横浜心理カウンセリング ブログ

心理カウンセラーが教える体験談、心に響く言葉、心理学健康法等24年に亘り各種心理療法を学んだこと

無気力で泣きたくなる衝動はインナーチャイルドからの叫びだった(その二)

2017-07-20 00:09:37 | 生きづらさ・体験談

こんにちは。横浜で心理カウンセリングをしているハッピーライフ・トータルセラピーの堀井です。

横浜心理カウンセリングにいらした20代女性の験談は、『無気力で泣きたくなる衝動はインナーチャイルドからの叫びだった(その二)』です。

第一回目の続き

 

堀 では、インナーチャイルドに近づいてみてください

近づいて、何と言いたいですか

私 まあ、元気出せよ

堀 その言葉を聞いて、インナーチャイルドはどうですか

 

私は、インナーチャイルドに見立てたクッションに移動しました

 

私 今のあなたが、友達いっぱいいるなら私も頑張ろうかなと思ったよ

堀 表現してみてどのように感じますか

私 そうですね。。。あんまり、境界はないですね

堀 私とあなたは一緒だよね、と言ってみて

私 私とあなたは一緒だよね。その通り

堀 あなたは、私に触れたくなかったんだよね。私は境界を感じてなかったよ、と言ってみてください

私 あなたは、私に触れたくなかったんだよね。私は境界を感じてなかったよ

堀 だからあなたに気づいて欲しかったんだよ、と言ってみてください

私 だからあなたに気づいて欲しかったんだよ

堀 そこの私のどんな気持ちを・・・続けていってみて下さい

私 私の暗い気持ちを

堀 それ聞いて、ご自身はどうですか

 

私は、自分のクッションら戻り座りました。

 

私 私はあなたですね。私か認めたくなかったんだ

堀 この子をどうしたくなりますか。例えば、抱っこするとか、重ねて座るとか

私 重ねて座ってみてみます

 

私は、自分のクッションの上に、インナーチャイルドのクッションを重ねて、その上に座りました

 

堀 では、重ねて、体の感覚を味わってみてください

私 足元にズッシリとした感覚があります

堀 やっとあなたを受け入れて、私はズッシリしました、と言ってみてください

私 やっとあなたを受け入れて、私はズッシリしました。今まで、すっと一人にしちゃってごめんね

堀 いま、暗い部屋はどのように見えますか

私 暗い部屋はなくなりました。

堀 では、今、両親に対してはどんな気持ちがありますか

私 ・・・

堀 両親に向かって、「あなたたちが私を構ってくれないから、私の中で分裂して、暗い世界をつくって切り離していたんだよ」と言ってみてください

私 あなたたちが私を構ってくれないから、私の中で分裂して、暗い世界を作って切り離していたんだよ

堀 言ってみて、どんな気持ちですか

私 親からも、自分も見ないことにしていました。

堀 でも、やっと25年ぶりに分かりあえたんだね、と言ってみてください

私 でも、やっと25年ぶりに分かりあえたんだね。そうです。長かったです。

堀 親に対して、恨みはありますか、ありませんか

私 えっ。恨みですか。・・・あるかもしれません

堀 どんなことに、怒っていますか

私 一緒にいて欲しかった

堀 独りぼっちにさせられたことに怒っているんだよ、と言ってみてください

私 独りぼっちにさせられたことに怒っているんだよ。そうです

堀 3歳のインナーチャイルドは、本当はなんて言いたかったんですか。その時思ったことを表現してみてください

私 一緒にいてよ。寂しかった。なんでお父さんとお母さんが別れちゃうの。なんで独りぼっちにさせるの。帰ってきて、3人で暮らしたいよ。

堀 部屋の真ん中で何していたんですか

私 2人そろっての帰りを待っていた

堀 でも、その思いは

私 かなわなかった

堀 夢は絶望に変わり、無気力な私が生まれたんだよ、と言ってみて

私 夢は絶望に変わり、無気力な私が生まれたんだよ

堀 そんな、私の気持ちをわかってほしくてインナーチャイルドとしているんだよ、と言ってみてください

私 そんな、私の気持ちをわかってほしくてインナーチャイルドとしているんだよ

堀 今の涙は、インナーチャイルドの涙ですか、今の自分の涙ですか

私 両方の涙です

堀 いま、インナーチャイルドをどうしたいですか

私 抱きかかえて、ごめんねと言いたいです

堀 では言ってみてください

 

私は、インナーチャイルドに見立てたクッションを抱き、話しかけました

 

私 25年間、あなたを避けていてごめんね。あなたを無気力にさせていたんだね。

堀 今、インナーチャイルドはどんな顔していますか

私 笑っています

堀 感情を抑えていたから、無気力になっちゃったんですね

私 そうです

堀 今、わかってくれたかたから、インナーチャイルドはどうですか

 

私は、インナーチャイルドになって答えました。

 

私 私の気持ちを受け止めてくれた。もう一人ぼっちじゃないから、もう大丈夫

堀 それを聞いてどうですか

 

私は、自分のクッションに移り答えました。

 

私 頑張ろうね(泣く)

堀 あなたを悲しませた分だけ、楽しませてあげるよ、と言ってみてください

私 あなたを悲しませた分だけ、楽しませてあげるよ(泣く)

堀 言った感じはどうですか

私 なんだか希望が湧いてきました。これから自分のインナーチャイルドを育て直します

 

セラピーを終えてから、一人で無気力に泣くようなことはなくなりました。これからは明るく人生を歩めるような気がしています。本当にありがとうございました。

 

 

  ▲「これからは明るく人生を歩めるような気がしています」との感想を頂きました。

      >> ゲシュタルト療法のページを見る 

>> ホームページを見る

>> プロフィールを見る

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「嫌な気持ち」の奥に自由な... | トップ | 北欧の生活でウツになってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きづらさ・体験談」カテゴリの最新記事