月と猫のある風景

猫と暮らすって、いいね~

月と猫

        

ふきちゃんのこと 1

2010年05月06日 | ふきちゃん まとめ
2009.10.26


え~と

我が家、猫が一匹増えましてん。


・・・・・・・・・・・ってことで
皆様、よろしくお願いしますm(_ _)m




やってきてくれたのは
超高齢(らしい)メス猫の「ふきちゃん」!
キジトラ柄で目がでっかくてねぇ
緑色の綺麗な綺麗な瞳の猫さんだ。



【新しくやってきてくれたふきちゃん】



・・・・・・・・・・・・あぁぁ(; ;)
なんだかボケボケな写真になっちゃった・・・・・・・・・・・・・ごめんなさい



【ふきちゃんを見つめるちはやさん】




【我が家に来て初めての夕方のときのふきちゃん】



かなりドキドキしているみたい(^^;・・・
(当たり前よね・・・)


【ご飯を食べているときのふきちゃん】




最初はなかなか食欲も湧かなかったみたいだけど
夜になって少し食べるようになってくれた



【一生懸命に食べてるふきたん】



なぜこんな廊下の真ん中?という疑問は持たないでほしい(^^;
とりあえず慣れない場所でドキドキしてた彼女
人間も知らない人たちだし、知らない家で知らない匂いで知らない猫達がいて・・・・
食事どころじゃなかったと思う。
人間が近寄ったらドキドキしてしまうので
とりあえずお皿を滑らせてふきちゃんの近くまで滑らせてみた。
そうしたら、やぁっとふきちゃん食べ初めてくれたのだった。



・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★




この猫さんは

 【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探し


こちらの案件の十数匹の中の一匹の子。
名前は「ふき」
クリックして読んでいただくとこの案件の内容がわかると思うのだけど
9月の頭に一度こちらにお邪魔したことがある。
そのときに気になっていたふきちゃんだったのだけど・・・
色々考えて、一時預かりと言う形で預かることになった
ふきちゃんはもう歯が一本もなくて腎臓も少し悪いそうだ
年齢も結構高齢とのことで、冬を越せるのかな・・・とボランティアの方はおっしゃっていた。

お昼過ぎにやってきたふきちゃんは、慣れない我が家で隠れまくっていた。
かずきをはじめ、オス猫たちは相変わらず新しい猫には優しい。
ただ、こなつが・・・・(^^;
やっぱり女の子だし、我が家へ来て初めて我が家以外の猫を見たせいか
ふきちゃんに「しゃーーーーーーーーっ!」と怒っている(^^;
最初はどうだろう?と不安だったけど
ふきちゃんも案外しっかり肝の据わっている猫さんで(笑)
こなつにシャーフー言われても、何時間か経ってきたら家中をひとりで歩いて探検していた。
おぉっ!えらいなーと感心。

おしっこなども、最初砂をもらって帰ってこなかったので
いきなり我が家の猫の匂いだけのトイレで排泄してくれるのかと心配したが
そこは我が家の「乳母猫かずき」の登場で、ふきちゃんをきちんとエスコートしてくれたおかげで
トイレもばっちし!(笑)
大変助かった(^^)
尿の量はかなり多い感じ。
お年寄りでこんなに大量にしかも何度もするのかな?とびっくりした。
うーん・・・・・・・・・・・・
排便のほうは、かずきに似た薄い黄土色の便だったが
かずきほどゆるくなく、綺麗な猫らしい(?)排便の形。


そして・・・・・・・・・・・・ご飯なのだけど、食べる量が基本的にかなり少ないみたいだ。
今日体重を量ったらなんと 2.1キロ!
こなつよりはるかに軽い・・・・・
腎臓が悪いふきちゃん。
腎臓サポートのパウチとロイヤルカナンの腎臓サポートのドライを混ぜてあげていると聞いた。
しかし、判明したのが腎臓サポートのパウチ・・・実はあまり好きじゃないらしい、かも?ということ。
そこに違う高齢猫用のパウチを混ぜてあげたら食べてくれたが
ほとんど残す。
ロイヤルカナンのドライも混ぜて深夜にあげてみたが
やっぱり腎臓サポートのパウチの香りが好きじゃないのか、食べてくれない・・・
緊張しているのもあるとは思うけど、ちょっと食べなさ過ぎだなと心配になってきた。
ほんとに体ががりがりなので、できるだけカロリーをとってもらいたいのだけどなぁ。

あと、折を見て腎臓もどの程度どう悪いのか調べたいかなと思っている。
一時預かりさんだけど、やはり健康に元気に過ごしてほしいので慣れたころに病院へ行こうかなと思っている。

そんなわけで
1にゃん増えて5ニャンズとなった我が家だった。
ひゃーすごいなぁ・・・・・
まさか5匹も・・・とは思っていなかったので、自分でも驚いているんだけど・・・

・・・・・・・・・・と書いて、ふと隣を見たら
ふきちゃんさりげなく隣のソファで寝てる!??

これにはすごくびっくりした!!
だって、さっきまでてっきり寝室のベットの下にいたと思っていたから。
いつの間にやってきたの?ふきちゃーん?
と、小さな声でふきちゃんに問いかけてしまった(笑)
こなつにシャーフー言われても案外どっしりしてるし
肝っ玉の据わった猫さんなのかもしれないなぁ・・・・・


そんなわけで
また明日から、ぼつぼつと
ふきちゃん含めて、我が家の猫たちの日記を書きたいと思う。

うまく我が家にも馴染んでくれて
かずき、ちはやさん、でるた、こなつと仲良くやっていってくれたらなぁ・・・と思っている。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2009.10・26




ふきちゃん、昨日の深夜からかなり積極的に居間のほうまでやってきてくれた。
それまではずっとベットの下から出てきてくれなかったので
すごく嬉しかった(^^)








うとうととしながらのふきちゃん

しかし・・・・・・・・カメラに気が付いたとたん




はっ!!




こんな風なびっくり目になっちゃう(笑)

でも、このびっくり目が私は大好きなのだ。
初めてふきちゃんと出会ったときも、この瞳がきれいできれいで
なんて綺麗な瞳の猫なんだろうなと印象が深かった。







ふきちゃん、今日は昨日と比べたらかなりご飯を食べてくれるようになった。
そしてご飯の時間になったら
一緒に台所までやってきて催促してくれるようになったのだ。
すごい。

ふきちゃんに、朝は昨日と同じようにあげてみたがほとんど食べなかった。
(パウチにドライを混ぜてあげる方法)
そんなわけで
パウチを暖めて、それをすり鉢に入れて中身をつぶしてペースト状にしたものを少しと
ロイカナの腎臓サポートのドライを違うお皿に少しいれて
合計2皿あげたら・・・・・・・・・・・・・・・・・
完食!!

そか、パウチはペースト状になるまでつぶすと食べるのね・・・と発見。
と言っても、一日のトータルで見ても量はほとんど食べないので
我が家の猫にあげている鮭と胸肉とかぼちゃを煮たのを、夜に30gほどあげてみた。
これも全てすりつぶしてあげてみたら・・・
かなりの勢いで食べていた!

すごい勢いで食べて水飲んでたふきちゃん。

そっかぁ・・・・・・・・・手作り食食べるんだ、とびっくり。
(いや、手作り食とか好きじゃない猫さん多いので・・・・)
そっかぁ・・・じゃあそうとわかったら
症状によっては食べて良いもの悪いものもあるし
やはりしっかり検査してどこがどう悪いのか知りたくなってきた。

ひとまず、3キロ目指してご飯を食べれるようにしてあげたい。
まず一日200キロカロリーの食事から・・・ってことで
明日からはじめよう。
そして、病院へ行ってきちんとどう腎臓が悪いのか診てもらって
そこからご飯なども考えたいと思った。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2009.10.27


【きょうのふきたん】


ふきちゃん、我が家の長男14歳のかずきが大好きらしい。
トイレのことや、色々我が家へやってきたとき
ふきちゃんを何かあるとエスコートしてくれるかずきが大好きになったふきちゃん。

たぶん、わたしや旦那など人間はまだ怖いはずなのに
私のPCの真横に座っているかずきをみつけてジャンプして
私に甘えているかずきのすぐそばまでやってきた

そして、かずきに甘える甘える。
すり~♪とかずきに頭を擦り付ける。
すごく可愛らしいふきちゃんの表情をみてびっくりな私。


「・・・・・・・すごいな、コレって・・・恋?」



【かずきのそばにいたいので・・・ってな風のふきちゃん】





ほんとはもっと良い感じなどもあったのだけど・・・・
カメラ構えたらふきちゃんが逃げちゃいそうで可哀想だったので
写真はあまりない(汗)

でも、ふきちゃん本当に嬉しそうにかずきにすり~すり~っとしていた。







テーブルから降りても
ふきちゃんはかずきを見つめる。
かずきの姿がなかったら
「うわーーーーーーーん!うわーーーーーん!」
と甲高い大きな声で鳴く。



いやいや、かずきってもしかしてすごい乳母猫なのか?と本気でそう思ったのだった・・・・





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2009.10.28




【今日のふきちゃん】


今日はだいぶ慣れてきて
昼間のベランダに出て総勢5ニャンズでゴロゴロしていたみたいだ。

見に行きたかったんだけど
見に行ったらふきちゃん、固まっちゃうかも・・・・と配慮し(笑)
遮光のレースカーテン越しにシルエットだけ見ていた。


で、先日買ったふきちゃん用の首輪をつけてみた





良いカメラじゃないので(汗)
ちょっと見づらいけど・・・・・・・・・・・・・
首のところにネームプレートと赤い鈴付きだ





こんな感じで・・・つけてみた(^^)

かわいいね~とこっちまでニコニコしちゃうなぁ

今日はだいぶご飯も食べてくれてよかった。
そして他の猫と一緒に家中をうろうろかなりしてくれるようになったし。
私達のそばにもだいぶ近づいてくれるようになった(笑)
これからもっともっと慣れてくれたら
病院行って、シャンプーももう一回して、
毎日いっぱい毛繕いしてあげて、
爪も綺麗に切ってあげて
毎日いっぱい撫でて、口のにおいも嗅がせてほしいし(笑)
おなかも触りたいし・・・

もうねぇ、あれもこれもいっぱいふきちゃんにしてあげたいことがある我が家なのだった。

・・・・・・・・・・・そうなれたら家猫として最高だよね。
頑張ろ-!






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2009.10.29





【今日のふきちゃん】

ふきちゃん、今朝に一回、夜に一回と計2回の嘔吐。
吐瀉物をみたら、それはすごいすごい毛玉の塊を吐いていた・・・(|||_|||)
(実は前の日も吐いていたが、同様にかなりの毛玉だけだった)
今日から一日一回だけ毛玉ケアのペーストをご飯に混ぜてあげるように決める。
サポート食はヘアボール効果がないはずなので、老猫だと毛玉がたまりやすくなっているのかもしれない。
排便などはまったく普通で綺麗な便なので、とりあえず毛玉ケアのペーストで様子見だ。

猫屋敷でも吐いていたのかしら?とちょっと気になったのだけど
あそこだと・・・頭数も多いしわからないかもしれないし
他の猫のヘアボール効果の餌を食べていた可能性も高いので、それで大丈夫だったのかもしれない。
(今はふきちゃんにはサポート食のみなので・・・ヘアボール効果はないはず)

実は、我が家へ来て一回お風呂に入ってもらったふきちゃん。
その後、ブラッシングを少ししたのだけど、すごい量の毛玉が取れた(^^;
背中も、胸の辺りも・・・・すごいのだ。塊でごそっととれるほど。
たった数回ぐらいのブラッシングでもこんなに取れるのか?と驚いた。
こりゃあこんな状態だったらあの大量の毛玉も吐くよね、と旦那も私も納得いくほど。

正直シャンプーもまだし足りてないし
ブラッシングも毎日してあげてちょうど良いほどなのだが・・・
我が家へ来てまだ4日目なのに、そうそう触れることが出来るわけがないのだった。
私達が家具のように静かに気配を消していたら、ふきちゃんは安心みたいなのだけど(苦笑)
動くとびっくり目が更にびっくり目になって、ベットの下へ逃げてしまう(汗)

人によって色々考え方もあるけれど
人間と一緒に暮らすにはシャンプーや爪きり、ブラッシングなどある程度必要だと思っている。
特にあの環境でずっと過ごしてきているので、本当にそういうケアが必要なのだと思うけど
なかなかうまくいかないものだなぁ・・・と(汗)
そりゃいきなり連れ去られて、知らない場所で知らない猫と出会って、知らない匂いを嗅いで
いきなりシャンプーされて・・・・・・・・etcetc・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかも、ここの住人みんな大きいものね(汗)
でっかいおばちゃんいるし、でっかいおっちゃんもいるし、でっかい猫が4匹もいるしで怖いよなぁ・・・ふきちゃん・・・と思ってしまうのだけどね~(汗)

まずはふきちゃんに慣れてもらわなきゃ話にならないし
病院も早く行きたいけど、この感じで病院へ連れて行こうものなら
また家庭内野良猫になりそうだなとも思っている(汗)
もう少し慣れてもらってから・・・と考えているけど、そのうち様子見て連れて病院いこうかなー
ね、ふきちゃん♪

ま、折をみてボチボチやねぇ・・・・って感じだ。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜






2009.10.31



今日のふきちゃん


正確には昨日~今日の深夜だけど。


【一緒のところをパシャリ☆】






【なんだか良い雰囲気な2匹をパシャリ☆】




にゃっは~良い感じやね~(^^)
と言いながらひとりウキウキな私だった(笑)


今日、動物病院で診察の予定だった。
本当は来週でもいいかなと思ったのだけど
ふきちゃん、こちらへ来てから
頻繁に右耳を掻きながらしきりに頭を振っていたので
ちょっと気になっていたのだった。
もしかして耳ダニなのかな、でも注射したと読んだけどと心配になり
ふきちゃんの耳を覗きももうとしたが、どうしても逃げられてしまう。
そんなわけで、病院へ連れて行ったのだけど・・・・・・・なんと休みだった( ̄□ ̄;)!!
(後で確認したら、学会のためたまたまお休みだったそうな・・・確認していけばよかったなぁ・・・と反省)

帰ってからふきちゃんの2回目のブラッシング&シャンプーをすることに。
(この週末は私達は悪者なってもいいから、病院、シャンプー。ブラッシングはするつもりだった。)
今回はしっかりブラッシングをする。
出るわ出るわ、えらい量の抜け毛の量と匂いが洗面所にこもる。
私は鼻がアレルギー状態になり鼻がぐずって痒くなる^^;
旦那は「・・・猫屋敷の臭いだ・・・・」とつぶやいた。

おなかもしっかりブラッシングしてシャンプーをする。
えーと、今回シャンプーしてすすいで・・・・というのを4~5回繰り返した。
でも正直、まだあのにおいは取れなかった・・・・
恐るべし。
そして、そのときに気になっていたふきちゃんの耳も診てみた。
そうすると、非常に綺麗な耳で耳垢もほとんどない状態だった。
あれ、すごく綺麗だね~?と驚く。
もしかして・・・これは耳ダニなどではなく、何かの炎症で痒かったんじゃないか?
我が家のかずきとかのほうが耳の中汚いかもしれないほど、ふきちゃんの耳は綺麗だった。
そっかぁ・・・耳ダニっぽくはないな、と。
耳垢もないし、どこか皮膚が変になっているような部分も見受けられない。
ちょっと一安心。
まぁ・・・それでも、もし耳ダニとか・・なにかあったら・・・
もうふきちゃん、我が家へ来て一週間近く経つし
そのときはみんな治療だね!と腹をくくった我が家だったのだ。

ふきちゃんはシャンプーの後、寝室のベットの下から出てこない(^^;
まぁしょうがないよねぇ・・・とも思うけど
乗り越えなきゃいけない壁だしなぁ・・・・・・・・・・・・・・・とも思っている。
そして見てて思ったのだけど・・・・・
普通、猫って濡れると自分で毛繕いなどすると思うのだけど
ふきちゃんは全くそういう行動をしないのだ。
普通にただ、たたずんで「自然乾燥」な状態なのだった。
もしかして・・・・・・・・・・お風呂とかも入れてもらったことないのかな?とか一瞬思ってしまった。

そして、あれだけ洗ってもとれないあの臭い・・・・
毛玉もまだまだわさわさと出てくるふきちゃん。
胸の辺りなどは、古い毛が固まりになってしまっていて
ごわごわ状態ですごいことになっていたし・・・^^;
いや、ふきちゃんだけじゃなくあそこの猫たちはみんなそうなのだろうね、と思う。
ハァ・・・・・・・・・・・・
もう・・・そういうの考えただけで、なんとも言えない気持ちになってしまうのだった(; ;)


※追記
あの臭いとは・・・んー・・・・簡単に言うと「猫の排泄物」の臭いのこと。
あの匂いをぎゅうーーーーーっ!と凝縮したにおいがこの猫屋敷には充満していて
正直、消臭剤なんて気休めにしかならないようなすごさ。
一時間あの家にいるだけで、全身あのにおいに取り憑かれてしまう
・・・と書いてもなかなかあのにおいのすごさは、伝わらないだろうな。
ほんまに・・・行って見て嗅いで!!ってなぐらい、すごいのだ。
たった一時間の滞在でもすごい臭いが付きまとい、鼻が馬鹿になるような・・・そんな臭いのする中で何年も暮らしている猫たちなのだ。
そのにおいが猫に染み付いて、洗っても洗ってもなかなか取れないのも当たり前だよね、と納得してしまう。
よくぞ、あの臭いと糞尿の中でみんな頑張って生きてきたね・・・と現場を見たら思ってしまうのだ。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 2

2010年05月05日 | ふきちゃん まとめ
2009.11.1


今日のふきちゃん


んと、
昨日わっしゃわっしゃとブラッシングして、
わっしゃわっしゃと洗って
わっしゃわっしゃと触りまくったら

・・・・・・・今日はほぼ一日寝室のベットの下から出てこなかったふきちゃん

いやー、ごめんね(^^;

でも、夜にこそっとやってきて
猫ベットにこそっと入ってこっち見てたんで撮ったもの。









ほんとは猫の嫌なことはしたくないんだけど
シャワーとブラッシングはどうしてもしたくて。

でも、夜(さっき23時過ぎに)
かずきの鳴く声に誘われて、すごく甘えた声を出しながら
ふきちゃんが居間にやってきた
「・・・・・・おぉ、ふきちゃんの甘えた声だ・・・・」
と、旦那と見て見ぬ振りをしつつふきちゃんの様子を伺う。
ふきちゃんは、かずきのそばへ行きたくてたまらないのだけど
私達がいるしどうしよう・・・・・・・・って感じだ。
ほんとにふきちゃんってかずきが好きなんだなぁ。
恋なのか、母性なのか・・・その辺はわからないけれど。
この調子で、少しずつ出てきてくれるようになったら嬉しいかも・・・







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2009.11.2


今日のふきちゃん


相変わらず一日ほとんどベットの下だけど
ベットの下から出てきたい欲求はある様子。
かずきのそばにも行きたいし・・・暖かい場所でご飯も食べたい様子だけど
人間が怖いんで、私達がいるときはベット下がいいのだろう。
でも、人間のいないときはベットの下から出てきて居間で寛いでるのは知っている(笑)
もしくは、ベットででるたが寝ていたら一緒にそばで寝ているのも知ってるもんね~♪
ふきちゃん、ほんまはみんなと一緒にいたいくせに、と可愛く思ってしまう(^^)
ま、そのうち飽きてきたらこっちへおいでね~

そうそうそう。
土曜日のブラッシング&シャンプーをしたのだけど、なんとその効果があった様子で
日・月と全く吐いていないふきちゃん。
我が家へやってきてから土曜日までの6日間、あれだけ吐きまくっていたのに
シャンプー&ブラシの後は全く吐いていない。
すごい!!!
こんなに効果があるとは・・・・
まぁ、抜けた毛の量を見たら納得も行くけど・・・でもすごいぞ。と。
そして吐かなくなったせいか、ご飯もかなり食べるようになり
今までは残していたご飯もこの2日でほぼ完食できるようになった!
あんなに食べるの嫌がって
やっと食べたと思ったら吐きまくっていたのに。
猫ゲロのない朝・・・・なんてステキなのだろうと思ってしまった。
いや、これが普通なのはわかるけど
ふきちゃんにはこの普通ですらすごいことなのだ。
はー
よかった。
でも、まだ胃の中に毛玉が残っているかもしれないので
毛玉ペーストはご飯に混ぜてあげるつもり。

栄養状態も徐々に良くなっていけば、ふきちゃんもっと柔らかい良い毛並みになるかも~(^^)






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.4

今日のふきちゃん


いつもいつもみなさん、ふきちゃんのこと気にかけていただいたり
アドバイスいただいたりと本当にありがとうございます!m(_ _)m


気長に・・・・とわかっていても
この寒くなってきた札幌でずっと暖房もない部屋で過ごすふきちゃん、可哀想・・・とか
病気のこともあるしなぁ・・・とか
あんな寒い部屋にずっといたら悪くなったらどうしよう?とか・・・
せっかく一緒に住んでるのに
ひどいと暗がりでしか顔を見れないなんてさみしいーーーと(苦笑)
そういうことを言って呆れられている私。
はい、こらえ性がないなー私・・・・と自分でもわかっているんだけど・・・
でも気になってしゃーない。

そんな私の台詞など無視するかのように
ふきちゃん、昨日もずっとベット下の住人として過ごしてた。
でもご飯も食べてるし、ゲロもないし、排泄も問題ないし水も飲んでくれているし・・・・まぁひとまずは安心かな、と。
安心は安心なのだけど
ただ・・・これから暖かくなる季節じゃなく
寒い寒い時期になっていく北海道。
待っててもいいけど、
ふきちゃんのいる部屋はほんとに暖房を入れない部屋だし・・・などいらないことを考えてしまう。
そんな私のことを
「くりすは短気だなー」
と呆れる旦那。
まーそうなんですけどね。
短気はあかんっていうのもわかってるんだけど
ふぅ・・・・・・・・・・ってな感じなのだ。

短気な私の独り言でした(笑)

ま、気長には待ってみようかなーと思ってはいるけどね☆






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.4


夜、すごく嬉しかったこと。

猫たちも夜のご飯にするかね~と用意をしていたら
廊下のほうから
「ちゃりんちゃりんちゃりん・・・・・・・・・・・・・」
と、鈴の音がした。
(この鈴の音は!もしかして?)
と、そ~っと廊下を覗き込んだら・・・・なんとふきちゃんが自ら出てきてくれていた!
『わぁぁふきちゃんだ!・・待って待って、驚かしたらダメダメ』
そう自分に言い聞かせて、猫用のご飯5匹分を用意する。

ふきちゃんのごはんのお皿を持って、そろ~りと廊下を覗いたら・・・すぐドアのところまで来ていた!
「ふきちゃんー ご飯食べようか?」
そっと、ドアの向こうに置いてドアをそろ~っと閉じる


【一生懸命に食べてるふきちゃん】



わぁ~
食べてくれてる。
しかもかなりいい喰いつきだわ。。。。。よかったなぁ(^^)

と、一人で写真を撮っていてふとふきちゃんの後を見たら
かずきとでるたがなぜか待機していた( ̄□ ̄;)・・・


【気が付くとふきちゃんの後に待機してるかずきとでるた】




絶対、ふきちゃんの食べ残しを狙ってるんだわ この2匹・・・・
ふきちゃん、頑張って全部食べてね!
と、心の中でエールを送る私。


【そんな私を不思議そうに見るでるた】

くりすー?何してるの?ねーふきちゃんのごはん、余ったらもらうね♪



15分ほどかけて
ふきちゃんは規定量をしっかりたべきってくれたのだった。
(もちろん、でるたとかずきの食べる分はない(笑))

ゆっくりゆっくりだけど
確実にこうやってご飯を食べてくれているんだと本当に嬉しく思った。
そして、水飲んでトイレして・・・さすがに休憩はベットの下に行ってしまったが
また先ほどそろ~っと出てきて
かずきに甘えてきたふきちゃんだった。。

かずきに甘えるときだけは、尻尾がピンとしてすごくご機嫌さんなふきちゃん。
これが普段でも尻尾がピンとなってくれたらいいなぁ・・・♪
などなど、願望だけはどんどん広がっていく。

今朝まではすっかり信用もなくしちゃったかなぁ・・・と思いつつも
みなさんのコメントに励まされて
「気長にいかなきゃ!」
と決心したばかりのときの出来事だったので、すごく嬉しくて記事にしてしまった。


でも、週末はまたふきちゃん病院なので・・・・
きっと振り出しに戻るになるのだろうか、と思ってしまうとため息が出てしまうけど。


ふきちゃんの心にどんな変化があったのかはわからないけど
ちょっと嬉しい夜だった(^^)
また明日もこんな風だと嬉しいなぁ・・・
ちなみに
今ふきちゃんは、ちはやさんのそばで眠っていたりするのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.5

【ふきちゃんとかずき】




めちゃめちゃふきちゃん幸せそうやん~(*⌒∇⌒*)♪

昨日の夜は
ずーーーっとずーーーっとかずきのこんな風に一緒のふきちゃんだった。

かずきのそばだと、安心しきった表情で
見てるほうが照れてしまうほど
ふきちゃんはかずきにべったりと寄り添って眠っていた。
ほんとはこのときの動画も少し撮ったので載せようかと思ったのだけど・・・
動画サイト混んでいて時間かかりそうなんでやめます。
また明日にでも・・・・・・・・・・






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.6


昨日、載せれなかった動画






こんな風にふきちゃんがかずきといるところを
動画に撮れたのは嬉しかったー
だって、人間が近づいたら逃げるから。
猫屋敷ではきっとこんな光景も珍しくなかったのかもしれない。
けれど、我が家では貴重な貴重な画像なのだ。

でも、今日はまたやや家庭内野良猫状態に戻っている。
理由は昨晩体重を量ったから。
機嫌の良さそうなふきちゃんの体重を量ろうと抱っこしたのだけど・・・・
ふきちゃん、もうベット下からまた出てきてくれない(^^;
まぁ・・・でもしょうがないよね・・・と思っていたら、先ほどひょっこり出てきてた・・・(笑)
徐々にこうやって耐性が出来ていったらいいねぇ、ふきちゃん。

で、肝心の体重なのだけど・・・なんと 2.9キロに増えていた!
この一週間で800g増えている。
おぉぉ すごい
最初の3キロの体重を目標にカロリーを考えたのだけど
こんなに短期間で元に戻ってくるとは。
もう少しずつ体重戻せるようになったらいいなぁ(^^)






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.7

今日のふきちゃん


そして旦那より2個目のクレーム
「ふきちゃんは我が家へ来て12日だ!!」

昨日の記事のふきちゃんの体重のところで、我が家へ来て1週間で・・・と書いたのだが
わたしのすごい勘違いで
ふきちゃん、我が家へ来て12日目の体重測定だった(^^;
旦那に言われ、あ、そうっかーと餌の様子など見て納得。
そんなわけで
「我が家へ来て12日目の体重測定をしたら800g増えていた」
ということなのだった。



【今ドアのそばにいるふきちゃん】

ただいま2.9キロにゃり♪



さて、ふきちゃんなのだが
夜の11時半も過ぎてきたら、いつもそろ~っと居間へやってくる。
もちろん愛しいかずきを追いかけてくるのだ。
でも私と目が合ったら・・・・写真のように固まってしまう(^^;
固まりつつも、かずきやみんなのそばがいいらしく
そろりそろりと近寄ってくるふきちゃん。
可愛いです♪(^^)

今朝、ふきちゃんが久しぶりに猫ゲロを吐いた
あまりの声の大きさにびっくりして起きたら、胃液だけを吐いていたらしい。
(毛玉は混じっていなかった)
うちのかずきなどもよくあるのだけど
お腹がすきすぎて、朝になるとおえーーーっとしてしまうものだと思う
(人間でもお腹がすきすぎるとおえーーってなるのと一緒らしい(笑))
・・・ふきちゃん、おえーってするほどお腹すいたって
それ、すごくない?と思った。
そっか、きちんとご飯消化してお腹がすいてるのだろうな。
でもあまりに吐くとしんどいだろうな・・・と思い
ほんの少しのカリカリをふきちゃんにあげる。
明日の朝は吐き気がなきゃいいなぁ・・・・・・・・・・・・・・






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.9


今日のふきちゃん




【我が家に来た当初よりふっくらなふきちゃん・・・かな?】




先ほども一瞬だけこんな感じでかずきと寝ていたんだけど
私がトイレに立ち上がったら
ぴゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!
と逃げてしまった・・・・・・・・・・・・(^^;

人間を信頼していないわけではないふきちゃん
でも、自分に何かする?って感じでなかなか警戒心を解かないふきちゃん。
我が家の猫のタイプで言うと、ふきちゃんはちはやさんに似ているなーと思ったり。
(ちはやさんよりは肝っ玉が据わってるけど(笑))

我が家の旦那さんが、先日廊下に出てきて猫じゃらしで遊んでいるふきちゃんを見て言った。
「すごく可愛くなってる!」
って。
猫屋敷でふきちゃんを見たときは
口元もだらしなくて(ごめんねー^^;)
人間で言うと口角が下がった状態で目だけがびっくりした目だった、と。
「くりすはなんでふきちゃんを可愛いっていうのかわかんなかった」
と言っていた。
でも、我が家へ来て10日過ぎたふきちゃんは
旦那さんの最初の印象からは見違えるほど可愛い表情をするようになったらしく
「同じ猫でもこんなに変わるのか」
と驚いていた。

ごはんも私がそばで見ていても怖がらず食べてくれるようになってきたし・・・
もう少し時間かけたら、そろ~っと触っても怖がらなくなるかなーと思ったり。

ご飯のほうも、どんどん食欲が増しているふきちゃん。
最初は食べないし、他の猫のご飯のほうが好きな感じだったが
今は自分の食べるべき食事を摂ってくれている。
歯がないふきちゃんなのだけど
ドライフードのほうが大好き!っていうのが意外だった。
食べにくいんじゃない?と思ったけど、
ふきちゃん自身はドライ美味しい~~~と嬉しそうに食べている。
歯がないからたぶん丸呑みだとは思うんだけど
でも、歯がなくてもきちんと咀嚼しようとしているし・・・・・
ふきちゃんの食べる姿を見ていたらいじらしくなってくるのだった。

もっともっと人馴れしてきたら
みんなに抱っこしてもらいたいと思うのだけど・・・・・・・・・・
そうなれるように頑張りたいなぁと思っております。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.10

今日のふき@えっちゃん



お気に入りの猫じゃらしと一緒のふきちゃん


【ふきちゃんの縄張り(?)ベットの下にて】



ここでふきちゃんはごはん食べて
ここでこの猫じゃらしで遊ぶ。

何とかでてきてほしいなぁ・・・・・・・・とは思うのだけど
ベットの下はふきちゃんには安全だし(人間が手出しできないし)
大好きな場所なのだった。
逃げやすいし、隠れやすいし
人がいなきゃベットの上で眠れるし。

しかし、さすがに今日のように寒いとひょっこりと出てくる。
夜中などもひょっこり出てくる(笑)
思いも寄らないところでひょっこり出てくるふきちゃん。

でも、こうやって覗くだけで
居間までは来ようとしないのだった。。。





ずっとここから居間を見てるふきちゃん。
このふきちゃんを見た旦那が
「・・・・・・・・・・・これ、家政婦は見た!の主役の人みたいだ・・・・・・・・・・・・」
と言う一言から
ふきちゃんは「えっちゃん」と呼ばれるように(笑)
(市原悦子さんのえっちゃん)
いや、我が家だけの呼び方なのだけどね~(^^;

ふき@えっちゃん、これから冬になるし
少しでも暖かい場所へ出てきてほしいなぁと思うなぁ・・・
猫屋敷にいたときの9月末のふきちゃんの検査結果を今日メールで見せてもらったのだけど
うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って感じだった。
たぶん、十中八九慢性腎不全じゃないかと。
腎臓が悪いとこちらに来る前から聞いてはいたし
我が家へ来てからの多飲多尿の状態を見ていたら、たぶんそうだろうなと思ってはいたが。
数値だけで判断するとたぶんそうだろうなと言う感じだ。
さっきまでそのことについて、旦那にいろいろ教えてもらっていた。
ふきちゃんの症状はそれに全て当てはまるので
納得がいく。

そんなわけで
今日はふきちゃんの検査結果のこと知って
これからのことや餌のこと、色々考えた。

猫一匹の命だけど
されど猫一匹の大事な命。
うちに来たんだし、少しでも頑張って長く生きてほしいなー
・・・・・・・・・・・・と思った夜だった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2009.11.11

昨日のこと。






かずきとでるたが
じぃーーーーーーーーーーーーーーーっと見つめるその先には






はぐはぐはぐはぐ




一生懸命に晩御飯を食べるふき@えっちゃんの姿が。



【カメラの存在に気が付くふきちゃん】

んっ!?なにかしら??


いやっ、なんでもないよー
ゆっくり食べて食べて、ふきちゃん(^^)



そう?ぢゃ、遠慮なくいただきます!(ガツガツガツガツ





一度食べだすと一心不乱に食すふきちゃんなのだった(笑)

そんなふきちゃんの様子を、じぃぃぃ~っとまだ見つめているかずきとでるた。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美味しそうだね



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん、美味しそうだね




かずき:いいにおいだもんね
でるた:うん・・・食べたいなあ


とでも思っていたのか
でるたなぞ、足が一歩前へ!って感じで
今にもふきちゃんのほうへ突進していきそうだった(^^;


【そんな2匹の視線に顔をあげるふきちゃん】

・・・・・・・・・・何か(物欲しげな)視線を感じるわ・・・何かしら?



いやいや、ふきちゃんー
気にしないでどんどん食べてね!
いっぱい食べなさいー

ふきちゃんはついつい残そうとしちゃうので
「残さず、これも食べなさいね~」
と声をかける。
そうすると、ふきちゃんこちらを見ながらそろ~っと来て
残りのご飯も食べるのだった。

ふきちゃんって・・・・もしかして人間の言葉わかってるのかな?



・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★


【おまけの画像】





撮影してたら
隙を見て、ふきちゃんのウェットを食べようとしてるかずき

「かずきーーっ!ふきちゃんのは食べたらダメ!!」

と慌てて引き離したのだった(^^;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2009.11.14

今日のふき@えっちゃん



今日旦那が
「あ、えっちゃんだー」
という。
そろっと覗いてみたら、エッちゃん状態でふきちゃんが覗き込んでいた。



(なんだか掃除した後なのに、埃っぽく見えるのは何故ー?^^;)


このように顔だけ覗かせていたら
我が家ではふきちゃんのことを「えっちゃん」と呼んでいる(笑)
もっと居間のほうへ来ればいいのに~っておもうけど
えっちゃんにとってはなかなか勇気が要るみたいだね~^^;

がんばれ、ふき@えっちゃん!





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2009.11.15


以前の記事で
無題(思いつかなかったんで) その5(2009年7月19日)
にて
ねこ茶(またたび茶)のことを書いた記憶がある。

実はまだあのときのねこ茶のティーパックが残っていて
(いや、ちゃんとジップロック?で保存していたんで大丈夫だったよ~)
ふきちゃんにも飲んでもらおう!と旦那さんがいそいそとねこ茶を入れていた



【幸せのひとときのねこ茶~♪】





もう少し濃い色なのだけど
光の加減でこんな感じになっちゃった。。。。。




【撮影してたらぬっとやってきたちはやさん】

いいにおいー




【香りにつられて少しばかり飲むちはやさん】




あれー美味しいのかなー?と思っていたら
少しばかり舐めたら、さっさと戻って行っちゃった(^^;

前は舐めなかったけどなぁ?
今回は少し暖かいお湯で入れたから飲んだのかなー?
と思っていたら



【こなつたんもやってきた】

・・・・・・・なんかにおいがするわ


以前は匂うだけで舐めることのなかったこなつ。
今回はどーかなーと思っていたのだけど・・・・・・・・・・・




スピスピスピ・・・・・・・・・・・・・



しばらーく匂いを嗅いで、そのまま居間にもどったこなつ。

やっぱり飲まないか・・・と私も一緒に居間に戻ったら
なんとまぁ、こなつたん・・・・・・・・・・・・・・・・・・クネクネと酔っ払っていた(笑)



【私の椅子が臭いのかもしれないけど^^;たぶん酔っ払ってるこなつ】





しばらく、こんな風にくねくねとしたあとは
放心状態でぽや~んとしてたこなつ。







うーん^^;
こなつは匂いだけでこんなに酔っ払うのかー・・・・
可愛いやん~♪



そして、でるたにもねこ茶を持っていったけど
やっぱり興味を示さなくて




・・・・・・・・・これは・・・・・・・・・何?


でるたにはやっぱり、ティーパックそのもののほうがいいのかな・・・^^;?


かずきに至っては、ねこ茶どころか爆睡中だった(笑)








そして、本当はふきちゃんに少しでも
もっと水を飲んでもらおうと思って入れたまたたび茶。

ふきちゃんの反応は・・・・・・?というと



・・・・・・・・・・これ、なにかしら?



これねー ねこ茶っていって、またたびのお茶なんだって~
どうかなーと思って♪




ねこ茶・・・・?


そう。
少し飲んでみて~



・・・・・・・・・・・・・そして、少し飲んだふきちゃん



んー??・・・・・・・・なんか不思議な変な味!?



ってな顔して
ベットの下へもぐって毛づくろいを始めてしまった(^^;


とりあえず、今晩一晩は廊下の水飲み場へ置いてみよう。

飲んでくれていたらまた入れようと思うし
不評だったら・・・・・・・もう入れなきゃいいし(笑)

明日の朝が楽しみなり♪






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2009.11.17

食器棚の上で

がたん!どたん!!

という、派手な音がした。

猫がいるんだなーと思って椅子の上に乗って
目に入った光景が以下の写真たち。



【なんだかよくわからないけど怒っているこなつ】

かずき:まぁまぁ 落ち着きなさいって
こなつ:なによぉ!しゃーーーーーっ!!



【威嚇されてるのにやたらと冷静なかずき】

かずき:かんしゃくは良くないよ?こなつ
こなつ:なによぉ!なんでそんなに冷静なのよーーっ!





かずき:いや、そんなこと言われても・・・なんでやろね?
こなつ:かずきじぃじのバカァァァ!!!!



・・・・・・・・・とこんな感じだった2匹。

なんでこなつがこんなにかずきに怒ってるのか
原因など全くわからなかったけど、写真を撮りながら思ったのは

「・・・・・・・・・・・・・ってか、なんでそんなに冷静なの?かずき?」

ということだった(^^;




【喧嘩の最中、妙に冷静なかずき】




こなつなんか片手であしらえちゃうかずき。
すごいわ~・・・と感心してしまった。
なんだか悟りの境地に来てるのかな・・・・・と思ってしまったほどだ。

猫、14歳にして悟りを開く

もしくは

猫、14歳にして戦わずして勝つの極意を知る。
(戦わずして勝つ、ってこんな意味だっけなぁ?)

・・・・・・・・・・・・・・・書けば書くほどど自分の馬鹿加減を広めそうなので、止めときます^^;


結局、しばらくこなつが威嚇しまくっていたが
かずきは知らん顔で
最後にこなつに猫パンチを食らわせて、勝負は付いたのだった^^;

14歳の猫といえど、こんなにしっかりしてるんだもんなぁとやたらと感心した。




【戦い終わって降りてきたこなつ】

なんだか負けて悔しいわ~・・・・
何が悟りよ!次は絶対勝つわ!!




と、言わんばかりの気合の入った表情のこなつたん(^^;

(いやーん、可愛い顔なんだからさぁそんな怖い顔しないでよ こなつー;;)



そんなこなつを、下から見上げる視線がひとつ・・・・・・・・・・・・・・・
ふと見たら
ふきちゃんがこなつを見上げていたんで、こっそり腕だけ伸ばして撮ってみた。


【きょとんとした顔でこなつを見るふきたん】

・・・・・こなつさん、なんで怒ってるのかしら~・・・・・・?



・・・・・・・・・・ふきちゃん、このドタバタを見ていたみたいで
不思議そうにこなつを見上げていたのだった(笑)

そうだよね~
ふきちゃんは、恋しいかずきのそばに行きたいのに行けなくて
勇気を振り絞って近づいてる毎日なのに
愛しいかずきに喧嘩をふっかけるこなつを不思議に思うのかな?


妙に悟りを開いてるかずきに
おきゃんなこなつ
そしてかずきに恋焦がれる(?)ふきちゃん

・・・・・・・ふむ、猫それぞれな感じで面白いものだなぁと思うのだった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2009.11.20

今年の10月25日に我が家へ一時預かりでやってきたふきちゃん。

そろそろ一ヶ月だなぁ・・・・・・・・・・・と思いながら写真を見直していたのだけど。


【来たばかりのころのふきちゃん】




このころは、かなりふきちゃんの体重が減っていた時期だったらしく
我が家へきたときは2.1キロという体重しかなかった。
我が家へきたとき、洗ったのだけど
ほんとに細くて細くて。
ちなみに、ふきちゃんはメス猫の割にはしっかりした骨格だと思う。
顔も大きいけど、それに負けない体長も体高もある。
骨格だけなら、ちはやさんといい勝負だと思うのだけど
体重が全く追いついていないがりがりのふきちゃんだった。
(人間で言うと・・・・・・165センチぐらいなのに30キロ半ば~後半ぐらいしかない感じかな)




そして、下の写真は一ヶ月経った先ほどのふきちゃん。
(撮り立てですw)

【ちょっとふっくらな感じかな~?】







こんな風に
写真で見てもなんとなくふっくらな感じが伝わるかな?

この一ヶ月、とりあえずカロリーをとってもらわなきゃ!と
200キロカロリーを目標に腎臓食のレトルトとドライフードをあげて様子を見た。

ドライは一日80~90キロカロリー、ウェットは一日1袋(約140キロカロリー)と決めて
最低一日3回に分けてあげることにした。
(回数は多ければ多いほどいいかなと思って)
ちなみに、ふきちゃんは腎臓が悪い。
白血球数・クレアチニンの数値が多く、HCTはかなり少ない。
そしてふきちゃんは多飲多尿。
これだけの数値とふきちゃんの症状を見ても、おそらく慢性の腎不全だろうなと想像が付く。
とりあえず、体力つけてもらわなにゃね~とご飯をあげることに。
そして水分も取ってもらわなきゃ、と考えた。
猫屋敷のボランティアの方にいつもあげていた方法を聞いてそれに近い感じであげる。
ただし、ドライとウェットは別のお皿に入れてあげる。
実は、ドライをふやかしたのはかなり嫌みたいで絶対食べようとしなかった^^;
歯が一本もないのでそのほうがいいかと思ったのだけど・・・・・
でもドライは好きだし食べたい!ってことなので、
ドライを一皿、ウェットをかなりつぶしてお湯を入れてスープ状にしたものを一皿の計二皿尾をふきちゃんの前に出している。
慢性腎不全はなるべく水分を取ってもらうようにしなきゃいけないとのことで
とりあえず飲み水以外でも飲んでもらえるように、ウェットはスープ状にするということだけを考えた。
そして、だいぶ食事にも慣れてきてくれたので少しずつ野菜のペーストや鹿肉やらなにやらを
一日に一回だけウェット餌に混ぜてあげている。
これがまた食いつきがいいんだわ~(笑)
そりゃ体に良いって言っても、毎日毎食同じご飯は嫌やろなぁ・・・と思うよ。
おかげさまで、少しふっくらしたふきちゃん。
途中で量ったときは(2週間ぐらいのときかな)2.9キロまで増えていたので
今は・・・3キロ少しありそうな感じだ。
ただ、クレアチニンの数値が高いということと(たぶん)高齢なこととで
後駆はかなり細く筋肉は落ちていると思う。
今後は様子を見つつ、太らせすぎないようにしなきゃな・・・というのが課題だろうな。。。

そして、ふきちゃんって高齢だと思っていたんだけど
ひげの感じや逃げ足からして、そこまで高齢じゃないと思う。
かずきやちはやさんよりは若い感じがするので
・・・おそらく年齢行ってても10歳ぐらい?な気がするのだ。
そんなわけで、我が家では「ふきばあちゃん」と言う呼び名は禁止(笑)
ふきちゃん、または えっちゃんと呼ぶことになっている。



そんなふきちゃん、一ヶ月近くたってかなり元気に遊ぶようにもなってきた





※旦那さんのシャツがズボンの中に入ってるとか(笑)
 なんだか服が脱いで散らかってるとか
 ペットボトルが転がってるとか、気にしないでスルーしてみてくださいね!(笑)
 だって、そっちは旦那のテリトリーなんで私は介入できません!(笑)



メス猫特有なのか、性格なのかはわからないけど
獲物を自分のテリトリーに持って行こうとするふきちゃんなのだった^^;
こなつもこういう癖があって、自分のテリトリーに獲物を運ぶ。
我が家のオス猫にはそういうのがないので・・・・
たまたまそういう性格なのか、メス猫ならではの性質なのか・・・・どっちなのかな?と思ったのだった。


そんなわけで。
だらだら、長々書きましたm(_ _)m
ひとまずふきちゃんに関しては
今は体重の管理と、お水飲んでもらうようにしていけば大丈夫かなと思う。
もう少し慣れてくれて、いい感じになったら
病院に行きたいなーとも思ったり。
ほんとは早くつれて行ったほうがいいのかもだけど
きっと今の状態で連れて行ったら・・・また元の木阿弥になってしまいそうだし。
ふきちゃんにもストレスなのかなと。
これ以上はちょっとストレスかけるのもどうかと思うので
今は現状維持を目指したいと思う。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.21


今日のふきちゃん メモ


えーと、昨日のふきちゃんの記事で
「3キロ弱はありそう~」
と体重のことを書いたけど

実は今日、夜ご飯の後に計ってみたら、なんとジャスト3キロだった(^^;

このまえの2.9キロからは0.1キロだけ増えていたということだった。

ふきちゃんはすごく嫌そうだったけど
抱っこさせてもらったらすごく軽かった。
3キロって言うと、こなつより軽いんだもんなぁ・・・と思う。
(こなつ3.8キロ)

しかも、抱っこして体重量っただけなのに
また少し家庭内野良猫状態で、ベット下にもぐっちゃった^^;
でも前回のときと比べたら、全く問題はなくて
今もそろ~っと出てきているので
少しずつ嫌な事への免疫が出来てきてるのかなーと思うのだった。。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.11.24



昨日の夜はおんにゃのこ猫がやたらと元気で

こんな風にこなつとふきちゃんが揃って猫じゃらしを狙っていた



【真剣に猫じゃらしを見つめる2匹】



【次の瞬間、こなつが先に猫じゃらしを狙ってダッシュ!!】



【あたしも頑張らなきゃ・・・と思ってるっぽいふきちゃん(?)】




こなつに先を越されて
ふきちゃんも猫じゃらし獲得へダッシュする!(笑)




【捕らえて!】

あたしだって


【くわえて!】

このくらい


【逃げる!!!】

できるのよっ!!!




うわーー
すごい(笑)
相変わらず、ふきちゃんは獲物をテリトリーに持って行こうとするだけで
ここでは遊ばないんだよねぇ^^;
やっぱり、警戒心いっぱいだからかな・・・
と、思いつつ写真を撮る私。

旦那さんはふきちゃんから猫じゃらしを返してもらって(笑)
また遊ぶ。
こなつと遊び、そのあとふきちゃんと遊び・・・・・・・・・・・・・・・
メス猫2匹、ずーーーっと遊び通しだった夜だった(笑)


【ふきちゃんのあと、また遊ぶこなつ】






そして、オス猫3匹は?と言うと・・・・・・・・・・・・・・・・





彼女達には敵わないから。



ってな顔で、私の横にいるじじ猫ズ(笑)

まぁ、遊び方は確かに女の子たちはタフで力強いもんねぇ^^;



そしてでるたは、と言うと・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・くりすー・・・お腹すいた。




さっき食べたばかりなのになぁ・・・

たまたま置いていたふきちゃんのご飯皿の前でたたずむでるたんだった・・・・







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2009.11.27


もうすぐ年末を迎えるわけだけど
今年は一匹増えて5ニャンズと人間2人で年末年始を迎える。

最初はなかなか出てきてくれなかったふきちゃんだけど
最近はひょこっと出てくることも多くなり
羽根のおもちゃなどが好きらしく
我が家の若者黒猫2匹に混じってよく遊んでいる姿もみる。
今日は頼まれた印刷物を印刷しているときに
プリンターの音が気になったらしく
ずーっとプリンターのそばに行きたいなぁ・・・・って顔しながら
居間の入り口付近にいたり(笑)

知らない音、知らないもの、なんでも興味があるみたいで
他の猫の様子を見ながらふきちゃんもそろ~っと出てきて様子を伺い、
たまには手を出したりする姿がすごく可愛らしいのだった(^^)

来年は寅年だから、トラ柄のふきちゃんとかずきの年賀状の柄にしようかなと思ってるけど
さて、どうなることやら^^;
なんせ、ふきちゃんの写真ってこういうのしかないんで
         ↓

【こういう感じの角度の写真ばかり^^;】



さてさて、どうなることやら、って感じだ。

そそ、ふきちゃんなんだけど
最近柄が濃くなったような気がする・・・・・・・・・・・・・?かな?と。
茶色の部分や黒い部分が濃くなり
その影響で、口の周りの薄い白っぽい色が目立ってきてるな~・・・と思う。

しかし!
なかなか上手く撮れないので、私の勘違いなのかな?・・・・と思ったり。
んんー
今度きちんと上手く撮れたら載せますね~






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2009.11.30



昨日はでるたと一緒に、こんな風に遊んでいた。


【旦那にパーカーの間から猫じゃらしを出したりしてもらって遊んでいるでるたとふきちゃん】






いやー
ふきちゃんも元気いっぱいやしねぇ
遊ぶねぇと嬉しく思ってしまう私。

しかし、ちょっと前からまたちょくちょく吐いていたのだけど
今日は夜に食べたのを
思いっきりげーっと吐いていた(^^;

いや、そんな一気食いしてた感じもないのに
げろろろrrrr-とかなりの量だったので驚いた。
夜2回目のご飯はビオフェルミンとラキサトーンを入れて混ぜてあげてみた。

これは吐き戻すことなく大丈夫そうだった。

はー
猫は吐く動物と知っているしわかっている。
わかってはいるのだけど
けど、他の4匹のケースと違って
ふきちゃんの場合は少しでもご飯を栄養にしてほしいので
吐き戻すことに関してはちょっと気になってしまう。
あと、吐くと肝臓なども負担かかるしね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 3

2010年05月04日 | ふきちゃん まとめ

2009.12.1


今日、猫の雑誌を読んでいたら
猫の瞳の色に付いて載っていた。
(雑誌名は・・・なんだったっけ?覚えてないです^^;)

で、その猫の瞳のところに書いてあったことが
(ちょっとうろ覚えなのだけど・・・・・・)
猫の目は色々な色があって
金色、緑色、黄色、ブルー、オッドアイ・・・と様々な色があるが
基本的に「雑種の猫は黄色~緑色の瞳が一番多い」そうだ。
そして、その中でも茶色に近い濃い色の瞳の猫は
野性に近い・・・・・・・・・・・・・・と書いてあった。

へぇぇぇ そーなんやぁ。。。
うち、みんな雑種やけど、そんなしっかり色見てないかも。
ちょっと見てみよう。
茶色・・・って言ったらこなつがそれっぽいけどね~?

と、帰って我が家の猫の瞳を見てみた。




【かずき】


かずきは黄色から緑色の混じった色だが
ちょっと濃い目の色。




【ちはやさん】


かずき同様、黄色から緑色なのだけど
外側が薄い黄色で目の中心部にかけて緑が濃くなる感じ。
ぱっと見たら、全体的に薄い緑色




【でるた】


メロンソーダアイスの色(笑)



【ふきちゃん】


ふきちゃんもグリーンっぽい色。
かずきに近い色目かなぁ・・・・・




そして、こなつなのだけど。


【こなつ】



兄弟みんな、こういう感じの茶系の瞳。

たまにカメラの光の加減などで金色っぽい瞳に撮れることもあるけど
基本的に普段の色は、ほんとに鳶色と言うか・・・・・・・・・・
他の猫のようにグリーン系が混じっていない落ち着いた茶系の色の瞳のこなつ。

「茶色の瞳の猫は野生に近い」
とその雑誌では書いてたけど
そうなのか?と、ヤマネコなどの画像を見てみた。
なるほど・・・・たしかに茶系の瞳の色だ。

そんなわけで、こなつたん
我が家で一番野性に近い瞳の持ち主ということが判明した(笑)
もしかしたら性格も食い意地も
かなり野性に近いかもしれないね♪

みなさんのところの猫ちゃんたちはどーでしょうか?





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.2


みなさんもなんとなく思っていると思うんだけど
ふきちゃんはこの場所にいることが多い。



【ふきちゃんのお気に入りスポット?】



ほんと、ここに結界でも張ってあるかのように
なかなかここから居間の方へとふきちゃんはやってこない。

(ただし、おもちゃで遊ぶときは別!)


そして旦那は考えた。
寒い廊下でたたずむふきちゃんに、少しでも暖かく過ごしてもらえる方法を。

思いついたのがこれ。








ふきちゃんのいる場所に
「長座布団」を敷いてみた!




【想像している正しい使い方】



こんな風に、ここでふきちゃんが寛いでくれたらいいな~って思ったりしていたのだけど・・・・・・・・・・・・・・

結局その日の夜はふきちゃん出てこず(^^;

そして次の日もこの状態で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【だーれも使ってない長座布団・・・・・・・・・^^;】



正直、歩くのに邪魔臭い・・・・・・というとアレだけど
そんなに我が家の廊下は広いわけじゃないし
廊下に長座布団置くと、そこの上を歩かないように気を使わなきゃだし。
ふきちゃんが使わないのなら元の位置に戻そうかと思ったのだけど
旦那はふきちゃんが寒いと困るからと、この場所に置いたままだった。
(・・・・優しいねー)

そして、その深夜のこと。
やっとそろりと出てきたふきちゃん。
それまでも出てきてはいたんだけど
いきなり置かれたこの長座布団に警戒していたらしく近寄らなかったのだ。
このときにやっと近づいてきて


【こんな風に】




【ちまっと前脚おいて♪】

・・・・・・・・・・・・案外いいかも♪


うぅぅーん^^;・・・・
微妙に使ってほしい方法が違う気もするけど
まぁふきちゃんがそう使いたかったらそれでいいかなーと
写真を撮りながら思ってしまった(笑)


でも、やはりドアの辺りから居間の方へはやってこないふきちゃんなのだった。

だいぶ出てきて遊んでくれたりはするんだけどねぇ
なかなか人間にはまだまだ慣れてくれないもんだなぁ・・・・・・・






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.3



今日のふきちゃん





先日、11月20日の記事「ふきちゃんのこと(一ヶ月ですな~)」でふきちゃんの体重が2.9キロと書いた。



12月に入り、ますますふっくらしてきたふきちゃん。



【きちんと長座布団の使い方を学んだふきちゃん(≧▽≦)】




昨日の記事の、この長座布団も
今日ふと見たら、こんな風に正しく使ってくれるようになっていた!!
(きっとでるたんがここでいつも座ってるの見てたから!?w)

この写真見ても結構ふっくらしてきてる感じがしたので
意を決して、さきほど体重測定を。
12月3日現在3.1~3.2キロの体重だった!

おぉぉ増えてる~
すごいすごい!と嬉しくなった。
たかが0.1キロでも0.2キロでも
ふきちゃんにとっては大事な数字だ。

ふきちゃん、ここ最近かなり食欲も出てきている。
最初の設定したカロリーより、かなり多く摂取している。
しかし。
この一ヶ月ちょっと、様子を見ていたら
腎不全の症状の多飲多尿で飲んだら飲んだ分、排泄していて
排便のほうはかなり猫としては形もよく
体型の割りにかなり排便の量も多いと思う。
ほんとに、2~3キロの猫の排便量なのか?と疑うほどの量だ。
我が家の5キロのちはやさん、かなりの快便なのだけど
そのちはやさんと良い勝負の量だなぁ・・・・・といつも猫トイレを掃除しながら思ってしまうのだった。
きっと身に付かずほとんど排泄しているのかもしれないなと思うが
そんな中で少しでも体重が増えてくれてるのはかなり嬉しいことなのだった。

こんなふうに、少しずつでも
今の体重以上か3キロをキープしてほしいなぁ・・・

ふきちゃん、頑張ろうねぇ(^^)






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.7


今日の写真はこれ♪



【北の部屋の猫ベットで爆睡中のふきちゃん】

※クリックで大きくなります。(あんまり良い画像じゃないですが^^;)


外は寒くて今日は一日小雪がちらついていた。
そんな日のこの部屋は非常に寒くて(^^;
そんな寒い部屋にある猫ベットで熟睡中のふきちゃんなのだった。。。。。
この部屋に入ろうとしたら、入り口からこの姿が見えたので
慌ててカメラを取りに戻ったのだ。
気配に敏感なふきちゃんが起きないようにとソロリ・・・と写真を撮る。
普通のケースだと別に普通の寝姿なのだけど
ふきちゃんに関しては、非常に珍しい寝姿なのだ。
だって、人がいると即逃げてベット下のふきちゃんハウスで寝てしまうので
こんな無防備な寝姿を私もはじめて見た!
「・・・・・・・・・・可愛い・・・・・・・・・・・・・・・・
あまりに無防備に眠って可愛くて。
そんな寝姿に、私のほうが動揺してしまったのだった。

最近のふきちゃんは
猫じゃらしの鈴の音を聞くと颯爽とやってくるようになった(^^)
そして、こなつやでるたに混じって一緒に遊ぶ。
ご飯も他の猫と一緒に足元でねだるようになってきた。
まだ食べるときなどは警戒心が多いけど
30センチぐらいの距離にいても、食べてくれるようになった。
そして、びっくりしたのが
ふきちゃん我が家の猫たちと追いかけっこ?をするようになったのだ!
さきほどは、こなつと追いかけっこしていて(笑)
途中からでるたも加わって、えらいことになっていた。
「ふきちゃん、元気やねー・・・・めちゃめちゃ遊ぶやん(笑)」
と思うほど、彼女は元気!
最初は威嚇していたこなつも、ふきちゃんと遊ぼうと思ってくれてよかった♪
ほんとにこういう変化をみていたら
「すごい進歩だー・・・・・・・・・・・・・」と思う。
ただ・・・・・・・・・・・・・・・・・人間様にはなかなか慣れることがなく、まだ触るには至らないのだった。
ふきちゃん、勘が良いのか触ろうかなーという人間の邪な(?)雰囲気を察するのか(笑)
そういうときは、ささっ!と逃げてしまう(^^;
なかなか距離は縮まらないねぇ・・・と思うけど
ま、それも良しとするか、と。
一ヶ月でこんなに馴染んでくれたふきちゃんだもの。
そのうち私達人間にも慣れてくれたら良いかな・・・と思っている。


そんなわけで
今日は独り言、いっぱい書きました。

もしここまで読んでいただいた方がいらっしゃったら
ありがとうございますm(_ _)m






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2009.12.9


猫の好物


猫それぞれに好物があるのだと思うけど
我が家は最近嗜好がみんな似てきたんで、わりとおやつなどあげやすくなってきた。
(でるたんだけは、たまにすごくわがままになって困るが^^;)


今日は牛乳が賞味期限一日ほど過ぎたのが丸一本あった。
私は牛乳を飲まないので
賞味期限を一日過ぎた牛乳が飲めるのかどうかわからなくて怖かったんで
とりあえずカッテージチーズに作り直した。
作りたての粗熱をとったものを、猫におすそ分けにする。
かずき、ちはや、でるた、こなつは大好きなので食べるのはわかっていたんだけど
ふきちゃんってどーなんだろう・・・・・・・・と思いながらあげてみた。
最初は手からあげようかと試したが、さすがにふきちゃん、近寄ってこない(^^;
しかたないので、パウチをつぶしたものの上に少しトッピングしてみた。
すると・・・・・・・・・・・・
思った以上に食べる食べる(笑)
チーズも口にして一瞬「?」って顔をしたものの
そのあとは迷うことなく食べていた。
すごいねー・・・
めっちゃ雑食ふきちゃん、ステキだなぁと惚れ直したよ(笑)





いっぱい食べれ~♪







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.11



【結構ふっくらーな柔らかい毛並みになったよー♪】





そしてふきちゃんなのだけど
ここ最近、なんだかかなり進歩(?)してきたのだけど
その話はまた今日の夜か週末に。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・★ 昨日の続き ・・・・・・★


昨日は、ちはやさんと同じ猫ベットの中にいるふきちゃんを載せたが
普段はかずきと一緒に寝てることが圧倒的に多いふきちゃん。

昨日も夜中にふと横の猫ベットを見たら
こんな風にふきちゃんがかずきの寝ている猫ベットへやってきて
「よっこいせ」とかずきの上に乗り上げてくつろいでいた(笑)
(・・・・なんか寛ぎ方間違ってないか?ふきちゃん・・・・・( ̄□ ̄;・・・・)

実は、最近かなり頻繁に一緒に寝ている姿を見かけるようになった。


しかも!いつもかずきの真上にがっしりと眠るふきちゃんなのだった・・・ (´・ω・`;;


【かずきの真上にどっしりと座り込むふきちゃん】

・・・・大好きなかずき様の上に座れる幸せ・・・・・






なんだか、カメラで撮られてる気もするけど・・・・






一緒にいられるならそんなの気にしなくてよ!! キラーン










なんだか写真撮ると普段はすぐに構えちゃうのだけど
かずきといるときは、こうしてうとうと眠ってしまいそうになるふきちゃんなのだった。
写真を撮りながら
かずきはふきちゃんを重いとか思わないのかな?と思ったのだけど
良ーーーーく考えたら、ふきちゃんの体重ってこなつより軽いんだっけ・・・と思い出した(汗)
ちなみによくかずきと寝ている黒猫2匹の体重なのだけど
でるたん5.5~5.6キロ、こなつ3.8キロ・・・とこんな感じ。
いつも、かずきの上にこの2匹が上にどっしりと寝ているわけだから、
3キロ前後をウロウロしているふきちゃんがこうして眠っても重さを感じないのかも、だな(笑)

そんな感じで、なんとか家猫っぽい感じになってきたふきちゃん。
体重は3キロ前後を行き来していて
日によってまちまちだけど「2.9~3.1キロ」をウロウロしている。

細っこいふきちゃんだけど、好きなものにはほんとに積極的なのだなというのを最近発見。
猫じゃらししかり、かずきしかり。
他の猫の存在など目にも入らないほど、
好きなものには、まっしぐらなふきちゃんなんだー・・・とよーくわかった一ヶ月だった(笑)
そんなふきちゃんを見ながら、旦那がさっき言ったひとことが
「ふきちゃんって、猫屋敷ではどうだったんだろうね?」
とぽつり。
そいえばそーだよね?
最初はもっと弱々しいふきちゃんを想像していたけど、
我が家で見る彼女は、かなり精神的にたくましく一途な熱いメス猫だった。
(体はタフではないと思われるけどね^^;)






追記::::
そして・・・・今の我が家の猫の現状としては
ふきちゃんがかずきにラブラブなんで
こなつ、でるたん、ちはやさんはちょっぴし淋しそうなのだった・・・・・・・・・・・(汗)

またその話は後日に!!!

・・・・ってか、なんでかずきってそんなに猫にモテモテなんー(´・ω・`)!?





        

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.14


にゃんずの夕飯のあと、ドタバタとみんな走り回っているなぁと思っていたのだけど

急に静かになったのでなんとなーく横を見たら
こなつが横たわっていた(汗)



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(|||_|||) こなつ。女の子なのになんて格好・・・・・・・・」





いやーん、ほんっと疲れたわー




けっこうふきおばちゃん、頑張るんだもん・・・




あたしのほうが疲れちゃった



そんなこなつの視線の先には・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふきちゃんが、爪とぎの上にちんまりと座っていた(笑)



【こなつの視線の先にはふきちゃんがw】




ふきちゃんと追いかけっこしてたのか~
ってか、ふきちゃんは涼しい顔だけど
こなつのほうが先にばてるなんて・・・・(汗)
こなつ、大丈夫?



ちょっと休憩するわ・・・・・・ふきおばちゃん、ほんとに平気そうだわね・・・



案外こなつのほうが体力なかったりして・・・(クス




ってか、くりすこのこと記事にするんでショ!やめてよねー・・・(-"-)



ほほほ
もう写真も撮っちゃったし(笑)
もちろん記事にさせてもらうね♪



実はこなつたん、子猫の頃からこんな風に遊ぶとすぐにスタミナ切れで倒れこんでしまう。
子猫の頃は「小さいししょうがないよねー」と思っていたけど
今は大人になって4キロ近くあるにもかかわらず
こうして遊んいていきなりバタン!と寝転がって、息が上がってしまうのだ。
(同じように遊んでいるでるたやふきちゃんなどは、全く息が上がっていないのに・・・・)

ちなみに寝ていても急に呼吸が速くなったりして
心臓がすごく早く動いてることもしばしば。
呼吸も速くなっているんだけど、しばらく数分したら落ち着くのだった。
それを気が付くと繰り返すこなつ。
コレは猫としては普通なのかな?と疑問に思いつつも
健康診断は何もなかったし・・・大丈夫かな?と考えたり。

ま、すぐに復活するんだけどねー
時々心配になっちゃうのよねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2009.12.17


かずき、14歳の冬

旦那のお腹のクッションの上で
まったり過ごし中~♪





フカフカやん♪クッションいいね~




かなり気に入っているらしいこの旦那のお腹の上(笑)

かずき、ずーっとここの上でマッタリと過ごしていた。











かずきち、14歳。
・・・・・・・・・・・・・には見えないよねぇ(^^;
来春・・あと3ヶ月もすれば15歳のかずき。
もーーーっ 相変わらず食い気も色気もある猫だなーーーって惚れ惚れしてしまう


甲状腺機能亢進症の薬は今は少し増やしてもらっている。
今まで一日に半粒を一個飲んでいたけど
先日の検査結果の後は、3日ごとに一粒を飲んでいる。

そうやって体に負担をかけないように、でも甲状腺の状態を抑えていくという感じだ。

でも、今日帰ってきて玄関に出迎えに来てくれたかずきの体を抱っこして驚いた。
「うわ、めっちゃ軽い!?」
って思った。
でるたと見た目そんなに変わらないのに、でるたのずっしりした重さはなく
ほんとに片手でひょいと抱えれるような軽さだ。
下手したらこなつのほうがずっしりな感じがあるもん・・・・
体重の数字だけならこなつとかずきだと、断然かずきが重い。
でも。そんな問題じゃなくてね
やっぱり高齢とかなんとかで、筋肉落ちてるんだなーと実感してしまった瞬間だった。


旦那のお腹の上のかずきの写真を撮っていたら
廊下にいた2にゃんず。


【でるたん&ふきたんー♪】




あらら、珍しいね~
2匹揃ってそこで見てるんだねぇ(^^)




 ・・・・・・・・かずきじーじ、僕とは寝てくれないのに・・・・・・・・・・・・・・・・・


 かずきさま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



もーーーーーっ(^^;
ほんまかずきってばモテモテやねぇーーーっ(笑)




・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★




それから、少しだけだけど
かずきとふきちゃんの動画です

結構ラブラブにゃりよ


ちょっと音楽出るんで気をつけてね~♪





最近のふきちゃんは、体重3キロ前後から増えることはない。

でも、食欲は旺盛。
腎臓の機能がかなり悪いんだろうというのは数字の上からわかっているので
多飲多尿はしょうがないか、と。

でも見た目だけはすんごくふっくらです。
別の猫みたい。
ご飯のおかげもあるのかもしれないけど
かずきという存在が
今のふきちゃんには大きな存在なのかな、と思うのだった。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.19


昨日の昼間は全く雪の気配などなかったのに
今朝は除雪機の音がするほど、一晩でさっくりと降っていたらしい。


【カラスも雪の中を散歩♪】







今年も猫の足跡を撮ろうと窓を開けたら
珍しく一番乗りでやってきたのがかずきだった。











あまり冷たいとか気にすることもなく
さくさくと雪の上を歩くかずき(笑)


【この冬初めてのかずきの足跡~♪】





次はこなつたん。
雪の上は冷たいからあまり歩いてくれなかったけど(汗)






でもこんな感じで可愛い足跡だったよ。


【この冬初めてのこなつの足跡♪】







次はでるたの足跡♪
かなりまぶしかったらしく、ずっとムッスーとしたままのでるただった(笑)






【大きな体の割りに、うっすらな足跡のでるたw】





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、ちはやさんはと言うと・・・・・
外に出ようとしていたけど
あまりの寒いのと、外から聞こえる音を怖がってしまって
結局出ずに終わってしまった(^^;


【ちょっとドキドキな顔だったちはやさん】



まぁ冬は長いし、また気が向けば外に出るでしょ。
またそのとき足跡見せてね(^^)




・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★





・・・・・・・・・・・・で、嬉しかったことがひとつ!


コレ ふきちゃんの足跡! なのだった~
       



みんなが外へ出てウロウロしてて
楽しそうな気配を察知したふきちゃん。

そろ~っとベランダへ出てきて、雪の上を歩いていたのだった(≧▽≦)

ふきちゃんの初ベランダの姿を写真に!!!と思ってカメラを向けた瞬間
近所の道路で大きな音がして
ふきちゃん、慌てて部屋に入ってしまったのだった(汗)

・・・・・・・・・・・・でも足跡残ってる・・・・・・・・・・・・

そんなわけで、ふきちゃんの足跡を撮影して終了~

部屋へ入ったら、ふきちゃん冷たかったのと音にびっくりしたのとで
変な顔だった(笑)


【ずっとこんな顔でしょぼしょぼしてたふきちゃん(笑)】



まさか、みんなと一緒に外へ出ると思わなかったので
ちょっとびっくりだったけど
ふきちゃんの初足跡も撮れてよかったなぁと思った(^^)

また一緒にベランダ出ようねぇ♪







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.23

 
掃除機をかけているとき
みなさんちのにゃんこはどこにいますか?

って、いきなり質問で始まりまったのだけど(笑)
今日の午前中に掃除機をかけていて、猫がいるだろう居間に行ったら
我が家のニャンズが寝ていた。

いつもは起きているんだけど、今日は眠そうに猫ベットにいるのが2匹・・・・




【掃除機フル回転中の2にゃんず】




・・・・・・・・・・・・・・・んーと、逃げないのかな・・・^^;?

掃除機かなりうるさいけど、あいかわらず逃げないね(汗)
かずきなんて、ずーっと熟睡中で
掃除機の音も聞こえてないかのように、びくりともせずに眠り続けている(汗)


「・・・・・・・・うるさく・・・ない?ってことかなー?^^;」



うるさいけど、怖くないもの(キリリリッ!



こういてる間も、掃除機はずっとつけっぱなしだったんだけど
こなつは動じることもなく
こんな風にちまっと座っていた。


「でもさぁ、こなつって昔はこの掃除機追いかけて遊んでいたじゃない?今はしないの?」




だって、これ遊べないじゃない?だから興味ないのよね~



あのね。かずきじぃじ、寝てるしあっち行ったほうがいいんじゃない?
私: ・・・・・・・・・・・・そーですね^^;ごめんなさい・・・・・・・・・・・・・・




なっちゃんの、そっけない態度に謝りつつ
周りを掃除してふと廊下を見る。


「あ。ふきちゃんとちはやさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・」







ビビリの2匹なので、てっきりベットの下にいると思ったら
ずーっと廊下にいたらしい(笑)

・・・・・・案外、2匹ともビビリじゃなくなってきてるのかな?

そして、一番太っ腹なはずのでるたんなのだが・・・・
いないなぁ?と掃除機をかけていたら、猫のトイレのほうからザックザック!と音がする。
それとともに、なんとなく匂う・・・・いや、臭う。
とりあえず掃除機を止めてそろっと猫トイレを見たら、
・・・・・でるたん大きなほうに砂かけ中だった(^^;
掃除機の大きな音してても気にすることなく、すっきり快便のでるたん。
やっぱり大物だわ~(笑)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.26


今朝、2度寝をしていた私の頬に旦那が
「みてみて」
と、猫の肉球をプニプニとしてきた。
どの猫の肉球?と思ってみたら
なんとまぁ旦那、朝からふきちゃんを抱っこしてその肉球を私の顔に当てていたのだった(笑)

「あ、ふきちゃーん・・・おはよう。抱っこしてもらってるの?いいねぇ」
と言いながら起き上がる。



旦那さん、ずっとふきちゃんを抱っこしたままだったので
朝から写真に撮る(笑)



















こんな感じで抱っこしていたのだけど
やはり抱っこは怖いのかなぁ・・・・・・・・・
抱っこしていると、ふきちゃん、だんだん手足の裏に汗をかいてくるのだった。

でも、半月に一回~2回のペースでこうしてふきちゃんを抱っこしているんだけど
このように写真を撮らせてくれるほど
長く抱っこできたのは今回がはじめてかも(^^)


ちなみに、このあと体重測定をしたのだけど
変わらずに3キロだったそうだ。
ちなみにふきちゃんの食欲はすごい。
他の猫のもうっかりしてたら、横取りして食べている(汗)
(うちの猫たち、ふきちゃんが横取りしてもあまり気にしてないらしい)
そんなに食べるふきちゃんなのだけど、やはり体重は3キロのまま。
やはり腎臓の関係だと思うが、多飲多尿は相変わらずで排便も食べる量そのままか、それ以上を出している。
(回数も多いし)
まぁ色々考えると「もしかして・・・」と思い当たる病名もあるけど
もう少し落ち着いたら、病院へ連れて行こうかなと思っている。

でも、今回思ったこと
療法食ってすごいな、と。
ふきちゃん、療法食をあげているのだけど
きちんとあげるとこんなに違うんだなぁと驚いた。
体重も一気にきちんと増えて、なんと言っても毛艶が違う。
「療法食、すごい・・・・・・・・・・・」
と正直感心なのだった。
ほんとは手作り食・・・とか考えていたけど、健康な猫ならいいけど
預かり猫でしかも病気の猫に自分で作ったのをあげていいのかな?とずっと悩み中。
一日に一回は療法食に色々少しだけプラスして「なんちゃって療法食」を食べてもらっているけど・・・
全部を・・となると、ふきちゃんには自信がないなぁと思ってしまうのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2009.12.30


このブログを書き上げる頃には
もしかしたら日付が変わっているかもだけど。

12月30日の日記、ということで。

なんだかんだともう今年も終わりの今日。
昨日29日から我が家にやってきた友人親子を新千歳空港まで車で送って
その帰り道の、千歳線の風景
ここらへんは、とにかく広い広い風景で
どんな季節にも関わらず私の大好きな風景なのだ。




ちょうど、午後2時過ぎに空港を出たのだけど
そのころから雪が降り始めた。
その雪は止むことなく、今も降り続いていて真っ白な風景になっている。


昨日、上にも書いたが29日から我が家へ友人親子の訪問があった。
我が家は大人の人の訪問があるけど
友人のお子さんの年齢(小学校低学年)の小さいお子さんにはほとんど慣れていない我が家の5ニャンズ。
(かずき、ちはやさん、でるたは2度目。こなつは初めて。ふきちゃんは・・・・・・・・・・どうなんだろ(笑)?)

小さいお子さんのパワーにたじたじのニャンズたち(笑)

しかし、かずきはさすがで
我が家の接客部門の長だけある。
お客様に手を抜くことをしないので、大人にはもちろんお子さんにも上手く付き合っていた。
「すごいね、かずき・・・・・・・・・・」
と、ほんとに感心しちゃった。
かずき、かなり頑張っていたと思う。


そして、さきほど。
帰ってから一息ついて、ふと横を見たら
こんなふうに伸び切って寝ているかずきを見てしまった(笑)









・・・・・・・・・・・・うーん
こんなに伸びて寝てるかずきも久しぶりかも(汗)
「かずきー・・・お疲れさま。頑張ったねぇ(^^)」
と声をかけたら、薄っすらと目を開ける



うん、だいじょびよ




そして、その横で一緒に丸くなって寝ているちはやさんとでるた。







ちはやさんはおそらく逃げるだろうと予測していたけど
でるたんも一緒に逃げてしまって
ずーっとほぼ一晩出てこなかったのが驚きだった・・・・^^;



そして、こなつなのだけど
案外こなつは逃げずにずーっと一緒にいてくれた(笑)
小さい子供を見るのは初めてのこなつだったけど
お子さんが飛んだり跳ねたりする様子を不思議そうに、興味深く見てるのが面白かった(笑)



【ほんとにこんな表情で見つめていたこなつ(笑)】

・・・・・・・・・・・よく動くのねぇ・・・・・・・・・・




そして、ふきちゃんなのだけど
めっちゃマイペースだった(笑)
知らない人がいようがなんだろうが、お腹がすくとやってくる(笑)
そして「ごはん・・・・・・」ってウロウロとする。







案外一番、いつもと変わりない様子でいたのはふきちゃんだったのかも。
さすが、大所帯猫屋敷出身猫だなーと思った。
肝っ玉が据わってるわ~(笑)

そんなわけで、良く食べよく飲み楽しい時間だった(^^)
(猫にとってはどうだったかわかんないけどw)

さて、明日はもう大晦日ですね!
もう正月の食材とかは大量にあるので何も用意することもないし
(どうやって食べきったら良いのだろうってぐらいあったりする・・・・・・^^;)

ゆっくり掃除や片づけをして過ごすかなぁ・・・







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 4

2010年05月03日 | ふきちゃん まとめ


2010.2.3


さっきご飯を食べたばかりだけど
ひょっこり出てきたふきちゃん。

ここ一週間ぐらいで、急に積極的に出てくるようになった気がする。
なんでだろう?
なにか心境の変化があったのかな?



【同じ写真に見えても、さっき撮った写真です~♪】






目と目が合ってもあまり逃げなくなったけど

やっぱりカメラを向けてるのに気づくと
ダッシュ!で逃げてしまうのだった(^^;

なんでー?^^;;;




いつも綺麗な・・・というか、健康そうな排便のふきちゃんだけど
ちょっと今朝はお腹がゆるかったのかな?
若干軟便気味な感じだった。

んー・・・

どっか調子悪いのかな?と思ってしまうけど
明日、あさってとしばらく様子を見てみよう。

今日はご飯の中にビオフェルミンを潰して入れてみた。

明日は綺麗な排便だといいなぁ・・・






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2010.2.8


ふきちゃんが、いつもの場所にちまっと座っていた。

この居間と廊下のドアのところって
そんなに暖かい場所じゃないので
空いている猫ベットをふきちゃんのほうに差し出して

「ふきちゃん、ここに寝たらいいよ?」

と、一声かけた。









そこ寒いでしょ?
猫ベットに寝たらいいよ~



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 



そして、誰も(猫も)いないのに
自分の背後のほうを振り向いて何かを確認するふきちゃん(^^;

いつもこうして自分の背後を何度も確認するんだけど・・・・
この行動は何の意味があるのだろう?



【背後を確認するふきちゃん】






まぁ、いいか。

そこに猫ベット置いておくので
いつでもそこで寝なさいねと声をかけて
私はPCで脱出ゲームに勤しんでいた(笑)


        ・
        ・
        ・
        ・
        ・


そして。
30分ほど経ってから、ふきちゃんのほうを見てみた。



でも

やっぱり・・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・さっきと同じとこのまま!



寒いだろうに・・・と思うのだけど
ふきちゃんはずーっと廊下の(ほぼ)同じ場所で寛いで(?)いたのだった(^^;


案外この居間と廊下の境目、ふきちゃんは気に入っているのだろうか?(笑)

結局、この後もここの猫ベットには入ってくれることがなかったふきちゃんだった・・・・(^^;


そいえば
昨日ふきちゃんの体重をしたのだけど
3.2~3.3キロで相変わらずの体重だった。

ついでに念願だったふきちゃんの体も洗った。
一回洗ったんだけど
更にふっくらフカフカになった。
このまま毛玉ゲロが少なくなったらいいね~(^^)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.2.12


それはそれは、本当に満足そうなこなつたん。






ごちそうさまー お腹いっぱい・・・・・・ZZZ・・・・



かずきも
猫ベットでまったりとうとうと中。


「かずき、お腹いっぱいになった?」




うん、あれは美味しいよね・・・またちょうだいね・・・おやすみなさい。



かずきも満足したらしく眠ってしまっていた。



2匹が何に満足したかと言うとコレ。





【我が家の常備肉、エゾ鹿肉(≧▽≦)・・・(常備というのは嘘だけど)】







先日、またエゾしか肉をもらったので
加熱用のほうに下味を付けようと調理していたのだった。

猫の嗅覚は犬ほどない・・・とか言うけど
そんなことはない。
別室で寝ていたかずきとこなつ、匂いを嗅ぎつけてトコトコやってきたのだった(笑)

鼻をくんくんさせながら
「なにー?これ、好きな肉の匂い!!」
ってな顔で2匹ほぼ同時にやってきた(笑)


「・・・・・・・・・・・・・あんた達・・・さっきご飯食べたばかりじゃない?」

と呆れつつ肉を猫から隠す(笑)

けど、こういう肉が大好きなかずきとこなつ。
すーーーっと脚元をうろうろとしていたのだった(笑)

加熱用なので、こんな風に細かくして油ひかずにそのまま表面を軽く炒める。
熱がおさまったものを
5ニャンズにあげたのだった。

しかし、予想通りちはやさんとでるたは食べない。

「なんかくさーーーーーーーーーーーーーーい!」
とでるたはうにゃうにゃと怒っていた。
ちはやさんは一回匂ってすぐに興味なさそうだった。


そして・・・・・・・・・・・・ふきちゃんなのだけど




鹿のお肉っておいしいわよね~

(ごめんなさい、この写真は先日と一緒です!w)



ってな風で、結構食べるのだった(笑)

ただ、歯が一本もないので表面を軽く炙っても肉が硬くなるので
ふきちゃんには少し不向きかなーと思って
少量をあげたのだった。
ゆっくりゆっくり、歯がないけど租借をするふきちゃん。
今度は生のお刺身で食べれるエゾ鹿肉を解凍してあげようかなーと思ったのだった。

こういう赤い肉を好んで食べる姿を見たら
どんなに可愛くっても
猫も野獣なんだなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ってしまう^^;
まぁ、それが本来の姿なのだろうけどね。



あっ ちなみに。
鶏肉はどの猫も大好きだ。
けどさすがに鹿肉となると・・・・匂いとかなんだとか、まぁ色々なんだろうねぇ^^;







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.2.17


やっぱりこの場所にいるふきちゃんしか撮影できない私^^;

だって、他の場所で可愛い顔をしてるときは
カメラ持ってないんだもん。
カメラ持ってその場所へ戻ったらいなくなってるし(^^;


そんなわけで!
今日も同じ場所だけど、いつもと違うのは
隣にシャカトンがある!(笑)
・・・・・・・・・一応、ふきちゃんの写真は
同じように見えても、ほとんどが撮りたてです・・・(にゃは♪)



この写真を撮るちょっと前にご飯をあげたばかりだったのだけど
お腹がすいたのか(笑)
ふきちゃん、ルンルンと登場~♪









でもカメラを構えて撮り始めた瞬間





はっ!!何か音がするわΣ(゜ω゜)!?



ってな風に、スタコラと奥の部屋に行っちゃったふきちゃん・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・音、してたっけ?^^;
(たぶんしてないと思うけど・・・)
と、こんな感じで先日のふきちゃんの記事のネタと同じことを書いてる私。
でも、ねぇ・・・毎回こんな感じなんで
やっぱり、ふきちゃんにしか聞こえない音が聞こえたのかも?
そのパトロールに行ったんだよね!と思うことに。
          ↑
(カメラが嫌い、って思いたくない言い訳)



・・・・って感じで(笑)
ふきちゃんはこんな感じで元気ですにゃ。
本当ならもっと写真とか記事を載せたいのだけど
いかんせん、ふきちゃんの写真を撮ろうとすると、こんな風に逃げちゃうのだ(^^;
でも、最近は良く出てきてくれるようになってきた。(ほうかな?)
朝も他の猫と一緒にねだるようになって
ちょっとご飯を出すのが遅くなったら、他の猫のご飯を横取りしようとしている(笑)
(ふきちゃんだけ別メニューなんで・・・^^;出すのが遅くなったりする)
夜も気が付くと私の椅子の後ろにいて、うたた寝してたりするようになった。
あと私達が動くと、すぐに逃げようとする。
しかし、以前は本気で逃げていたんだけど・・・・最近は
「・・・とりあえず逃げとこーかなー?どうしよう?・・・ま、逃げるか。」
とか思いながら逃げているみたいなので、ゆっくり逃げる(笑)

そして、明け方とか枕元に来るふきちゃんは
毛並みがサラサラになってきたみたいで、触ると気持ちがいい。
(私達が寝てる間だけは、触ってもにげないふきちゃんなの(笑))

もうちょっとで我が家へ来て4ヶ月のふきちゃん。
まぁ、最初と比べたら進歩したなぁ・・・と思う(^^)
またこれからゆっくり時間かけて、もっともっと慣れてくれたらいいかなーと夫婦で話しているのだった。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





2010.2.20


じゃあ、ふきちゃーーーーん コレで遊ぼうか!?
新しい猫じゃらしなの(≧▽≦)





ん?



ほーら!ふきちゃーん♪








・・・・・・


これで遊んでいいのかしら?



いいよー(^-^)
ドンドン遊んでね!

と、猫じゃらしをふきちゃんのほうへ揺らしながら投げてみる。

そうすると、かなり気に入ったのか
ずっとこのオモチャで遊んでいたふきちゃんなのだった(^^)

※そのときの画像は撮れてないですー^^;だって片手で撮影は・・・コレが限界!




そして、結構長い間遊んでいたとき
ソファのとこからなにやら視線に気が付く。

振り向いたら
なんとちはやさんが・・・・・・・・・・・・・(笑)





・・・・・・・・・・・・・楽しそうにゃ・・・・・・・・・・・・



と、ずっと見つめていたのだった(笑)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.2.25


今日はふきちゃん特集で!

今日はとても暖かくて、朝の天気予報では日中は10度もあるとか・・・って言っていた。

たしかにすごーく暖かくて
道路にあんなに積もっていた雪もどんどんと溶け、雪融けの泥水となって街中を流れていた。


それでも、家の中は暖かいと言っても
ニャンズには微妙に寒かったらしい・・・・・^^;
特にこの方。

ふきちゃん!(笑)


午後帰ってきて、ストーブを点けたら
その音を聞きつけてそろ~りとやってきた・・・♪



【細い体をストーブで暖めるふきちゃん】





【実はその手前にはこなつたんもいたりして♪】






こんな感じで
暖かい(熱い?)風を体にいっぱい浴びながら
ふきちゃん、しばしの間ここでくつろいでいたのだった(^^)




















この3枚はかなり近くで撮ったもの。
でも、ふきちゃんは威嚇することもなく
耳も普通の状態で
ずっと写真を撮らせてくれたのだった・・・


うーん、ちょっと・・・いや、かなり嬉しいかも!!と思いブログに載せることにしたのだった♪





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.





最近のふきちゃんは
こんな感じでひょっこりと出てくる回数もかなり増えてきた。

ごはんのときも一応ねだりに顔を出してくるのが定番になってきた。

実は、今月の頭ぐらいから
ふきちゃんの餌を少し変えた。
いや、腎臓サポート食はそのままなのだけど
ロイヤルカナンの腎臓サポートスペシャルというのを買ってみた。
腎臓食は基本的にリンの含有量が少ないので、旨味に欠けているせいであまりおいしくないらしいのだが
このスペシャルはそういう部分をクリアしているらしい・・・・(と聞いたけど・・違っていたらスイマセン)
あと、かずきもこのご飯を食べるのはいい事らしく
今まで更にカロリーの高いサイエンスの肝疾患用のご飯だったけど
獣医さんに聞いてみたら、このロイヤルカナンのご飯も大丈夫らしいとのことだったので
ふきちゃんのご飯と併用で買ってみたのだった。
そして、いままでウェットを主体にしていたふきちゃんだけど
最近ウェットの食いつきが悪くなってきたので
目先を変えて、かずきと同じようなサイクルでご飯をあげるようにした。
(ウェットを今までの半分にして、ドライの回数を増やす)

その効果としては、ドライのほうが好きなのか食いつきは良くなってきた。
そして、ご飯の時間となるとひょっこり出てくることが多くなったのだった・・・

ってことは、この食事はふきちゃんには合ってるってことなのかな?
と思うので
しばらくはこんな感じでご飯をあげていこうかなーと思っている。

ただ、少し遅い時間に軽くご飯をあげておかないと
かずきと一緒で空腹すぎてふきちゃん、明け方に水ゲロを吐いていることが多いのだ(^^;
だから、最近は少し遅い・・・夜の9時10時ごろに少量のカリカリと
ビオフェルミンと場合によってラキサトーンで様子を見ている状態なのだった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 5

2010年05月02日 | ふきちゃん まとめ


2010.3.3


先日、旦那さんは風邪を引いていて
2日ほど寝込んでいた。

季節の変わり目はなにかと体調が悪くなる旦那。

休んで2日目のとき、私が外出から戻ったら
「見て見てー」
と、写真を見せてくれた。



以下、その写真の一部(笑)
(ちなみに、旦那の日記からもらった写真なので見たことがある人は勘弁をm(_ _)m)


※画像は携帯で撮ってるんであまり良くないですー^^;・・・



【寝室にて①】


【寝室にて②】

何写真撮ってるのよぉっ!



「この2枚はね~寝室で僕が寝てたら、でるたとふきちゃんが一緒だったから撮ったんだ♪」


へぇ・・・
こんな風に出てくるんだ。
こんな姿、余りみたことない・・・・・・・・・・・・・・(ちょっと悔しい)

「この嫌そーーーーーな顔がいいよね(笑)」と旦那が言う


たしかに(笑)

私のブログの中では、目パッチリのふきちゃん多いけど
かなり写真を選んでいて・・・
まぁこんな顔のときも多いふきちゃんなの(笑)




そして、旦那が起きてきて居間にいるとき












でるた、かずき、ふきちゃんの3匹でこんな風に寝ていたんだって!


えー
私が一人で家にいるときはこんな風に出てこないのに・・・・・・・(; ;)

掃除したりするから?

すぐにふきちゃん見たら
「ふきちゃーーん、お腹すいたの?」
とか言うから^^;?


ちょっぴり旦那がうらやましかった瞬間だった・・・・・・


だって、あたしが撮るふきちゃんって






こんなんばかりよー(; ;)

いつもカメラ向けたらこんな風に向こう向いてしまうふきちゃん。

嫌われてるわ~私^^;

と思ってしまった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.7


今日の午後のふきちゃんの姿。

旦那と一緒に昼寝しているふきちゃんを撮った。












すごいね、一緒に寝るほど急接近?・・・・と思われる方もいるかもだけど
ちょっと事情は違ったりするのだった。





★。、:: ここからは長いんで・・・嫌な人はすっとばしてね。
そして読んでも感想も書きにくいかもなので
さらっとこんなことあったんだと思ってやってください。★。、::。.:゜★。



ふきちゃん、今日の午前中にちょっと気になることがあって急遽病院へ連れて行った。
実はここ2~3日ほど
ふきちゃんのご飯の食べる量が徐々に少なくなってきた。
ずっと最低200キロカロリーを目安に、食べてくれるならそれ以上を心がけて
ふきちゃんのご飯をあげてきた。
先月ぐらいからウェットをあまり食べなくなってドライを食べるようになった。
でも水は飲んでいるし、排泄も大丈夫なので
ウェットをいつもの半分に減らして、その分ドライに変えてご飯をあげていた。
そして、今週に入り・・・ご飯をドライもちょくちょく残すようになってきた。
色々あげる方法とか変えてみたり、あげるパターンを変えてみたりと試したが
今回は本当に食べる量が少なくなっていったのだった。
たしかに 他の猫も時期によって少食になったりとかあるので
ふきちゃんもそんなのかな?と思ったのだけど・・・・・
週末になって、ドライもかなり残すようになった。
水だけ飲んでいる感じになってきた。
ご飯を食べる量も朝だけと言う感じで、夕方以降はほとんど食べなくなってきた。
摂取カロリーにして100キロカロリーぐらいしか取らなくなってきた。
で、今朝にいたってはドライもウェットもほとんど食べなかった。
不安に思い、ふきちゃんの体重を量ったら2.8キロ弱ぐらいまで減っていたのだった。
そんなわけで、急遽病院へ行ってきた。

触診のあと、血液検査とレントゲンを撮ってもらった。
レントゲンを撮ったのは、呼吸が少し荒い(?)ということで
心臓あたりに何かあるのではないかと撮ってもらったのだ。
結果としては肝臓などは綺麗な状態なのだけど
心臓と腎臓は、普通の猫より小さいということがレントゲンでわかった。
心臓が小さく写ってるのは、脱水症状を起こしている場合小さく写るケースもあるそうだ。
そして腎臓も普通は背骨2個分の大きさがあるはずなのに
背骨一個分あるかないかの腎臓で、たぶん腎不全の悪化で内臓(腎臓)が萎縮しているのではないかということだった。
ほんとにかなり小さかった。
脚と背骨の付け根の部分も少しおかしいかも・・・と言われ
腸は動きが鈍っているらしく、かなりのガスが溜まっていると言われる。
「元気などなくなってませんか?」
と聞かれたのだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は、食欲こそ減退していたのだけど
普段よりかなり元気で・・昨晩もふきちゃん、猫用のボールを転がして
一人で深夜に遊んでいたり
他の猫が遊んでいるのに加わって、一緒に遊んでみたりとかなり元気だったのだった(汗)
だからそのことを伝えたら・・・
「うーん・・・・」
と先生も困惑気味だった。

血液検査のほうはというと、肝臓などは健康な数値だった。
しかし
腎臓のほうの数値はかなり悪くて
以前、保護された後に検査したクレアチニンの数値が3.9だったのだけど
今回は5.8という結果だった。
「腎不全と闘う猫まとめ @ 犬猫大好き板」
こちらを見ていただいたら一番わかりやすいのだけど
5.8という数字はかなり悪いのだな、とわかる。
(ほんとにかなりの末期・・・・)
他の数値は、総蛋白量は正常値だけどBUN(血液尿素窒素)は110.2、血糖値155と基準値を上回っていた。
あと、カルシウム、リンの数値も高く
この2つの数値が高いということは、体のいろいろな部分を石灰化させる作用があるので気をつけないと・・・ということだった。
レントゲンで、肺に薄い白い影が写っていたり
腸の部分に謎の白い球体みたいな影が写っていたり・・・・
これらはこのリンとカルシウムの数値が高いため、石灰化した影なのかも・・・?と言われた。
(ほんとに腸のほうのまん丸な球体のような白い影は、先生も「?」って感じで何かわからないモノだった^^;)

そんな結果が出て
今日は皮下注射(っていうんだっけ?)を打ってもらい
活性炭で出来た薬をもらい、腸内のガスを取る為の飲み薬をもらって帰ってきたのだ。

で、最初の写真に戻るのだけど・・・
帰ってきてから、我が家へ来て初めての病院や検査で疲れてしまったふきちゃん。
旦那の腕の下でよく眠っていた。

今、ふきちゃんはストーブの前の猫ベットに丸くなって眠っている
私達が触っても、嫌そうな顔をする元気もないのかなぁ・・・^^;
ずっと暖かい場所で眠っている。
病院の先生は
「本当にもっともっと具合が悪くなったら、暖かい場所で体を温めようとしなくなり
寒い場所へ移動します。
それは基礎代謝をこれ以上使わないように・・・という状態なので暖かいところで寝てるならまだ・・・・」
との返答だった。

そんなわけで。
この注射と薬が効いてくれたらいいのだけど。
今日はまだほとんど何も食べていない。
この皮下注射をした後の猫は、食欲がなくなるパターンが多いそうだ。











この写真は昨日の夜、ご機嫌なふきちゃんを撮ったもの。

こんな風にちょっとでも元気な姿を見せてほしいなぁ・・・







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2010.3.9



おはようございます



ふきちゃんです。










やっと今朝になって大分食べてくれるようになりましたー

でもストーブにぴったりくっついてました(笑)




また続きは
夜にでも書きますー♪






・・・・つづき・・・・




そんなわけで。

今朝の続き。


※この記事も長文です。
 長!!!と思ったら途中で読むの止めてください(笑)
 コメントも・・・しにくいかもなんでやな人はスルーしてください。
 ま、適当に読んでやってください。



夕方になったら
やはりストーブにぴったりくっつきたいらしく
居間のストーブ前へやってくるふきちゃん。









病院へ行ってからこうしてちょっと触っても















こんな風に嫌がらずに
(いや、嫌そうな顔はしてるけど・・・・^^;)
触らしてくれるようになった。

薬も2種類、時間を置いてあけないとダメなのだけど
さすがに大き目のカプセルの活性炭の薬は飲みにくいみたいなので嫌がるけど
胃薬のほうは問題なく飲んでくれる。
(いや、もちろん嫌だとは思うけどね^^;)
えらいなーと感心。
ちはやさんなんて、とにかく投薬も大嫌いなので
薬を飲ませるのは一苦労なのに・・・・ふきちゃんは私だけでも平気で投薬できたりするのだった。
「えらいねぇ、ふきちゃん。この調子で薬ちゃんと飲んで老廃物を外に出さなあかんね。頑張ろうね」
と、いつも薬を飲んだ後は頭グリグリしている私。



でも、やっぱり撫でた後はこんな風に微妙な距離なのだけど・・・ね^^;











週末、あんなに食べなかったふきちゃん。
病院へ行った日曜日はほとんど食事を口にすることなく
月曜日は朝に寝室から出てくるものの、ご飯はウェット一口のみ。
しかもカルカンのレトルトパウチの子猫用なら食べてくれた(汗)
(腎臓食はまったく口にしない)
午後、夕方近くになりやっとカリカリを食べる。
腎臓食のウェットは相変わらず食べない・・・・ドライオンリー。
そして深夜11時ごろ。
旦那のアドバイスで
「猫は夜遅いほうが食欲が出るから、深夜にごはんをあげたら?」
とのことで
11~12時ごろだったかな、残っている腎臓食のウェットとカリカリをそれぞれ置いて様子を見る。
ドアを閉めて、静かにすること20~30分
そろ~っと様子を見たらアドバイス通り、ウェットも2/3ほど食べ、ドライも10gぐらいを平らげていた。
すごい。
月曜日は総カロリー120キロカロリーほど摂ってくれた。

そして今日は、朝からいい感じの食欲で朝あげた分20gほどをきちんと食べる。
薬を混ぜたウェットも食べる
午後、薬を混ぜたウェットを食べておやつのドライと
夕食のドライ15gをしっかり食べてくれた。
このあとにウェットの残りを温めて ドライと一緒にまた深夜にあげてみようと思う。
あと少し食べてくれたら嬉しいな・・・と願いをこめて。

ちなみに。
夕方に買い物から帰ってきたら家の中が香ばしい香りでいっぱいだった(笑)
(香ばしいというのは・・・猫の排便のかほりのことね♪)
「あ、誰か今○んちしたんだ・・・・w」
と思って猫トイレを覗いたら
そこには おそらくふきちゃんのだろうなと思われる綺麗な排便が!
なんでふきちゃんのかわかったかというと
私が帰ったとき猫トイレ部屋から出てきてたこと、そして形と量が・・・・(量はいつもより少なめだったけど)
他の4匹に当てはまらない形だった。
「うわ、これ久しぶりに見たかも ふきちゃんらしいこの形!」
・・・・と非常に嬉しかった私なのだった。
いやいや、よかったよーーーー(; ;)
健康な猫もだけど、特にふきちゃんのような病気の猫はほんとに排泄がちゃんと出来ていると嬉しくなる。
皮下注射と薬が効いてくれてよかった、と思った夕方だった。


そして。
かなり後になりましたが
ふきちゃん、正式に我が家の猫となりましてん。
・・・・ってことで 報告ですm(_ _)m
昨日の3月8日に、保護主さんのほうからの承諾をいただいたので
3月8日はうちの子記念日ってことになった。
貰い手が見つかろうが見つからなかろうが、我が家できちんと面倒は見たいと思っていた。
ただ・・・前にも書いたけど、前の腎臓の数値なら
きちんと愛情こめてふきちゃんと付き合っていただける方がいたら・・・と思っていたのだけど
ここにきて一気に悪い状態になってしまった。
この状態での里親探しは厳しいだろうし、仮に希望者がいらっしゃっても
また新しい環境に慣れるまでふきちゃんにストレスがかかるんだよね・・・と思い
我が家の猫としてきちんと迎え入れることになった。
・・・・と言っても
接し方は今までと同じなんだけどね^^;
今までとなにが変わるわけでもない。
ただ、ずっとうちにいてね。と言う部分が加わったのだ。

悲しい書き方かもだけど、
ふきちゃんの腎臓の状態がこれから良くなっていくことはないだろう。
でも今の状態を少しでも長く保ってあげれたらいいなと思う。
ふきちゃんの猫生の最期まで、一緒にがんばろうねということ。
まぁ・・・我が家はふきちゃんだけじゃなく、実際かずきだってそうだし。
肝臓がこれから良くなる事はないし 甲状腺の状態も相変わらずな感じだし。
15歳と抱えている病気などを考えたら、いつどうなるんだろうなと思う。
老猫にメスを入れることはしたくないので、うちはこのまま投薬とご飯とで
見守って行ってあげたいと思っている。

まぁ、色々抱えたモノ同士でみんなで頑張っていこうかねーってことで
我が家2人と5ニャンズ ゆっくり暮らして行こうかね・・と旦那と話したのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.10


昨日に続き、ふきちゃんのこと


今日もふきちゃん、病院へ。
皮下注射を打ってもらいにいく。

あと2~3回ほどこの皮下注射を続けてみて、数値の変化などみてみることになった。
脱水症状がなくなれば、ふきちゃんも楽だと思うのだけど
ただ・・・
やはり皮下注射のあとはしんどそうだし
(ごはんなど食べれる感じじゃなく、ずっと寝たままなのだ)
あまりにストレスになるようだったら、これも考えなきゃ・・・ということで
今は様子見状態だ。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.11


【腎臓食のこと】


うちのふきちゃんの場合なんだけど
つい最近までロイヤルカナンの腎臓サポート食のドライとウェットをあげていた。
そのときは、どちらもそこそこ食べてくれていたのだけど
そのご飯がなくなってきて、次は同じロイヤルカナンなのだけど
「腎臓サポート食 スペシャル」というドライフードを買った。
これは肝疾患の猫にもいいそうで
病院の先生もかずきが食べても大丈夫、と仰っていたので購入。
そうしたら、なんとふきちゃんこれを食べ始めてウェットを食べなくなったのだった^^;
心配になり、先生に聞いてみたら・・・
腎臓サポート食は色々なメーカから出ているが、基本どれも決して美味しいとは言えない・・・・かな?と(笑)
ただし、ロイヤルカナンの新しく出た腎臓サポート食スペシャルのドライはかなり美味しい!と仰った。
腎臓食は旨み成分のリンの含有量が少ないので、美味しくしていると言っても
やはり味は厳しいらしいが
そこをうまくカバーして出たのがこのスペシャルらしい。
これは別格で美味しいみたいなので、これを食べたら他のを残すというのはあるかもしれない、と。
ロイヤルカナンのウェットの売り文句は一応「嗜好性」が高いとは言っているけど
やはり全般的には厳しいものがあるそうな・・・・^^;

だからふきちゃんも、このドライばかり食べてウェットを食べないのかも・・・と(笑)


「結構グルメなんだなぁ・・・ふきちゃん」
と旦那と笑ったのだった(笑)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.14


昨日の土曜日は寒くて
結構暖房を入れていたりしたのだけど・・・



例の「にゃんずのあったか通り」では珍しい光景が・・・・・・・・・・・・・





【初めてみたかもしれない光景】



左から
ちはやさん、かずき、ふきちゃん の順で
猫ベットに眠っている姿だった。



珍しいねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ふきちゃんは、かずきが大好きなので
近くにかずきがいると
いつもこうしてかずきをみつめる。


















こんな感じで(笑)

ふきちゃん、本当にかずきのこと好きなんだよね~(^^)







★。、::。.::・'゜☆。  おまけ   ★。、::。.::・'゜★。、::。







【にゃんずびーーーーむ!!の写真w】

キラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン





これ、明け方・・・6時前ごろ撮った写真。
私の左腕の上にはでるたとちはやさん
私の右腕の上にはこなつたん
そして・・・
私の両足のところには、こうしてかずきとふきちゃんがいたのだった♪

幸せ~・・・と思っていたところへ
この光景!

そして、この光景を見たとき
「おぉっ かずきとふきちゃんだ!写真撮らなきゃ!」
と、そろっとこなつの下敷きになっている右腕を引き抜いて
携帯のカメラを構えたはいいけど
あまりに室内が暗くてフラッシュ焚いたらニャンズビーム!になっちゃったのだった^^;・・・









今日は 午前中ふきちゃんは病院だった。

皮下注射をしてもらって
活性炭の薬を貰って帰ってきた。
(あ、私は風邪ッぴきなので行かなかった^^;)

「体重が2.74キロになってた」
と、旦那が帰って言う。
たしかに3日おきぐらいで皮下注射に行っているので
ちょうど食欲が出てきた頃に病院になるので、どうしても食べる量が減るのだった・・・
(一回目のときが2.8キロ 二回目が2.84キロ)
しかし、診察では体重は減っているけど皮膚の状態、毛並みの状態などから
前よりはかなり良くなっているそうだ。
(・・・・というか、前がかなり悪すぎたのね^^;)
たしかに、ふきちゃんを触ると
あのざらざらした手触りの毛並みではなく、サラサラな感じになっている。
(写真ではわかりにくいかもだけど^^;・・・)
鼻も湿ってきていて、いい感じだ。

「あと何回皮下注射するの?」
と聞いたら、2回打ってもらって
合計5回の皮下注射のあと、血液検査をもう一度する。
その結果を踏まえて、今後どうするかを考えましょうとのことだった。
そして旦那が言う
「ふきちゃんって、皮下注射打ってもらったあとの吸収が早い気がする」
と。
旦那、そういうのに詳しいので経験上そう感じているんだとしたら
やはり水分が決定的に足りてないのか・・・とも思ったり。
・・・・・・・・・・・まぁ、そうだよね あの腎臓の数値だとしょうがないのか、と思ったり。

あと一週間でどんな結果が出るのだろうね・・・









★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.17


うちのメス猫チーム2匹は
意思表示がはっきりしている・・・・・・・・・・・・・・・・・






【旦那のいるほうを見ながら、尻尾を動かしていたこなつ】

もーーーっ おんにゃ心わかってにゃいのよー(怒





どうやら、旦那が必要以上に必要以上の力でワシワシ撫でた後
ぼやーっと違うとこ(たぶんテレビ)を見ながら
手抜きで適当に撫でたら
なっちゃんが怒ったらしい(汗)



「ちゃんと撫でなさいよーーーーーーっ!!!」


ってことなのだろう(笑)





そして、ふきちゃん

こちらもまた超不機嫌そう・・・・・・・・・・・^^;





だって、抱っこするんだもん!!



どうやら抱っこが嫌だった様子のふきちゃん(汗)
歯はないので噛まれることはないけど

鋭い爪はしっかり持っているので
それで抵抗した様子だった(汗)

(もちろん、この後爪は切りました・・・^^;)





そんなメス猫チームの意思表示をしっかり受けたうちの旦那。



「見てよ、これー」

と見せてきた旦那の手には



【上2つがこなつの噛み傷、下2つがふきちゃんの蹴り傷^^;】





こんな風に合計4つの大きなメス猫チームによる
意思表示の傷があったのだった(^^;



・・・・・・・・・・痛そうだね^^;・・・・・・・・・・・・・・・・・・






★。、::。.::・' ★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜





今日、4回目のふきちゃんの皮下注射の日だった。

旦那さんが帰ってから連れて行ってくれたのだけど
体重は更に減って2.72キロとのこと。

え、前より減ってる・・・・とちょっとショックだった私。

いや、前回の皮下注射のあとは結構元気で食欲もあったふきちゃん。
しっかり毎日200キロカロリーほど摂れてきていたので
前回の体重以下はないだろうと思っていたのだけど・・・・・・・・・
そして、触診でわかったのが腸に便が溜まっているそうな。

水も飲んでいるし、排尿はしっかりしている。
ふきちゃんっぽい便は毎日じゃないけど、見ている。
食べれてないので排便はこんな感じなのかな?と思っていたのだけど
実は腸に溜まってきているそうだ。
これは腎機能が落ちているので、排尿で水分を出してしまい
その結果便秘になりやすいということなのだそうだ。
いまのところの状態はそこまでひどくないので大丈夫だが、これ以上ひどいと浣腸などで便を出さないとダメだそうだ。
しばらくちょっと様子を見なければ・・・と言う感じになった。
そして、体重も経過はいいのだけど
皮下注射のあとの食欲が少なくなったり
実際体重も食べているのに減っているというのは、やはりふきちゃんにとってしんどいのかもしれない。
あと一回、皮下注射で様子みて血液検査をして
その結果次第では家での点滴などのことも考えないとね・・・と言う感じだ。

うーん
ちゃんと食べて、ちゃんと水を飲んでいてもダメなんだなぁ
排泄の大事さを痛感した日だった。









★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.19


そうそう。

ふきちゃん、お腹に溜まったままだった便
無事に出てきた!!!

スーパーボールよりちょっと小さい感じの・・・・・・・・・・・・
直径2~2.5センチぐらいのまん丸なのを3つほど。
先生がおっしゃっていた
「丸い球状で2~3個あるかな?」っておっしゃっていたのとぴったりだった!

あー
よかったー・・・・・・

もっと触らしてくれたりできる猫だと
マッサージしたりなんだりできるけど、ふきちゃんはなかなか厳しいし
しかも、ご飯も食欲にムラがあるんで
食べてもらうのも一苦労だ。

うーん、いい方法考えなきゃねぇ・・・・







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.20

 
さきほどのふきちゃん。









今日も病院だったふきちゃん。
皮下注射のあとはしんどいらしく、寝室の片隅の暖房の前で
じーっとこんな風に丸くなって休んでいた。



ふきちゃん、今日5回目の皮下注射と血液検査のために病院へ行ってきた。

血液検査の結果は
2~3日置きの皮下注射にも関わらず、かなり悪くなっているということだった。


特に前回の数値よりはっきりと変化のあった項目が

HCT(ヘマトクリット)29.2%      (前回 32.3%)
血中尿素窒素(BUN)159.8mg/dl  (前回 110.2mg/dl)
クレアチニン 8.7mg/dl     (前回 5.8mg/dl)
リン 13.4mg/dl         (前回12.5mg/dl)

この4項目だった。


BUNもクレアチニンもリンも数値は下がることなく
腎臓の状態もこれらの数値を見る限りではかなり厳しい状態なのはわかる。
ちなみにクレアチニンの数値が5以上だと重度の慢性腎不全で
クレアチニンの数値が8以上の場合、腎臓の12.5%しか機能していないそうだ。
Dr. 小宮山の伴侶動物へのやさしい(優しい)獣医学参照)
ほとんど・・・9割近く、腎臓は死んでいる状態ということになる。
そしてHCTの数値が低いので、貧血状態になっているとも言われた。
その状態が今のふきちゃんの状態ということだ。
食事の量も以前と比べるとやはり減っていて、最近は好きなドライですらも
正直食べてくれる量が減ってきていた。
無理にでも食べさせたほうがいいのかと聞くと
今はそれはしないほうがいいとのこと。
体が食べたものを分解して排泄するための機能がかなりしんどい状態なので
逆に無理に食べさせることで更に悪化してしまうこともあると。
全く食べれない状態ではないので、食べたいときに食べれるようにしたほうがいいと言われた。
(ちなみに今日の時点での体重は2.62キロ)

そして、先生と話しをして通院もふきちゃんにはしんどいかもしれないので
10日~2週間ほど家での皮下輸液を試みることになった。
そのあと、また血液検査で様子を見ることになった。
もし通院のストレスがなくなれば、ふきちゃんの様子も少しでも落ち着いてきて
ご飯も食べてくれるようになるかもしれない。
本当はきちんと活性炭なども飲んでもらいたいし、色々なサプリなども考えるけど
正直今のふきちゃんはご飯すらも喉を通らない状態で
一日一回の活性炭を飲んでもらうのもやっとな状態なのだ。
これ以上、無理に薬やサプリなど飲ませることすら
今のふきちゃんにはストレスになってるんじゃないかなといつもごめんね、と思ってしまう。

あと、いきなり叫ぶように鳴くことが多くなってきたふきちゃん。
そこも気になって先生に相談したら
毒素が体に回り始めると、肉体的や五感が鈍くなってくるケースが多いらしく
それが猫にとって不安要素となり
いきなり大きな声で鳴くケースがあるとのこと。
腎不全が進むとそういう風なことが起こることがあるそうだ・・・・
うーん・・・
そうなのか・・・・と妙に納得がいく私達夫婦。


まずは家での皮下輸液を試みて、様子を見て行きたいと思う。
その結果で・・・また 考えよう。うん。




ちょっと暗い報告だったけど
ひとついいニュースもあったり。
我が家へ来て、そろそろ5ヶ月のふきちゃん。
5ヶ月目にして、撫でると初めて喉をゴロゴロ鳴らすようになったよ(^^)
・・・旦那さんがさっき、そう言って大層喜んでた。
もちろんそれを聞いた私も嬉しかった。
少し心を開いてきてくれてるのかな・・・と夫婦で嬉しく思ったのだった。


もう少し暖かくなってもう少しストレスもなくなってきたら
少しでも楽になるかなーと思ったり。


早く暖かい春が来たらいいねぇ・・・・








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.21


【今日のふきちゃん&かずき メモ】


ふきちゃん、布団の中って暖かい!とわかったらしく
今日一日布団の中で過ごす。
活性炭を朝の食欲のありそうなときにウェットに混ぜたが食べず^^;
しばらくしてから活性炭のカプセルを飲ませるが・・・
「ぺっ!!!」
と吐き出してしまった(^^;
うにゃー
毎日こんな状態がずっと続いてるんだよねぇ・・・・(T T)
でも、点滴効果で少量ながらも排便と、回数は少ないけど排尿は出来ていた。

で、かずきち。
最近は調子が良さそうだったけど
また吐くことが多くなってきた。
しかし、食欲はすごい。
けど吐く。
そして叫ぶ。
走り回る。
あぁぁ・・・甲状腺の症状が相変わらずに出てるなぁ…と思う。
・・・・・・・・・甲状腺のT4の数値、来月辺りに見てもらわなきゃなぁ・・・^^;
そして、今日の昼に背中の皮膚を引っ張って様子を見た。
・・・・・ちょっと脱水気味かもしれない。と言う感じだったけど
今のところは排尿も排便も大丈夫そうなんで、大丈夫かな。
(いや、かずきっていつも脱水気味なところあるんで^^;)



それから・・・・
たぶん、ふきちゃんの記事については
これから暗いものが多くなると思う。
(たぶん数値的にそうなると思う)
ブログでこうして猫の病気について書いているのは
うちの猫の場合の甲状腺機能亢進症や
ふきちゃんの場合の慢性腎不全についての記録みたいなものと思ってくださいm(_ _)m
記録みたいなのって読んでてもコメントもしにくいだろうなーとか思うけど
そういうのはスルーしてください。

ワガママ言いますけど、よろしくお願いします。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.22


こなつが、脚立の上にすわって真剣に見ている。




【①不思議そうに棚を見つめるこなつ】

・・・・あれは何かしら?




【②不思議そうに床を見つめるこなつ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ねぇ、くりす。






うん?
なぁに?こなつ?






ふきちゃん、どうかしたの?なにしてるの?




今日から、ふきちゃん自宅での皮下輸液開始の日となった。


腎臓の数値がかなり悪くなっているし
これ以上の通院のストレスをなくしたほうがいいのは?ということから
自宅での皮下輸液となった。


そして・・・・
その様子を、こなつが不思議そうに見つめていたのだった。


そんなこなつに
「ふきちゃんはねぇ こうやって栄養を取るの。こなつのご飯と一緒だねぇ」
と言ってみる。




皮下輸液のパックを棚の高い場所へS字フックにひっかける。




【こんな感じで。】





そのままチューブをたらして、皮下輸液を行う。











病院だと緊張しすぎて動けなかったふきちゃんだったけど
自宅なので途中で余裕が出たらしく
ちょっとだけ
「いやにゃーーーーーっ!なにすんのよ!」
と暴れてたふきちゃん^^;

でもまあ無事に一回目の皮下輸液は終了。



ふきちゃん、このあと怒っちゃって・・・^^;
「うわーーーーーーぉん!!!」
と鳴いていた^^;


いやぁ ごめんね~
でも、こうしないとふきちゃん体もっとしんどくなっちゃうのよー


そのあと、旦那さんがふきちゃんを布団に入れた。

少しだけ旦那さん、ふきちゃんに添い寝してたみたいだ。
「ねーカメラで撮ってよー」
と言うので、カメラ持っていったら

ふきちゃんの怒った見事な(?)表情が(^^;





もーーーーーっ!!にゃにすんのよっ!!!




怒る元気あるならいいのかも・・・と前向きに考えてみたり。
相変わらず輸液のあとは食べる元気はなさそうだけど・・・
しばらくはこれで様子を見てみたいと思うのだった。。。。。。。
馬には注射を打ったことある旦那さんは
なんのためらいもなく、さっくりと点滴の針を刺してた(すごいー!)
しかし
「くりすも出来るようになろうね。今度は刺してみる?」
といわれ・・・・・・・・・・・^^;
・・・・・・・・・・・・・・でも そうだよねぇ・・・・・
二人ともちゃんと出来たほうがいいのか?
まぁ チャンスがあればチャレンジしてみようかと考え中。
だって、旦那が急な出張とか急な仕事で遅くなったりだとかだと
私がやんなきゃだしなぁ、と思ったり。


・・・・・・・・・・・・・・・ま、どーにかなるかな。



ちなみに、病院へ行ったら
一晩は丸々寝てるふきちゃんだけど
今日はすでに出てきて
ウロウロしている

しかもご飯も食べてくれてた!!

すごい!!!

やっぱり通院のストレスがすごかったのかな・・・・・・・・・・・・・・・


今、後ろでバリバリと音立ててドライを食べてくれいる。


嬉しいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(@⌒∇⌒@) ♪








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.23


そして、ふきちゃんのこと
みなさん見守ってくださってほんとうにありがとうございます。

家での皮下注射の翌日の今日は
ふきちゃん、すこぶる快食です!!

ドライを今日は50g弱ほど食べてくれた!

朝からかなりの食欲で
夕方近くも何度かに分けてあげたけど
いい感じで食べてくれた

いつもなら皮下注射のあとはしばらく寝ていたのだけど
今回はほんとうに普通に出てきてご飯食べて
他の猫と一緒にいて・・・
と元気な頃のふきちゃんに戻った感じだった。

また来週辺りに血液検査に行かなきゃで
その間も一日おきに皮下注射(自宅にて)となるけど
この調子ならふきちゃんも楽かもしれない・・・

通院のストレス、本当にすごかったのかもしれないね、と話していたのだった。

この調子なら、また活性炭も復活させてもいいかもしれないし
今週は様子を見て行きたいと思う。


ご飯を食べてくれて、餌皿がからっぽになってる嬉しさって
ほんとうにいいなぁ・・・と思ったのだった(^^)





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.24


ほんとうは、かずきやちはやさんの写真なども載せたかったけど
ちょっと遅くなっちゃったので
今日はふきちゃんのことだけ。


今日は自宅にての皮下輸液2回目の日。
(一日おきに行う)
昨日の記事で、ふきちゃんの食欲が戻ってきたと書いたけど
今日は朝から全く何も受け付けず、ずっと寝たままだった。
朝の猫トイレもふきちゃんのものはなく
帰ってきてからの猫トイレも 昨日より排尿の量も少ないし
排便もふきちゃんのものが見当たらない。
昨日は出迎えてくれたけど 今日はそれもなかったので
そろっと布団の中を見たら、たぶん自ら毛布の中に入ったのだろう。
毛布にくるまって眠っていた。
そして、ご飯を持っていくが見向きもしない。
旦那にその様子を電話で伝えると
「うーん・・・・・・・・・・・・昨日元気すぎたもんな」
と言う。
昨日調子が良く普通に食べたので
腎機能が追いついていかないのかもしれないと言う。
それは動物病院の先生も言われていて
ふきちゃんの場合は食べたいときに食べさせないと、
仮に無理に食べさせても体が付いていかない状態になっているとのこと。
どうにかするほどの腎機能が残っていないとのことなのだ。

そして、夜に皮下輸液を行う。
いつものようにベットのほうへ連れて行ったのだけど
しばらくして様子を見に行ったら
たぶん、ふきちゃん布団に排尿していた。
ただ匂いもほとんどなく、輸液がもれたのかどうかわからなかったが
輸液がここまで広範囲にはもれないだろう、という結果になり
おそらく排尿ではないかと。
ただ、ふきちゃんの尿ってほんとに飲んだ分を出してるだけなので
匂いがほとんどないのだ。
(他の猫のはもっともっと臭いんだけどね~)
布団など全て洗い、新しいものを出し
ふきちゃんは他の毛布でくるんで、暖かい場所へ連れて行く。
その際にも、えづくような仕草を見せ始める。
(胃に何も入っていないので、吐くことはなかったが・・・)
ひとまず、今は落ち着いている様子なので
明日の様子を見て、どうしてもだったら病院へ行かなきゃと話す。

そして、居間にゲージを買っておこうか?と話していたのだけど・・・
ふきちゃんは寝室が大好きらしく、どんなにしんどくても寝室の暖房の前に行こうとするのだ。
皮下輸液でしんどいだろう体をふらつかせながら、全身の力をこめて寝室まで歩いていくの。
それを見ていたら・・・ゲージに入れて居間に・・・っていうのはちょっと可哀想かな、と思ってしまった。
そんなわけで・・・
寝室に毛布を置いて、暖房の前にふきちゃんを連れて行き、いまはそこで寝ている。


とりあえず。
そんな感じのふきちゃんなのだった。
あんまりいい報告じゃなくて申し訳ないです。


(さらさらっと読み飛ばしてくださいね。メモ代わりなんで・・・・・・)








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.25


【今日のふきちゃん】





昨日はどうなることかとドキドキしたけど
今日急いで帰ってきたら、寝室のベット下で寛いでるふきちゃんを発見!
「よかった・・・・・・・・・・」
と旦那と胸をなでおろす。
(旦那さん、ふきちゃんが心配で一回家に帰ってきたの^^;)
朝も夕方も相変わらずご飯を食べないのだけど
夜になって、モンプチのスープタイプのウェットをあげたら
スープのみ完食!
たかが10キロカロリーにも満たないご飯だけど
それでも食べてくれることは非常に嬉しかった。
(他にも色々試したけど、今日気に入ったご飯はこのモンプチのスープだったらしい・・・(^^;)

そして、3~4センチほどの排便も発見。排尿もちゃんと出来ていた。
(この現場は見たのでふきちゃんのだった)
ただ・・・・・・・・・
あまりにも摂取カロリーが少ないので、かなり下半身が細くなってきている
明日の点滴が終わったらまた新しいのを貰いに行くので
先生に相談してみようと思う。
(でもきっと言われることは大体予想がついてるんで・・・今の感じのままだと思うけど、ね。)
日に日に細くなってく体を見るのは忍びないけど
うん・・・しょうがないのかな、と思っている自分もいるんだなぁ・・・・

しかし。
ふきちゃん、暖かい場所に来たがる傾向がまだあるので
まだ大丈夫だろうと思う。
この状態でそういう場所へもいかなくなって
冷たい場所へ行きたがるようになると、かなりまずい状態と聞いたので・・・
暖かい場所で寝てくれてるし・・・うん、大丈夫。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.27


今日、さっきのこと

旦那さんが
「くりす、ふきちゃんを布団の中に入れたの?」
と聞いてきた。
私は何もしていないよ?と答えると
「そうなの?じゃあふきちゃんが自分で布団に入ったんだ!!」
と言う。

旦那さんがベットを見に行ったら
ふきちゃんが布団の中で丸くなって寝てた!というの。





私も気になって、そろ~・・・・っと見に行った。

布団をそろりとめくったら
ふきちゃんが寝ていた。
















自分から布団に入って寝るってすごい!と思った。
以前のふきちゃんからは考えられないことだ。

点滴したら体が冷えるらしい
だから暖房のそばにいるのだと思うのだけど
いつもいつも暖房を付けているわけじゃない。
だから旦那さんがふきちゃんを布団に入れたのだけど・・・・
それが思いのほか気に入ったのだろうか。

自力でこうして布団に入ってくれるようになったのだった。


皮下輸液を初めて一週間だけど
通院のストレスがないのは、ふきちゃんにはいいと思った。
皮下輸液も慣れてきてくれて、ここ昨日今日などは皮下輸液のあともご飯を食べるようになってきてくれている。
ただ、やはり食欲自体は戻らなくなっていて
昨日が5gのドライとスープタイプのウェット餌、今日は18gほどのドライを食べる。
日によってムラはあるけど、点滴の後などはかなり食欲も減るししょうがないか・・・と思う。
しかし本当なら一日ドライを40~50gは食べてほしいし
以前ならそれくらいは普通に食べれていたのだけど
今は多くても20g弱程度しか食べれない状態になっているのだなとわかる。
だから、写真を見てもらったらわかるかもだけど・・・
体も元々細いふきちゃんだけど、今回の症状の悪化に伴いかなり痩せてきている。

まぁ、しょうがないのかな。

ぼちぼち頑張ろか、ふきちゃん

頑張り過ぎない程度に、ゆっくり過ごせばいいよ、と思うのだった






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2010.3.28


【今日の点滴前のふきちゃん】





今日の食べたご飯は
モンプチのウェット一袋のみ。
ずーーーーーーーーーっと、
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
布団の中で眠っていた。

体力を温存するかのように
ずーーっと眠り続けていたふきちゃん。

夜に皮下輸液を行う
今回は私が針を刺してみた。
ちょっとドキドキだったけど、とりあえず大丈夫だった。
旦那いわく
「さくっとしてあげないと、ふきちゃんも嫌だからさ。失敗したらまた刺せばいいからもたもたしないほうがいいんだよー」
とのこと。
いや、頭でわかってはいるけど・・・なかなか実際となると・・・ね^^;
でも、なんとなくこんな感じ、っていうのはわかった。

皮下輸液のあとは、そのままベットの中で眠っていた。
食欲もすごくムラがあるけど
まぁ・・・・・・・・・・しょうがないか、と。
明日は・・・どうかな。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.29


今日のふきちゃんは
昨日の皮下輸液のあとで、割と元気。
元気だけど、ご飯はドライを10g、ウェット(モンプチ)のスープタイプを一袋食べる。
んー 少ない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10g食べただけで150~200キロカロリー摂れる様なご飯あったらいいのに・・・と
ほんとに思ってしまう。
(しかもめちゃめちゃ美味しいの)

ご飯の後はしばらく布団の中で温まりつつ眠り
そのあと出てきて
今はかずきと一緒の猫ベットでまったり中~(^^)

ご飯は相変わらず食べれない様子だけど
今日は頑張って大好きなかずきのそばまでやってきて一緒に過ごしている。
(こういうのですらも、ふきちゃんにはすごいことなのだ)

そそ
それから
今日はふきちゃん、排便もあったにょ。
コロンとした、以前と同じの形でやや小ぶりだけど 2個(笑)
2~3日置きにこうして排便もなんとか出来ている。
自力で排泄ができるので・・・うん、まだ大丈夫かな。






 
★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.3.30


これは
昨日の夜のふきちゃん。

ブログを書いていたときに
かずきのそばへやってきて一緒に眠っていた姿(^^)












この2ショット見てたら
あの某CMの猫とアヒルの「しあわせよ♪」
ってフレーズを思い出す。

ふきちゃん、ほんとに幸せそうなんだもん

HAPPY(@⌒∇⌒@) ♪





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2010.3.31

昨日は点滴の日だったのだけど
点滴前に20g弱のドライを食べたふきちゃん。
今日は結構具合が良かったらしく、合計30g弱のドライを食べていた。

・・・・こんなに調子がいいと
また明日か明後日あたりに ぐったりと何も食べなくなっちゃうのかなと怖くなるが
それも仕方がない。
栄養を摂取しても
腎臓が働いてないから負担になってしまうのだものね。。。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 6

2010年05月01日 | ふきちゃん まとめ


2010.4.2


【ふきちゃんのこと】











この写真は昨日の皮下輸液のあとの写真。

おとといは結構食べてくれたが
さすがに昨日は20g食べるか食べないか・・・だった。
今日は食べる意欲はあるんだけど、実際食べれる量は少ない。
ドライを10gほどと、モンプチのスープ(エゴマ油入り小さじ1/2)を食べる。


排尿排便は自力で出来る。
布団の中に自ら潜って眠るようになってきた。



・・・・そんな感じかな。

ひとつ、嬉しかったのが
今日の猫の夕飯のとき
他の猫に混じってふきちゃんも一緒に台所へやってきて
足元にかすかながら「すり~」としてくれた!(≧▽≦)
え?とびっくりやら嬉しいやら・・・だったけど
露骨に嬉しがったらふきちゃんが怖がるんで・・・
そのときは普通にしてたけど、すごーーーーーーーーーーく嬉しかった。
ここにきて、少しだけ家猫にまた近づいた感じ?かなー
にゃっほー♪って感じだ。





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜




2010.4.3


皮下輸液も2週間目が終了。
今日は3週目の分をもらって帰ってきた。

今日のふきちゃんは
点滴の次の日なのだけど、いまいち食いつきが良くない。
食べようとやってはくるけど
やっぱり少ない量しか食べれなくて15gほどドライだけを食べる。

そしてほとんどを布団の中ですごす。


でも、よく温まって元気になった夜中などは起きてきて
かずきや他の猫たちと一緒にいるのが嬉しいらしい。
今朝明け方(4時ごろ)も
わたしがトイレから戻ってきたら、ふきちゃんとかずきが一緒に寝ていた。
そのあと6時ごろ起きたときも、ふきちゃんとかずきが一緒に寝ていた(笑)
「いやー、らぶらぶやねぇ・・・朝から2匹めちゃ仲良いなぁ」
と笑いながら猫のご飯を用意したもの(笑)

ただ、日中はしんどいらしくずっと眠ったままなのだ。
でも・・・まだ自力で動くから 大丈夫かな、と話す。
他の猫の存在も大きいのだろうね。
かずき以外とはそんなに仲良くないのかな、と思っていたけど
よく見ていたらそんなわけでもないみたいだし。。。。。。。
5ニャンズ、人間が思っている以上に仲良いのかもしれないねぇ・・・・


ま、ぼちぼち頑張ろうね、ふきちゃん。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.4


今日のふきちゃんは

んー
やっぱりずっと眠ったままだった。
しんどそうだったけど、一応夜には皮下輸液をする。
ご飯は8gほどのドライをたべたのみ。

輸液のあと、少し水を飲んでいた。
しかし、そのほかはずーっと布団の中で眠ったまま。

・・・・・・・・・うーん
やっぱりしんどいのかなぁ・・・と旦那と話す。
調子がいい日が少し続いたので、その反動なのかな・・・







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.5




【ぴょーーーんと伸びた足】








小豆色のふきちゃんの肉球。


にゃは、可愛いー(^^)

















旦那さんに抱っこされていたのだけど

後脚が緊張でぴょーん!とこんな風になっていた(笑)

ほんとにまっすぐ
ぴょんと伸ばしている・・・



そんなに緊張しなくても大丈夫よ、ふきちゃん



と声かけて写真を撮っていたのだけど












案外お顔の表情はリラックス?

(耳はシャッターの音に気をとられていたらしい)



ふきちゃん、今日は割りと元気だった。
朝は食べないけど
夜にドライを30g弱食べる。
ウェットは食べない。

体重を量ってみたら
2.4キロ弱だった。

んー
・・・・・・・・・でも、我が家へ来た頃は2.1キロだったから
そう思えば大丈夫、なのかな。

血液検査もどうしようか・・・と話していたのだけど
もうこれ以上の通院はしんどいだろうと
血液検査も行かないことに。
行って何かがかわるわけでもないし、ふきちゃんの負担になるのなら
それは辛いことだものね。


そんなんで
かずきもちょっと具合悪い中だし・・・
うーん
なかなか「みんな元気!」ってことがないもんだねぇ・・・

しょうがないけど
みんなが元気ってすごいなぁって最近つくづく感じるのだった








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.6


ふきちゃん、やっぱり今日はほとんどごはんを食べていない。
食べた次の日は、反動がどうしても来ちゃうなぁ・・・
ちなみに、今日は皮下輸液だった。
輸液のあとは、お布団の中で温まって眠っている。
今、寝室から鈴の音がしたので
ふきちゃんが出てきたみたい・・・
明日はごはん少しでも食べてくれたらいいなぁ・・・

・・・うーん、私ってばいつも輸液のあとはこんなこと書いてるかも^^;
でも、頭で輸液のあとは食欲がなくなるってわかっていても
やっぱり心配なものなのだ・・・^^;







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.7


んんー
今日はとっても眠いなぁ・・・

でるたんはいつもごきげんな表情だよね~







そう?くりすは眠いにょ?最近眠そうだね~





ね~
春だからねぇ・・・・・・・・・
色々人間は眠いのよ(笑)

でるたんは 相変わらず元気に寝てるよね~








だってぼくねこだもん~ 猫は寝るのがお仕事にゃ♪






そっか(笑)
いいなー寝るのがお仕事!

私もたまには 君らのごはんのねだる声聞かずに
ゆーーーーーっくり寝てたいなぁ(笑)





・・・・・・・・・・と、思うのだった(笑)






        



        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  








昨日の記事を書いた後、深夜のこと
ふきちゃんの様子が悪くなった。

おそらく排便できていないがために、毒素が体にたまってきて
胃液を吐いたと思われる。
一応、なんとか排便をさせて(ここの部分は割愛させてもらいます)
色々吐いたものや、排便、排尿などの処理をして寝たら
かなり遅くなっちゃったのだ。
たぶん、ご飯を食べれなかったのも
おそらくそういう症状などが関係しているだろう。
正直、力む力も残っていないのが現状で
たった一日ちょっとでかなり・・・・さらに痩せたと感じる。
もう・・・足の辺りの骨とかお腹の辺りとか・・・・
見ただけでも痩せたな、とわかるのだった。

ただ、昨日は自ら寒い場所へ行きたがって
暖かい場所を嫌がっていたのだけど
(これはかなり症状的に悪い状態)
今日になってからは、排便を促してきちんとでたせいか
暖かい場所で眠ろうとしているふきちゃんなのだった。
暖かい場所で眠ろうとしてるなら、まだ大丈夫かな。。。。。と少しだけ
ほんの少しだけ安心。

病院へ連れて行っても
きっと点滴や注射されて、きっと入院などになるのだろうなと思う。
その延命をして あと半年、一年・・・いやいや、もっともっと良くなるんですよ、と言われたらそうすると思うけど
実際はそうじゃないのもわかりすぎるほどわかる。

輸液ですらも、彼女のストレスなのだろうになぁ・・・と思うと
この細くなったふきちゃんを無理矢理キャリーに入れて病院へ行くのは可哀想だなと思うのだった。

我が家へ来た時点で、かなり悪い状態だったのもわかる。
家庭内野良猫状態だったふきちゃんを
無理矢理にでも病院へ連れて行ってみてもらったほうがよかったのかな?とか
もっともっと慣れてからもう少し暖かくなってから病院へ行こうっていう考えがダメだったのかな、とか
色々考えてしまう。
ふきちゃんにとって、良かれと思ったことが結果ダメだったのかな?とか
具合の悪そうなふきちゃんを見ると
グルグルとそんなことを考えてしまうのだった。

ひとまず、ふきちゃんは今はお布団の中で寝ている。
今日は輸液もないからゆっくりゆっくり眠っているはず。
暖かい場所で眠ってくれることがこんなに嬉しいとは。


頭の中では、症状のことも色々わかっているつもりなんだけどねえ・・・
やっぱり実際目の前で辛そうだと
色々余計なことまで考えてしまうものだねぇ^^;・・・

こんなんじゃあかんなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・と反省なのだった。





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2010.4.8

うちのにゃんず通りの一番暖かい場所には
「猫のアパート」があったりする。


2段ボックスがあって、なんとなくそう見えるんで
そう呼んでいるのだけど(笑)


(にゃんず通り=暖房の風の通り道で我が家で一番暖かい場所w)










暖房が効いていて
この場所結構暖かいので
みんな今の肌寒い時期も寝たがる場所なのだけど
珍しくふきちゃんが猫アパートの2階(上段)に座っていた。




下段のちはやさんはもともとこの猫ベットにいたので
ちょっと目を離した隙に
ふきちゃんが上段のほうへ登っていったのだろう。


ふきちゃん、ここ登っていったの?





うん、足かけてよじ登って行ったよ~






そか^^;
よじ登って、ってとこがふきちゃんらしいというか・・・うん、そっか。




ふきちゃんは、そこ何も敷いてないけど
痛くない?
大丈夫?








ここ、暖かいからいいわね~




ってな感じで
満足そうなふきちゃんの表情だった(^^)



もうなかなか食べることもままならないふきちゃんだけど
こういう自分が行きたい場所には
這ってでも行くというその心意気がステキだな~と思う。


暖かい場所で、好きなように過ごしなさいね、ふきちゃん♪







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.10


昨日は、以前預かっていたジンジャーとゼンの飼い主さんのささきさんが
我が家へ遊びに来ていた。
(カテゴリー「ぜんとじんじゃー」で2匹の写真見れます~)


いつも来てくれたら、本当にずーーーーーーーーーーーーーーっとこなつやでるたと遊んでくれるのだ。
昨日も4~5時間、食事以外でずっと遊んでくれていた。
ありがとうね~


そして、なんと今回は新しいおもちゃまで持ってきてくれていて!












ねずみのおもちゃで、尻尾に可愛いピンク色の羽付なのだった♪

こりゃ、みんな喜ぶわ・・・と思ったら
案の定、こなつもでるたも食いつきがかなり良かった。
しかも、ささきさんは猫を遊ばせるのが上手なんで
猫たちも飽きることなく延々と遊べるのだった。
飽きっぽい私には無理だわ~・・・といつもささきさんが猫と遊ぶ姿を見るにつけ
そう感じるのだった(笑)

そして、なんと昨日はふきちゃんも出てきてくれてね~
一緒にこの新しい猫のオモチャで遊んでいたのだ!
最近はこんな感じで遊ぶことがなかったふきちゃんだけど
昨日はひょっこり出てきて
一緒に遊んでいたなぁ・・・
そして。
楽しい時間を過ごしたせいか、
今日も体調が良かったらしいふきちゃん。
ご飯も昨日に引き続き
20gほどのドライと、モンプチのウェットを完食してくれたのだった!

「すごいね、若者パワー」
と旦那が言っていたよ~(笑)
(ささきさんは若者なので、元気いっぱいなのです)

ふきちゃんも若者パワーのおすそ分けで少し復活したっぽい感じだった。






★ おまけ  ★







これは私達へのお土産でした!
牛乳美味しかったです!
もうほとんど残っていないので、明日の朝で終了~
いつも思うのだけど
北海道の牛乳って美味しいんだよねぇ・・・・

チーズは明日に食べます。
今日は日本酒だったので、ワインと一緒に明日いただきます~


ほんとうにありがとうでした、ささきさんー♪





追記

ふきちゃん、昨日からかなり食欲がある。
昨日は30gのドライを完食
今日は25gほどのドライとモンプチのスープを完食。
お腹が減ったら@うわぉーーーーん!!@と鳴く
寂しくなったら@うわぉーーーーん!!@と鳴く

食欲があるのは非常に嬉しいのだけど、また数日後の便秘が怖いなぁ・・と。
腎機能が悪いと、そのまま飲んだ水も排尿してしまって
結果、便秘になってしまうそうだ。
たしかに・・・・・・・・・・・・・・・思い当たる節はかなりある。
先日、猫餌と一緒に
小粒タイプの植物性の活性炭のネフガードというのを頼んだ。
これ、少し軟便になりやすいそうなんだけど・・・
便秘がちのふきちゃんにはちょうどいい効果が出ないかな?と思ったりしている。

病院の先生いわく「いつどうなってもおかしくないと思う」
と言われたふきちゃん。
でも、頑張ってるなーと本当に感心だ。
ケアをきちんとされているんですね、と先生に言われたけど・・・
いやたぶん普通のことしか、我が家はしていないので
やっぱりふきちゃんの生命力がすごいのだろう、と思ったのだった。

まぁ、まったりゆっくりがんばりや

と、本当に思うよ。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.11


猫は大きな声とか嫌うというけど

私がたまに出すある種の大きな声に関しては全く無関心だ。





今日の午後も
私ひとり声出してテレビ見てたんだけど
猫は誰一人として起きることなく
眠ったままだった・・・



【かずきとちはやさんはソファにて熟睡中】







【こなつたんも棚の上で熟睡中】









【でるたはふきちゃんと一緒に爆睡中♪】







旦那が
「ほら、そんな大きな声出したら猫が起きるよー」
とたしなめたのだけど

見回したら、うちの5にゃんず
みんなそういうのに慣れているらしく・・・・
みーんな熟睡していたのだった^^;





ふきちゃん?ごめんねー
うるさかったなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・?





みんな起きてないから平気よ





そういわんばかりに
ふきちゃんもまたこの後眠りに入ったのだった^^;



ふきちゃん、ずいぶん他の猫たちと距離が縮まったなと驚く。
さっきも寝室へ行ったら
でるたと一緒に寝ていた。
今日は輸液の日だったのだけど、輸液のあとは寒くていつも布団の中で眠るのに
今日は布団の上ででるたとくっついて眠っていた。

ずいぶん慣れてきたねー・・・ふきちゃん。
やっと、こんな風にふきちゃんを普通に見れるようになるのに
半年近くかかったんだなぁと思ったのだった。

今まではずっと一人で眠っていたけど
一人より、みんなと一緒が楽しいんだなーと思ってくれて本当に嬉しく思う。
こんな感じで
ご飯食べなくても、出てきてほしいなぁ
・・・・と思うのだった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.13


ほのぼの~と

じーさんのかずきと
(たぶん)おばーちゃんのふきちゃんが
椅子の上でまったりとしていた。













ふきちゃん:「かずきじーさん、今日は風がすごいわねえ・・・」
かずき  :「うん、ほんとになぁ・・・明日はもっと寒くなるとか・・さっきくりすが騒いでおったよ」
ふきちゃん:「そうなのですねぇ、春はまだまだですねぇ」














・・・・・・・・・・そんな会話が聞こえてきそうな
2匹の2ショットだった。


良い姿だねぇ(^^)







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜






これ、先日頼んでいた「ネフガード」という活性炭。
体内の窒素尿素を体の外に排出してくれるものだ。
病院では違う活性炭だったのだけど
便秘気味のふきちゃんには、こっちをあげてみることにした。
(若干、軟便っぽくなる猫もいると聞いたので・・・)
かずきにもあげたのだけど
かずきはまぁ普通に(笑)
「あぁ・・・活性炭の色だね^^;」っていうような黒っぽい排便だった(^^;










一粒がベビーチョコぐらいの大きさかな?
小さな小さな粒なのだけど、これをあげるのだ。
しかし、ふきちゃんに飲ませたら
「ぺっ!!」
と吐き出す(^^;
(旦那さんは嫌がられて手まで引っかかれていた^^;)
でも、頑張って飲んでもらって・・・というのを繰り返しているけど
ふきちゃんへの効果は・・・・・・まだ2日目なのでいまいちわからないのだった。。。

ここ最近はふきちゃん割と元気があって、いい感じに復活してきていた。
ただ、食欲があると言っても食べる量は本当に少ない。
でも少しでも食べてくれることは私達には嬉しいのだけど
腎機能がかなり良くないふきちゃんには
食べることすらも、からだの負担にもなってしまうのもわかるので
この活性炭で少しでもそういうのを軽減できたらいいな・・・と思ったのだけど
うーん・・・・・・・・・
どうなんだろうなぁ・・・・・・・・^^;・・・・・・・

まぁ味などはないそうなので
わかんないように見た目は真っ黒になってもいいから
ウェットなどに混ぜてもいいのかな?と話していたのだけど
よーく考えたら
ふきちゃん、ウェットよりドライ大好きなんだった・・・と思いなおす(^^;
はー・・・
頑張って飲ませるしかないねぇ・・・と思いなおしたのだった。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.14


ふきちゃん、食欲があまりなくて
輸液の後だからかなー?と思ったのだけど
排便もしていなかったので
浣腸(乳児用)で排便を促す。
ネフガードをあげてはいるのだけど、うちの猫たちにはいまいち軟便の効果はなくて
かずきも至って普通の排便だった(^^;
ふきちゃんも似たような感じで・・・ただふきちゃんの場合は水分は尿としてほとんど排泄されてしまうので
便秘になりやすくなっているのが事実なのだ。
だから、少し軟便気味になりやすかも?と噂のネフガードを買ってみたけど・・・
やっぱり猫によって個体差があるのかな。
あまり体に便が溜まるのもダメなので、動物病院の先生お勧めの乳児用の浣腸を使う。

そうしたら、綺麗なのが出ました・・・・・・・・・・・・・・(〃_ 〃)ゞ

でもね
ほとんど食べてないから
ふきちゃんの何日分かの排便は、他の猫の1日分弱の量しかなくて
「あぁ・・・・食べてるな、と思っても、これだけなのだなぁ・・・・・・・・・」
と妙に実感してしまったのだった。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.15


ふきちゃん。
今日はずいぶんと食欲があった
・・・・・・・と言っても、規定量以下の量しか食べれないけど
でもドライを20gちょっととウェットを一袋、食べた。
そして、今までと違ってきているのが
お腹がすくと自分で鳴いて催促できるようになったのだ。

可愛い声で
「にゃあ!」
と鳴くの(*⌒∇⌒*)♪

ふきちゃんの意思表示の声はすごくわかりやすくて
眠っていても
明け方お腹すいたら「ニャア!」とベットの下からでも十分聞こえるほどの声で鳴く(笑)
かずきがにゃあ、って鳴くと
ふきちゃんも頑張ってにゃああと鳴く。
で、目が覚めて
寝ぼけながらも
「はーい・・・・ごはんね~・・・・でも、もう少し寝させて~・・・・」
(たぶん朝5時前とかそんな感じかな)
と、何度か返事をして
目覚ましがなったら、ふきちゃんも他の猫と共に私の体の上にどっしり乗って起こしてくれるのだ(笑)
「あー・・・おはようさん、みんな。ふきちゃんも私の上に乗ってたんやね~」
と朝から嬉しくなる私。
ここ最近、どんどん人間に対して意思表示をするようになってきた。
うちのニャンズたちがそんな感じだから
「あ、そういうのしていいのね」
っていうのがわかってきたのかな。

嬉しいふきちゃんの変化なのだった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.16


今日、さっきのことなんだけど
ふきちゃんが自力で排便できた!!
すごい、と思った。
今日は輸液をしたのだけど
いつもならぐったりで布団から出てこないのに
今日は早い時間に出てきていた。
一人が嫌なのか、他の猫たちのそばで過ごそうとしているように
暖房を入れていない少しひんやりしてる居間で過ごす。
「ふきちゃーん・・・お布団じゃなくていいの?」
とふきちゃんの体をマッサージするように暖める。
でも、やはり輸液のあとなので体は冷たい。
人間は暑いけど、ふきちゃんが気持ちいいなら・・・と思い、暖房も少し入れる。
しばらく、その暖房の前で過ごしていたのだけど・・・
いきなり起き上がって、猫トイレへ向かったふきちゃん。
たぶん、もう2キロちょっとほどもあるかどうかの体なので
歩くのもよたついていて、まっすぐ歩けないほどフラフラなのだ。
そんなふきちゃんが、さっき自分できちんと歩いてトイレ行ったのだった。
そして、こそっと後から見ていたら
なんと、きちんと自力で排便をしていたのだった!
「すごい!ふきちゃん、えらいっ!(≧▽≦)」
と叫びたいのを我慢した私。
ほんとに少量のモノだったけどちゃんとトイレはできるんだぁ・・・(; ;)えらい。
くりすおばちゃんは嬉しい、と心から思ったのだった。

きっと健康な猫だと、これが当たり前なのだと思う。
けど
このかなり状態の悪いふきちゃんに関しては
「食う」「遊ぶ」「トイレ」←(特に排便) 
この3つができるというのは、本当にすごいことだろう。

ふきちゃんは
自分で自分の居場所を選べる元気があるから大丈夫。
声も出して意思表示できるから大丈夫。
・・・・・・・・・かな。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.19


ふきちゃん、便秘対策の浣腸のおかげなのか
腎臓食を一日20g前後を3日に2日は食べる感じになっている。
そのご飯も、いままでは寝室のベット下と決まっていたのだけど
ここ最近はずーっと他の猫と一緒に食べる。
離れた場所で食べさせようとすると
「にゃーーーーーーーーーーーーーーーっ!」
と鳴く。
そして、他の猫のそばへ連れて行くと食べる。
輸液のあとも
今までは布団で寝ていたけど
しんどくても、居間のほうで他の猫たちと一緒にいたいらしい。
とにかくずっと他の猫たちがいるそばで一緒に過ごしたいふきちゃん。

半年で
こんなに心境に変化があるとは。

嬉しいなぁ・・・・・・・・・(; ;)

みんなのそばで過ごしたがるふきちゃんは
すっかり我が家の子だなぁ・・・と思うのだった(^^)






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 7

2010年04月30日 | ふきちゃん まとめ

2010.4.20


今日のふきちゃんは、でるたんと一緒♪












でるたんと体の大きさ一緒に見えるかもだけど
実は、でるたの体の1/3ほどの上にふきちゃん、乗っかってます(^^;

それでやっと同じ大きさに見えるという・・・・・

たぶん、
「ふきちゃんの体重×3倍近く=でるたんの体重」
な気がする・・・^^;

我が家最大の猫でるたと、我が家最軽量の猫ふきちゃんの2ショットでした。


ふきちゃん、今日は夜に少しだけ食欲が出る。
そのあと、ねずみの猫じゃらしを見て
でるたやこなつに混じって一緒に遊んでいた(^^)

歯がないので口でくわえての逃走は無理だったけど
かなりずっと遊んでいたにょ。

今は
空き箱に入って寝てます(笑)




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.21


ちょっと前のかずきとふきちゃんの動画。

BGMつけようかと思ったけど、
それやってたら今日は無理だなーと思ったので
そのまま載せることに。





※ 音はほとんどないのですが長いです。
  2分近くあるんで・・・まぁそんな感じの動画です。








この動画を撮っている間
ずーーーっと
某CMの猫とアヒルのあの曲が頭のなかを流れていた。

「幸せよ」って。


ふきちゃん、この日は体調も割りといいときで
夜遅くになってきて
かずきが寝ていた箱に一緒に入って寝ようとしていた。

ふきちゃんがかずきに甘える仕草が、ほんとに可愛くて可愛くて。
以前にいたお屋敷では、こんな感じのことあったのかな?
あまりオス猫たちとは折り合いも良くなかったと聞いたけど・・・
他の猫と一緒にいる姿は見たけど
こんな風に甘えることはなかったのだろうか・・・
本当にふきちゃんは、かずきの事が好きなのだなと思うのだ(^^)



この動画のあとも
ずっとずっと、かずきはふきちゃんの毛づくろいをする。

そして
そのあと、2匹でゆっくり寝始めた















よかったねぇ 

心からそう思う時間だった。



今日のふきちゃんは
あまり具合が良くない。
ちょっとしんどそうで、朝に少し・・・・5gちょっとのご飯を食べたきりで
そのあとは何も食べようとしない。
その様子を見て、夜に浣腸をしてお腹の溜まっているものを出し
そのあと輸液をする。
ちょっとしんどかったかもしれないが
お腹の中の老廃物が出れば、少しは楽になるかもしれない。
輸液は最初は一日置きだったのだけど
最近調子がいいことが多くなってきたので
先生と話して、様子がいいなら3日に一回とか回数を減らしてもいいことになる。
それでも輸液はしないとだめなのだけど、ね。

そして活性炭のネフガードは毎日朝晩1~2粒づつ飲んでもらう。
ウェットを食べてくれたらそれに溶かすのだけど
ふきちゃん、具合悪くてもドライがすきなのだ^^;
だから直接口へ投薬する。
でも、効果は・・・はっきりとはわからない。
長い目で見たら効果がありますと言われたけど
ふきちゃんには遅すぎたかもしれないかな、と思いつつあげている。
しかし、このネフガードを飲むのが大嫌いなふきちゃん。
旦那と私と2人作業であげているのだけど・・・・・・・・・・・・・・
ふきちゃん、本気で嫌がるので旦那も私も傷がいっぱいなのだ^^;
(歯はないけど爪は切っていても立派なんでねぇ^^;・・・)

しかし、私達の傷の分以上に
ふきちゃんにはこういう投薬もストレスなのかも。と思うけど
頑張って毎日飲んでもらっている。

今は暖房前の椅子の上で眠っている。
明日は良い具合になっていたらいいなぁ・・・

そんな感じで
今日のふきちゃんは終了でし。





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2010.4.22


でるたんとふきちゃんが
一緒だったのでちょっと撮ってみた









前後の位置関係があるけど
それを割り引いても、ふきちゃんとでるたんの体格差はかなりある。
夜中とか
トイレに起きたら足元ででるたとふきちゃんが一緒に寝てること多いのだけど
やっぱりふきちゃん、でるたの体の上に乗っかって寝てるの(笑)
湯たんぽ代わりなのかな、でるたん(笑)
モフモフで暖かそうだもんね~





★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2010.4.23

 
ここしばらく
最高気温が10度あるかないかのような
寒い日が続く札幌だけど
今日の昼前ごろ
外が明るくなって、陽が差したので猫たちを外へ出してみた。




ベランダへ出たら
どこかから
「クルックゥ クルックゥ」
とハトの鳴く声がする。


「あ、ハトの声やね。どこだろ?」

と探していたら
でるたん、いち早くハトを見つけて狩りモードに入っていた(汗)












でるたん・・・・・・・・・
飛び掛っても獲れないから、ジャンプしないでね^^;



こなつはハトではなく
違う何かの音を聞きつけてずっと見ていた。















珍しくかずきも外へ出てきて
日光浴をしている。
かずきにしては珍しく長い時間外にいたっけ。













ちはやさんは、段ボールのそばにいたので
写真を撮ろうとしたら
そそくさと逃げてしまったので、お尻だけ(笑)

















あまりに気持ちのいいひとときだったので
寝室で寝ていたふきちゃんをそろっと抱っこして
ベランダにつれてきた。

ベランダ、今日はいい日差しだから
ふきちゃんも少し過ごしてみるかな?

と言いながら
かずきのそばに座らせる。













写真はこっちのほう見てるけど(笑)
外の音や空気を
久しぶりに感じていたのかな。
しばらくここにいたのだった。







ふきちゃん、今日体重測定をしてみた。


2キロ だった。


我が家へはじめてきたときで2.1キロ

そのときに戻っちゃったけど、ふきちゃん自身の幸せ度はあのころより高いと思う。

こんな風に
好きなように好きな感じで過ごしていきなさいね。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.25


【ふきちゃんメモ】


※ 食事中の方や、そういう話題がダメな方はすっとばしてください。




昨日輸液を行い
今日は浣腸で排便を促す。
ふきちゃん、もう自力で排便することが出来ないので
浣腸でそういう風に促してあげないとダメなのだ。

しかし。
出ない。
浣腸で排便を促すと大体30分以内ぐらいで何度かに分けて
少量ながらも溜まっている便を出してくれるのだけど
・・・今日はダメみたいだ。
ご飯は食べていないわけではない。
少しながらでも、食べてはいるし
お腹に少しながら便は溜まっているのはわかる。
でも
もう排便を促しても出てこなくなってきている。
たぶん、摂取する水分はほとんどが排尿に回ってしまっているために
腸のほうまで水分がいきわたらないため排便も厳しくなってきているのだろう。

このまま便が溜まっていくと・・・
たぶんまた尿毒症の症状が出るのだろうなと想像は付く。
それを避けたいので排便を促しているんだけど
それも厳しい状態になってきたんだなと、今日実感した。

今は
かずきと同じ猫ベットで2匹一緒に眠っている。
ふきちゃんの生きる力は
他の猫たちと一緒にこうして眠ったり一緒に過ごしたりするのが
今の生きる力の支えなのかもしれないね、と話していたのだった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.26

今、ふきちゃんを助けてくれてるのが
この子。




湯たんぽのうさぽん!(勝手に命名)











ふきちゃん、寒がりなので
頑張って暖めてあげてね、うさぽん。









うん、頑張るね!





        。 
        。
        。
        。
        。




しかし
暖めてもらうはずのふきちゃんは
愛しいかずきと一緒に熟睡中だった(^^;







うわーーーーーん、一緒に誰も寝てくれない(; ;)…
・・・ってな感じの湯たんぽうさぽん。





だっ 大丈夫!
そのうちきっと、ふきちゃんとか誰かが一緒に寝てくれるって~♪

・・・・と
思いつつ
様子を見る私(笑)

いやー湯たんぽセットしたタイミングが悪かったかな。
みんなそれぞれ熟睡してるもんなー・・・と反省。





しかし
そうこうしてたら
ふきちゃんがやってきて、うさぽんと一緒に寝てくれた。

















よっしゃ!

湯たんぽ購入した甲斐がありました(笑)


せっかく購入したんだもん、使ってもらいたいものね(^-^)





そのあと、この湯たんぽはすっかりふきちゃんのお世話係りになって
ちょっとしんどそうなふきちゃんを暖めているのだった。







役に立てて嬉しそうな湯たんぽうさぽんと、暖かそうなふきちゃん♪






こんな風に、ふきちゃんはずっと眠ったままだ。
4月19日ごろはだいぶ食欲も戻ってきた様子だったので嬉しかったけど
そのあと食が細くなっていった。
昨日は深夜に具合が悪くなり
そのまま寝たままとなる。
元々その少し前から、歩様などもふらつく感じが多く
筋肉がかなり落ちてしまっているなと感じていた。
そして、昨日の深夜に具合が悪くなる。
本来は一日おきの輸液だけど、水分補給のため輸液を行い強制給餌も行った。
しかし・・・朝になっても手足に力が入らず
歩くこともままならなくなって、排泄も寝たままとなる。

立ち上がれなくて、歩けなくなってしまうほど衰弱しているふきちゃんだけど
苦しそうな感じは今のところ全くない。
静かに暖かい場所でゆっくり眠っている感じだ。
吐くこともないし、呼吸もいたって静かだ。
強いて言うなら「老衰」ってこういう感じなのだろうか・・・?と感じる。

そんなふきちゃんを目の前にして
うちら夫婦は特に何も話さないけど
たぶん、それぞれが色々考えているんだろうな、と思う。
ふきちゃんを我が家で預かることを決めたときからこういうのはわかっていたことだし、
私達も高齢のふきちゃんに無理な延命はしないと決めていた、けど。

これでよかったのかな。
うん、多分・・・ 
でも、もっと色々出来たのかな?
どうだろうか・・・・ 
などなど、堂々巡りの考えをしているんだろう。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.28


ふきちゃん、もう何も口に出来なくなり立ち上がることも出来なくなって
もう丸4日ほど経つ。
今日も湯たんぽうさぽんと一緒にずっと眠っていた。
出かけ先から帰ると
出迎えてくれるニャンズ4匹それぞれの名前を呼びながら
ただいまーといい、ふきちゃんのところへ行く。
ちょっと前ならふきちゃんも出迎えてくれていたのに。
もしかしたら急激に良くなって出迎えに来てくれるんじゃないか?など、一人妄想をしてしまう・・・
でも現実は、寝たきりのままのふきちゃんで
でもうっすらと目を開けて
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、帰ったの?」
って顔をしてくれる。

呼吸もゆっくりおだやかだ。

排尿のチェックをして、
排泄していたら体を綺麗に拭いて、猫ベットの中のシーツとか入れ替えて
タオルなども入れ替えて
湯たんぽにお湯を入れなおして
他の猫におやつ代わりのごはんをあげて・・・

そんな感じで遅い午後が過ぎて夜になる。

夜になっても
しばらくはふきちゃんの様子を見ながら
他の猫と遊んでご飯をあげて・・・と言う感じだ。

日ごと時間ごとに、呼吸はゆっくりなっていっているけど
まだ微かだけど意思表示をする瞬間があるので
もう少し大丈夫・・・かな?と思ったり。
目も見えているのかどうかはわからないけれど
それでもひげを動かしたり、耳を動かしたり、こっちを見たり、手を動かしたり・・・・
何かしらの意思表示をしてくれるふきちゃんに安心するのだった。





我が家へ来た頃
2.1キロだったふきちゃん。
あの頃も具合は決して良くなかったはずだけど
我が家へ来た頃の写真を見ながら
「綺麗やん~♪」
とつぶやいた写真。










私がはじめてお屋敷でふきちゃんを見たときも
こんなびっくり目の綺麗な瞳だったんだよね、と思い出す一枚なのだ。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜


2010.4.29


コメント欄に夫が記入したのですが
本日4月29日午後1時ごろ、ふきちゃん永眠しました。
我が家へきてちょうど半年経ったばかりの出来事でした。
お屋敷のほうでも、慢性腎不全との診察結果をもらっていたふきちゃんでした。。。

今月25日の夜辺りから具合が悪くなり
食事も何もとることが出来なくなり、
ほとんどそのまま寝たきりとなっていました。

そして、昨夜は湯たんぽうさぽんと一緒に眠っていたのですが
ブログに書いていた通り
呼吸も少しずつゆっくりにはなってきていました。
でも、まだゆっくりながらもしっかり息をしていたので
「大丈夫かな」と思ったのが深夜1時過ぎのこと。
そして、今朝6時過ぎに様子を見たら
猫ベットから自力で這い出して床の上で眠っていたふきちゃんを発見したのです。
冷たくなっていたものの、かろうじて呼吸をしていて心音も聞こえたので
すぐにストーブを点けて湯たんぽにお湯を入れなおし
体をマッサージしてふきちゃんを温めました。
そのあと、呼吸は浅いながらも体温も戻った様子で落ち着いていたように見えたので
正午過ぎに少し買い物へ夫婦で出かけました。

30分弱ほどして帰ってきたのですが・・・
ふきちゃんを見たら、呼吸が止まり始めていて
止まっては大きく息を吐き、また息が止まっては大きく息を吐き・・・
というのを10分ほど続けていたのです。
そして、1時を少し回ったころ完全に呼吸も止まり心音も止まりました。
まだ信じられなく、ふきちゃんがもう一回息をするんじゃないかと思ったりしましたが
なくなった直後から、体臭がいつもと違う匂いになり
その臭いではじめて「ふきちゃんは死んだのだな」と実感したのです。

本当にほとんど苦しむことなく
大きな呼吸をしただけで、ふきちゃんは永眠しました。

あと少し帰るのが遅かったらふきちゃんの最後を看取ることができなかったかもしれない。
これが昨日や明日だったらみんな家にいなかったかもしれない。
そう考えると、
「ふきちゃんはみんな全員が揃う時間まで死ぬのを待っていてくれたんだな」と
涙がポロポロ出ててしまって・・・

私達は高齢猫の介護など初めてで
ふきちゃんには色々嫌な思いなどもさせてしまったかもしれない。
そして今まで「これでよかったのかな」「うちでよかったのかな」とずっと考えていました。
しかし・・・
苦しまずに静かに死んでいったふきちゃんを目の前で見て
そっか、これでよかったのだな・・・
と、やっと感じることが出来たのでした。


ふきちゃんの遺体は
牧場を経営している親戚さんの家の庭の栗の木の下に
今日埋めてもらいました。
そこは、歴代のそこの牧場を守ってきた猫や犬達が眠る場所だそうで。。。
そこの一角の福寿草が咲くところに、丁寧にふきちゃんを埋葬してもらったのです。
他の猫たちも一緒ならふきちゃんも寂しくないよね、と
主人と話しながら家路に着いたのでした。


そして、
今回ふきちゃんのことで色々な方たちからメッセージ、メール、コメントなど
暖かい応援の言葉を頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
本来ならもっと早くにダメだったかもしれないふきちゃんなのですが
そういうみなさんの思いが、ふきちゃんに伝わっていたのでしょうね。
思った以上に元気で最後までいい子で頑張ってくれたのだな、と思います。




最後に。
寝たきりとなる直前のふきちゃん。
大好きなかずきと一緒の最後の写真です。












かずきと一緒のふきちゃんは
本当にいつも恥らいながらもすごーーーく嬉しそうでした(^-^)





おやすみなさい、ふきちゃん。








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.4.30


ふきちゃんがいなくなって丸一日と半分近くが過ぎた。

少し・・・
我が家は落ち着いた感じだろうか。


うちら夫婦は
みなさんのふきちゃんへの愛情のこもった
たくさんのコメントやメッセージに驚き、すごく嬉しく思い・・・・
「ありがたいね」
「ふきちゃん、みんなに愛されていたんやね・・・」
と話す。
しかし、普通にしているつもりでも、心のどこかには隙間風みたいな感じで
ふとした拍子に
「寂しいねぇ・・」
「・・・うん。」
とつぶやく。

そして
お互い見えないところでこっそり泣いていたりして。

いつもいた、居間のドアの付近とか
なんとなくふっと気配を感じて振り返って
「あ、そっか。いないんだ」
と思う。

帰ってドア開けたら 居間と玄関の間の廊下へ
びっくり目のふきちゃんがいつも迎えに来てくれていた。
「おーふきちゃん~」
と呼んで近づくと、びっくりして逃げちゃうんだけど
あとで顔だけ見せるという・・・
今でも帰ったら、それが当たり前だったので
「あれ?ふきちゃんは?」
って思うのだけど
あ、そっか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思うと非常に寂しい。
・・・と旦那がつぶやく。




【こんなびっくりな・・・いやもっとびっくりな感じの表情だった】





5匹が4匹になっても
やっぱり寂しいもんは寂しい。
みんなそれぞれが違うから、
「ふきちゃん」という存在がいなくなるのは
やはり思った以上に寂しいのだな・・・と
ほんとうに心からそう感じる。
それと同時に、わかってはいたけど
改めて「猫って同じ性格や同じ個性の子はいないんだ」と思いなおす。
ふきちゃんの穴は他の猫じゃ埋められなくて
その逆もそうだろう。
この穴を埋めるのは、時間だけなんだろうなー・・・と思うのだった。

そして、我が家の4にゃんずは・・・というと。

我が家のニャンズたちは相変わらず
淡々といつも通りに過ごしている。
いつもと違うと思ったのは、ふきちゃんが息を引き取るあの瞬間・・・・
それはそれは静かに
4匹がみんなふきちゃんを見つめていた。
そしてそのあとはいつも通りに。
いつも通りにご飯を食べて寝て遊んで・・・を繰り返す。
そか
生きるってこういうことなのよね、と
彼らを見ていたら感じるのだった。


ただ、やっぱりふきちゃんのことは悲しくて
ふと何かの拍子に涙がぽろぽろ出てしまう感じなのだけどね・・・


でもねぇ
ふきちゃんを通していっぱい知ったこともあったし
勉強もしたし
すごく楽しい5ニャンズの生活だったし。

ほんとうに「ありがとう」とふきちゃんに思っているのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.







みなさまへ



みなさん、ふきちゃんへのたくさんの言葉と気持ち、ありがとうございます。

ふきちゃん、こんなにみんなに見守られていたのだなと
読みながら胸が熱くなってしまいました。

3月の上旬に「もうだめなのかな」と思ってから
それでも頑張って2ヶ月生きたふきちゃんでした。
それは病院の先生もびっくりしたほどで。。。。
ふきちゃんを通して
生きる強さ、生命力などを改めて感じ取ることが出来たのでした。
ありがとう、ふきちゃん。



そんなわけで。
みなさん、ふきちゃんを通じて長い間の応援ありがとうございました。
これからは残った4ニャンズと一緒に
またいつも通り暮らして生きます。
ふきちゃんも病気だったけど・・・
実はかずきも病気なので(^^;
彼のケアもちょっとふきちゃんのパタパタで少し(・・かなり)おざなりだったので
これからきちんとしてあげたいです。
(ごめんよ、かずき。)


書きたいことはいっぱいなのですが
言葉が見つかりません。
ボキャブラリーの少なさを今更ながら悔やんでしまいます・・・・・・

ほんとうに色々みなさまありがとうございました。
この場を借りて
お礼を申し上げさせてもらいます。

そして・・・
本来ならば個別にお返事をしないといけないのですが・・・
この場を借り、たくさんのふきちゃんへコメント、メール、メッセージなど
みなさまへのお礼と返信とさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。




追伸
本来なら、リンクさせていただいているブログへもお邪魔してコメントさせてもらいたいのですが・・・・・・・
今、そこまでの気力がなかなか湧かなくて・・・・
拝見させてもらっているのですが、ぽちっとして読み逃げ状態です。
すみません・・・・
近いうちに気力と体力とをつけて
みなさんのブログを楽しみたいと思いますので
それまで気長~・・・にゆる~くみてやってください。。。。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.5.16


5月15日の土曜日は天気も良い事だし
ふきちゃんを埋葬してもらっている牧場さんへ
届け物がてら行くかねぇ・・・と、午前中に出発した。




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::





先日のあの天候の悪さはなんだったのだろう・・・?と思うほどの

抜けるような青空の土曜日。





【水色の紙じゃないです(笑) 青空です!】






ほんとにこんな綺麗な青空だった。




牧場へ着いて、挨拶した後
ふきちゃんの埋葬地へ行く。

栗の木がそばにあって、風通しのいい場所だ。


その場所の辺りからはこんな風景が見えた。
綺麗な風景だなーといつも思う。








この写真には写っていないんだけど・・・
この写真の先の先の先~ほうには、桜並木がある・・・・・・と思われる。
(方角を間違っていなきゃ^^;)





【ふきちゃん、旦那さんに抱っこされての画像 4月の始めごろの写真だと思う】




ふきちゃん、良い場所で眠ってるんだなぁと
この場所を見るたびに思う。
ふきちゃんはいままでも色々な猫たちと一緒だった生活だったから
ここの場所は寂しくないだろう。

ほんとに良い場所でよかったねぇ・・とふきちゃんに手を合わせる。


そして
放牧されていた馬の親子たちを見せてもらったりしたあと
牧場を後にして桜並木を見にいくことに。







【道路の途中でかなりズームでとった桜並木、の一部】







全長8キロもあるんだそうで・・・桜並木(汗)
あまりに長くて、上の写真はそのほんの一部しか撮れていないのだけど^^;



車を止めて
端っこのほうから少し歩いた。

まだ6~7分咲きぐらいだった。
まだ少し気温も札幌と比べたら低く感じたから
週半ばあたりだともっともっと満開の綺麗な桜が見れるのじゃないかな~


















綺麗な桜の花、堪能できました(^-^)









        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
               ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  




コメント
この記事をはてなブックマークに追加