないとか、遊んじゃいけないとか、お前に埋め込まれた罪悪感のせいで幸せになれない。確かに、本当にそうです。

堀 私は悪くない。全てお前の罪悪感を埋め込まれた呪いのせい。

私 あー。今まで、たくさん本読むなどして、努力したけど、結局、母に繋がる。堀井さんのワークも3回も受け、もうお前の存在は消し去ったと思ったけど、まさか食べることで、お前に出会うとはおもわなかった。

堀 まるで、不幸の教祖さまみたいだ。お前の呪いがかかっていた。それが、分かったので、もう自分を責めない。悔しいけど、まだ呪われていた。仕事していなくたって、私は悪くない。

私 まるで、不幸の教祖さまみたいだ。お前の呪いがかかっていた。それが、分かったので、もう自分を責めない。悔しいけど、まだ呪われていた。仕事していなくたって、私は悪くない。もう、どうでもいい感じになりました。もう、呪は解けました。

堀 私は呪いが解けたので、私の選択で食事の量を決めます。私がコントロールします。私は孤独を楽しめます。といってみて。

私 私は呪いが解けたので、私の選択で食事の量を決めます。私がコントロールします。私は孤独を楽しめます。今は落ち着いています。コントロールできそうです。不思議にいろいろ、やりたいことが思い浮かび、できる感覚になっています。

 

このワークでやっと母の呪いが解け、人生を楽しめる自分になったような気がしています。

 

 

 

      >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

 

 

心理療法を中心とした統合セラピー横浜
TEL 080-5483-2162
横浜心理カウンセリング・ゲシュタルト療法・再体験療法 半額相談申込メール

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの行動や自由を奪うのは、「自分の中の声」が原因です

2017-01-22 00:32:14 | 心の法則・コラム

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

 

横浜心理カウンセリングのテーマは、『あなたの行動や自由を奪うのは、「自分の中の声」が原因です』です。

 

本来、人は自分の経験や知識を使って、人生をよりよいものにしていくことができます。

しかしながら、多くの人が心の望ましい状態からかけ離れてしまいます。

それは、自分の心の中に、色々な声があって思考が複雑になったり、矛盾したりするために引き起こしてしまいます。

 

思考を、正常なラジオと仮定します。

一つのラジオからいろいろな、ラジオ局の電波が入ってくる状態になってしまいます。

例えば、FM局を聴いているときに、別の番組の回路を繋いで流れてくると、耳障りでうるさい感じなります。さらにもう一つAМラジオの回路をつないで、その番組が流れてくると、落ち着かない感じになってしまいます。さらにタクシー無線の回路をつないでしまうと、その無線での会話が聞こえ混乱を引き起こしてしまいます。

 

このように色々な声が聞こえると頭の中で忙しくなり、「あの時はどうだった」、「こうしておけばよかったと」いろんなことを考えて混乱してしまいます。

 

 

この回路も、思考から外れた状態の時もあります。

例えば、よく眠れたとか、健康状態がいいとき、いい事があったときは、穏やかでいられます。

しかし、一晩寝ると、頭の中に変な音楽が流れているとか、ザワザワした感じになり、しかも自分ではコントロールできません。

 

 

この思考回路は、どこから発生しているかと、他人の発した言葉を解釈しないで鵜呑みにした言葉から来ています。

そして、多くの場合、苦痛の経験をしているときで、その時間は自分に対して脅迫的な力として作用してしまいます。

他人の言葉で、自分に命令していまいます。それは、まるで催眠術のかけられたように作用します。

 

「あなたはバカだ」という言葉は→「私はバカだ」

「あなたは、出来の悪い子だ」という言葉は→「私は出来の悪い人間だ」

「あなたは何をやってもだな」という言葉は→「私は何をやってもダメだ」

 

 

様々な回路が繋がってしまうと、行動の自由が制限されてしまう

 

 

この言葉が残っているとその言葉の回路が繋がれ、思考が複雑になります。

 

例えば、勉強しょうとします。

しかし、頭の中の回路は

 

「早く勉強しなさい、もう終わったの」という声があり

また、もう一方では、「早く、遊びに行こう。遊んだほうが楽しいよ」という、友人の声もあり、自分の意思としては、勉強に集中したいと考えています。

その声が頭の中で、グルグルしてしまいます。

 

「何をやっても駄目だ」という言葉がはいっていると何かをやろうとすると、資格を取ろうと勉強しようとすると

「何をやっても駄目だ」という回路を経由してしまうと、「でもなぁ」と、なぜかやる気がなくなってしまいます。

本人的には、何でやる気がなくなるのかわかっていません。結果的に「もう少し考えてからにしよう」と決断してしまいます。

このように、この回路を使うとものすごく実行するのに時間がかかってしまいます。

 

さらに

「何をやっても駄目だ」の回路に、もう一つ「早くしなさい」というまた別の思考回路が差し込まれているとすると、さらに複雑になります。先ほどの「もう少し考えてからにしよう」という決断に「早くしなさい」が加わり、物凄くイライラしたり、ヒステリーな状態になってしまったりします。

 

否定的な思考の回路が、あればあるほど自分と矛盾した行動を生んでしまいます

この回路は、言葉の数だけあり、何十の通りの組み合わせがあります。

これら、否定的な思考な回路は本来必要ありません。

本来は、もっとシンプルでやりたいと思う欲求に忠実になることができるよう、有機体としての機能を持っています。

 

 無意識の中にある回路を意識化すれば、回路が整理できる

 

ゲシュタルト療法、再体験療法では、この回路を発見し、思考から回路を取り外します。

具体的には

①  誰の言葉を取り込んだか

②  いつ取り込んだか

③  今でも、その回路が必要か。

メリットとデメリットの対話など

などを明確にしていきます。

無意に鵜呑みにして消化されず「自分に命令している言葉」を意識化し、自分の選択でその言葉を咀嚼して、消化します。

必要でない、言葉(思考回路)は切り捨てます。

自分に命令する回路がないと、その場に応じた適切な行動がとれるようになるので、自由に行動できるようになります。

 

 嫌なことを繰り返し、起こしてしまうことを精神分析では、「反復脅迫」といわれ、脅威に対して無意識的な反応をとってしまうことと定義されます。そして、いったん回路が形成されると、それがどんなに不適切であっても繰り返されてしまいます。脳科学的にも神経系の特徴で、出来上がった回路は使い続けるとされています。薬では、行為を治すことはできません。

 

 

      >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

 

 

心理療法を中心とした統合セラピー横浜
TEL 080-5483-2162
横浜心理カウンセリング・ゲシュタルト療法・再体験療法 半額相談申込メール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『今まで¨クリア¨に達成したことはなかった』・初回ゲシュタルト療法の感想

2017-01-19 20:00:03 | 初回半額・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

 

横浜心理カウンセリングにいらした40代女性の初回ゲシュタルト療法の感想は、『今まで¨クリア¨に達成したことはなかった』です。

 

今までとにかくたくさんのセラピーやなんやらと色々と体験してきましたが、“クリア“に達成したスッキリ感がありませんでした。

 

泣いて癒されることは多々ありましたが、そこ止まりな感じでした。

 

今回初めてセラピーを受けましたが、思いが全て凝縮され展開し、知りたい(自分の心から納得した

い)ことに達成でき、すごくスッキリしました。

 

かれこれ20年~30年間、解決できずに苦しみ、内観やNLP、催眠、各種セラピー、占いなど多

種多様なことをいくら体験してもわからなかったことが、たった1時間半でわかりました。(腑に

落ちました。)

終わってみて、脳内意識(無意識)が変った感じがします。

 

決して派手なことをせず、淡々と進んでいるにもかかわらず、確実な結果が出たので本当にびっく

りしました。

 

そして今、すごくスッキリしています。本当にありがとうございました。

 

  

    

  >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

 

 

心理療法を中心とした統合セラピー横浜
TEL 080-5483-2162
横浜心理カウンセリング・ゲシュタルト療法・再体験療法 半額相談申込メール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『たった1回でうつ病の憂うつな気分が解消した』・ゲシュタルト療法体験談です。 

2017-01-19 19:59:37 | うつ病・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

 

横浜心理カウンセリングにいらした30代女性の体験談は、『たった1回でうつ病の憂うつな気分が解消した』・ゲシュタルト療法体験談です。 

私はうつ病患っています。一時は投薬治療でかなり回復しましたが、最近またひどくなってしまい、仕事をしていても、テレビを見ていても、「私はダメな人間だ」と思ってしまいます。社会も人も怖くなり、外出すら苦しくなってしまいました。そこで、カウンセリングを受けましたがあまり効果はなく、藁にもすがる思いで堀井さんのゲシュタルト療法を受けました。

 

堀井さんから、「どんなシーンで『自分はダメだ』と思いますか」と尋ねられ、いろいろと答えました。すると、「共通しているのは『人としてダメだ』という声ですね。繰り返して言ってみて、どんな感覚になりますか」と堀井さんに言われました。私は「キューと耐えて縮こまっている」と言いました。『人としてダメだ』と声を発している元は父親の言葉でした。

 

次に父と「縮こまっている私」の対話をエンプティ―技法でしました。

対話の内容で分かったことは、

「父は、私が調子にのっているから、怒っている」

「父は、私に能力あり物事を淡々とこなしてしまうことに嫉妬して怒る」

「私は、ただ頑張ってやっているのに、怒られ理不尽だと思っていた」

ことです。自分のインナーチャイルドの気持ちが、今理解できました。

 

堀井さんから、「身体の中の感覚はどうですか」と訊かれて、私は「気持ち悪さが湧き上がる感覚と、閉じこめる感覚かある」と答ました。堀井さんに「気持ち悪さを閉じ込めているモノと自己内対話をしましょう」と言われ、対話してみると、私は「閉じ込めている存在はわかっているけど、出てきたら普通の生活できなくなることが怖いので閉じ込めていた」ということがわかりました。

 

閉じ込めたモノの気持ちになってみると、「私に恐怖を与えているわけではなく、ただツラい気持ちを出したいだけで、怖がるのは間違い」だとわかり、私は閉じ込めたモノの気持ちを理解しました。閉じ込めたモノの気持ちは、「殺したいぐらいの怒りがあるけど、この社会では憎むことは正しいことではないと言われているので、ツラかった。ただ頑張ってやっただけなのに、私を妬んだ父のせいで、私たちが分裂し、押し込めてしまった」ということがわかりました。

 

次に堀井さんから、父と「閉じ込められていた気持ち」とを対話させてみましょうと言われましたが、私は伝えられませんでした。父は、私がうつ病になってから、人が変わり優しくなり、今は愛情を感じると答えました。

堀井さんは、「今のあなたは父を許しているけれど、あなたの中のインナーチャイルドは許していないといってみて」と言い、私はその通りだと思って、怒りを感じました。

「インナーチャイルドになり、ずっと抑えた気持ちを伝えてみてください」と堀井さんに言われて、「あなたは身勝手だ。あんたの思い通りにいい子にさせられて、いい子でないとこの社会で生きていけないと思った。なんでも口出しされ、従っておけば正しいと思わされてきたので、今も自分で決められない。あんたに将来を期待され、その気持ちがとても重かった」と父に向って言いました。

 

 

堀井さんから、「あなたの苦しさを思いしれ、と父に見立てたクッションをおもちゃのハンマーでたたきながら伝えてみてください」と促されて、私は「お前の犠牲になった。お前が能力ないからといって私に期待するな。親だったから、憎んじゃいけないと思っていたけど、対等だったら相手にもしない」と叩きながら感情を爆発し、すっきりしました。

 

 

次に、インナーチャイルドと対話しました。私が「怖いと思ってあなたを押し込めてごめんね、もう怖がらないからなんでも言ってね」と言うと、インナーチャイルドは「あなた言ってくれたから、楽になった。もう縮こまらないで言うね」と答えました。私は「私もそれを聞いたら、素直に表現するね」と言いました。

堀井さんより、「インナーチャイルドとの一体感を味わってください」と言われ、私は私だってやればできると自信がつきました。

 

私は、完全にうつ病が解消したとまではいきませんが、憂うつな気分は軽くなり、やっと一人になれた感じがします。一回で、こんな気持ちになれて帰れることは嬉しいし、三時間かけて来たかいがありました。本当に不思議だし、ゲシュタルト療法は凄いと思いました。

 

 

 ▲「本当の自分を発見できました」との感想を頂きました。

 

      >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

 

 

心理療法を中心とした統合セラピー横浜
TEL 080-5483-2162
横浜心理カウンセリング・ゲシュタルト療法・再体験療法 半額相談申込メール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『長女に対して母と同じ酷いことをしていたが先祖の想いを知り感情が昇華できた』ゲシュタルト療法体験談

2017-01-05 23:42:00 | 人間関係の悩み・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

 

横浜心理カウンセリングにいらした30代女性は、『長女に対して母と同じ酷いことをしていたが先祖の想いを知り感情が昇華できた』ゲシュタルト療法体験体験談です。

 

私は、イライラすると長女に酷いことを言ってしまう事が悩みで、ゲシュタルトセラピーを受けました。

 

私自身が母親にイライラをぶっけられて育ってきたので、同じ悩みを娘にしたくないのに、感情を抑えきれずに同じ事をしていました。

 

ゲシュタルトセラピーでは、自分が長年封じ込めてきた想いが、一気に溢れ出てきて、さらに母の両親、その代々の先祖の想いまで登場してきて、驚きました

 

セラピー中、身体のあちらこちらが痛み、それぞれの痛みに明確な意味と記憶があることにびっくりしました。

 

あと、感情が昇華されるときは、ゲップがたくさん出ました。

 

長年、自分の中に固まりのような重苦しいものが詰まっていて、しんどさが生きにくさを感じていましたが、一日のゲシュタルトセラピーで、こんなに楽になれるなんて、感動しています。

ありがとうございました!!!

 

 

 ▲「ゲシュタルトセラピーで楽になれて、感動しています」との感想を頂きました。

 

      >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

 

 

心理療法を中心とした統合セラピー横浜
TEL 080-5483-2162
横浜心理カウンセリング・ゲシュタルト療法・再体験療法 半額相談申込メール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加