横浜心理カウンセリング ブログ

心理カウンセラーが教える体験談、心に響く言葉、心理学健康法等24年に亘り各種心理療法を学んだこと

「キレるれる私が癒されるまで」インナーチャイルド編(その一)

2017-09-29 23:40:24 | 人間関係の悩み・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

横浜心理カウンセリングにいらした30代女性の体験談は、『キレるれる私が癒されるまで・インナーチャイルド編(その一)』です。


今回を含め6回にわたり、YouTubeによる体験談を公開します。


【テーマ】
田房永子さんの本「キレる私をやめたい」「呪詛抜きダイエット」でゲシュタルト療法を知り、こちらのホームページにたどり着きました。
昔から集団に馴染むことが苦手で、いじめられた経験もあります。中学2年生の時に不登校になったのをきっかけに、精神科に通うようになりました。病院のカウンセリングなども受けて、母との関係に問題があるといわれました。
一時は自傷行為をするなど荒れに荒れて、たくさんの薬を処方されました。しかし、現在はだいぶ落ち着き、適応障害と診断されて、医師からは投薬治療するほどではないと言われています。ですが、生きづらさが常にあり、また結婚して3人の子どもがいるのですが、育児困難を抱えています。そして、近所に住んでする母との確執もまだ解消しきれておらず、夫との喧嘩も頻繁に起こります。それらを解決するために、ゲシュタルトのセッションを受けました

【セッション後の感想】
堀井さんのワークを受けた直後から、子どもに対してキレることはなくなりました。母に対しても、自然と激しい怒りを感じなくなり、自分の中で許せた感じに変化しました。夫との激しい口論は中々なくなりませんでしたが、最近になって、やっと穏やかさを感じられるようになり、家族仲良く暮らせるようになりました。

【音声によるゲシュタルト体験】
ゲシュタルトワークを5回受けていただき、2回目~4回目のゲシュタルトワークを、ご本人の了承(無料モニター)をいただいて、公開いたしました。


【セッションの冒頭部分】
家族に対する感情をじっくり感じていると何か重たい、漬物石のようなもやっとした感覚が現れます。
もやっとした漬物石を感じていると、その石はインナーチャイルドとして存在している4歳の男の子に変身しました。

男の子は、かつて生まれ故郷で母と一緒に歩いた時の、穏やかで、幸せな母との関係を再び作り出そうとしている存在です。その男の子は「僕なしであなたは、幸せになれるの」と聞いてきます。私は「あなたがいると、今の私は幸せになれない。だから消えてほしい」と言いました。男の子は泣いています。
堀井さんに「男の子を抱いてあやしてください」と言われたので、私は男の子を抱いて「ずっと幸せを願ってくれてありがとう。でも、あなたがいると自分の子どもを守れない。消したくないけど、消えて」と言って泣きました。

すると、その男の子が、今度は女の子に変わりました……





      >> ゲシュタルト療法のページを見る 


>> ホームページを見る


>> プロフィールを見る

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セラピーを受けるごとに片頭... | トップ | 「キレるれる私が癒されるま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人間関係の悩み・体験談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL