横浜心理カウンセリング ブログ

心理カウンセラーが教える体験談、心に響く言葉、心理学健康法等24年に亘り各種心理療法を学んだこと

セックス依存は父に対する罪悪感だった(その二)・ゲシュタルト療法

2017-08-31 01:13:07 | 生きづらさ・体験談
こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

横浜心理カウンセリングにいらした20代女性の験談は、『セックス依存は父に対する罪悪感だった(その二)』です。



堀  では、お父さんに対して本当の気持ちを伝えてください

私は自分のクッションに戻り、答えました。

私  「臭い」「汚い」と言ったのは、私の居場所がなくなるからで、本当お父さんが大好きです。ごめんなさい(泣く)
堀  お父さんになってみてください。その言葉を聞いてどう感じますか

私は、お父さんのクッションに移動しました。

私  子ども達といたくなかった。敵だと思っていたけど、味方がいたとわかった
堀  もし、当時その言葉を聞けたなら、どうだったんでしょうか
私  寂しくなかった
堀  誰も愛してくれないと思ったんですね
私  そうです
堀  寂しい気持ちを満たすために、お父さんはパチンコを求め、娘さんは男の人を求めていたんですね
私  その通りです
堀  それを聞いてどうですか

私のクッションに移動して、答えました。

私  私はお父さんに嫌われているかもしれない。本当に「臭い」とか「汚い」とか思ってない
堀  本当はなんて言ってもらいたかったんですか
私  お父さんから「かわいいね」と言ってほしかった(泣く)
堀  本心を言わないで、どうしていたのですか
私  周りに言われたとおりにして、本心を言わず傷つけた。自分を悪い人間だと思っている
堀  「お父さんも傷つけたし、自分の自尊心を傷つけた」と言ってみてください
私  「お父さんも傷つけたし、自分の自尊心を傷つけた」。本当にそう思います。だから、リストカットしたり、風俗をして自分を貶めていたりしていたんですね。腑に落ちました
堀  「悪い人間」そのものに、なってみてくだい。「悪い人間」は、体の中のどこに感じますか
私  肩にいます
堀  肩にいる「悪い人間」になって、ご自身に向かって「罪を償いなさい」と言ってみてください
私  罪を償いなさい
堀  その声を聞いてどうですか
私  私は、悪くない。私は、居場所がなくなし、生きていけなくなるから、仕方がない・・・・。でも、お父さんを救えなかった(泣く) どうすればいいの・・・
堀  「悪い人間」に、『どうすればよかったの』と聞いてみてください
私  どうすればよかったの
堀  悪に人間になって、その質問に答えてみてください
私  みんなに聞かれないように、こっそり言えばいいんたよ
堀  では、こっそりお父さんに言ってみてください
私  お姉ちゃん達が言っていても、私の本心じゃない。お父さんのことは大好きたよ
堀  それ聞いてお父さんはどうですか

私はまた、お父さんのクッションに座りました。

私  嬉しい。俺も娘の事大好きだ。俺も寂しかったし、お前も寂しかったんだよね。今も、お前の電話だけはでている。
堀  「お前だけは、好きだから電話は出るんだよ」と言ってみてください。
私  お前だけは、好きだから電話出るんだよ。嬉しい
堀  今でも、罪を償っているあなたがいると、お父さんとして、どんな気持ちですか
私  もう責めないでほしい。そんな行為はしないでほしい
堀  「俺まで罪悪感を覚えてしまう」と言ってみてください
私  俺まで罪悪感を覚えてしまう(泣く)
堀  「お前の罪の意識は、俺に対する愛だったんだね。俺が愛として受け止めるよ」と言ってみてください
私  お前の罪の意識は、俺に対する愛だったんだね。俺が愛として受け止めるよ(泣く)
堀  あなたはその言葉を聞いてどうですか

 私は自分のクッションに戻り、答えました。

私  すごく嬉しい。何だか、足の鎖が取れたような感じがします。やっと自分を許せる気がします
堀  では、五歳のあなたに向かって、今の気持を伝えてください

私は、五歳の自分のクッションを置いて、話しかけました

私  やっと、自分の真実を伝えられたよ。もう私は、自分を責めません。嫌なもの嫌というし、好きなものは好きという
堀  「もう自分を偽りません」と言ってみてください
私  もう自分を偽りません
堀  五歳のランちゃんはどんな顔をしていますか
私  笑っています
堀  今、どんな気分ですか
私  清々しい気分です。これからは、自信を持って生きていけそうです。
堀  偽らない自分になって、当時のお姉ちゃんに本心を伝えてください

私は、二人のお姉ちゃんに見立てたクッションを置き、話しかけました。

私  お父さんは、一生懸命働いていた。お父さんは臭くないし、汚くない。私は、お父さんが大好きだ
堀  では、お姉ちゃんになって答えてみてください

私は、姉ちゃんに見立てたクッションに移動しました。

私  勝手にすれば
堀  想像と違って、別に怒られませんでしたね。では、お母さんにも本当の気持ちを伝えてみてください
私  なんで、お母さんは、お父さんの事、「臭い」「汚い」って言うの

私は、お母さんに見立てたクッションを置き、答えました。

私  お父さんが借金するから、腹いせに冗談で言っただけ。そうしたら、お姉ちゃんたちが面白がって真似をした
堀  「罪の元を作ったのは、あなたではなくて私だった」と言ってみてください
私  罪の元を作ったのは、あなたではなくて私だった・・・本当に悪いことをした。許してほしい
堀  それを聞いてどうですか
私  なーんだと思う気持ちと。くだらないが半分です。お姉ちゃん達は、なんとも思ってなかったんだとわかりました
堀  では今、彼を目の前にしてどう感じますか
私  彼に対しても、感情的になりすぎたと思います。昨日も電話で連絡もしない遅れてきて、感情的に問い詰めてしまいましたが、今は不思議にバカなことをしたと感じます
堀  彼のことを信頼できなかったんですね。お父さんと信頼関係が結ばれたので、彼も気にならなくなったんですね
私  当にそうだったと思います。怒ったり、泣いたりしてばかりだったけれど、れからは笑って生きていけそうです。

感情的にならないと、上手く本心が言えます。罪を感じないと、こんなにも楽になれるんですね。やっと前向きに考えられるようになりました。本当にありがとうございました。


      >> ゲシュタルト療法のページを見る 


>> ホームページを見る


>> プロフィールを見る





『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セックス依存は父に対する罪... | トップ | セラピーを受けるごとに片頭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きづらさ・体験談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL