月と猫のある風景

猫と暮らすって、いいね~

月と猫

        

昨日の続きです(ΦωΦ)

2017年04月30日 | ふきちゃん


そんなんやこんなんで、
ぼやっとしてたら
もう11時半だそうで・・・
ただいま
「シン・ゴジラ 対 エヴァンゲリオン交響楽コンサート 」ってのを観ながらのブログです。




ふと、隣の棚見たら
なぜかるったんも一緒に見てました(笑)









もーね(笑)
我が家は人間も猫も
こういうアニメだとか特撮だとか・・・なんだか好きらしいっす

つい
みんな見入ってるもんね・・・(〃_〃)


あれ、こんな曲エヴァあったっけ?と
「Q」のサントラはちゃんと聞いてないかも(汗)
聞かなきゃなーーーとか。
「Q」のヴンダーが好きだわーーーとか。
「Q」のミサトの衣装(?)がいいんだよなぁとか
・・・・・・また最初からエヴァ見るかな?とか。

うーん。
明日休みだったら絶対見てるだろうなとか思ったりね。。。



そんなんで。
昨日の続きです。

さおリンママさんとレオままさんの
コメントで頂きましたが・・・
お察しの通りです。

昨日はふきちゃんの命日で
今年はその日に行けそうだったんで
お墓のある静内に行ってきました。


うちには2009年10月~2010年4月29日まで
たった半年でしたが
「ふきちゃん」という猫がいまして。

このブログの左のサイドバーにある
「【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達」の中の一匹のにゃんこでした







高齢な感じの猫さんで
歯も一本も残ってなくて
末期の腎不全を患っていたふきちゃん。
半年も頑張ってくれたんだったなと
いつもいつもこの時期には
あの日を思い出します。






体重も2キロぐらいしかなくって
こんな感じで
いっつもびっくりなお顔でしたけどね(o^ω^o)







そのころの長男猫のかずきと言う猫に
ふきちゃん、恋してしまって
ほんとにずーっとずーーーっと最後まで一緒にいたんです

いや、もう見てる私たちのほうが照れくさいぐらいな感じで
一緒にずっと一緒だったよね・・・・・・
飼育崩壊した先から
いきなりうちに連れてこられて、どういうこと?って彼女は思っただろうけど。
それでもそれなりに慣れてきて暮らしてくれて
慣れ始めた頃に
旅立って行きましたん。。。。。


色々ね
飼育崩壊とか聞くと思うところや考えることもあるけれど
それでも
あそこにいた猫達が
最後はちゃんと人に引き取られて人と暮らせて
そういう幸せの中で暮らしていけたっていうのがすごいなと今となっては思います。


今も色んな猫がいて
家猫として暮らせてる子もいれば
厳しいとこで暮らしてる子もいて
なんというか・・・
飼うならちゃんと飼おうよ。と。
うん。
それだけです。

環境が変わった場所で暮らす猫ってすんごいストレスだと思うし。
その個体によっては
そういうのを受け入れられなくて死にかける場合もあるし。
ほんとに
ちゃんと猫と一緒に暮らしてほしいなぁと思うわけです。はい。



つーことで。

ねます・・・・・・

ふきちゃんのことは
やっぱりねぇ
写真見たりしたらちょこっとでも泣けてしまうし
かずきのことも一緒に目に入っちゃうんで余計に涙出ちゃうなぁ・・・・・・







そんでもって。
今年は
桜はこの静内のほうはまだでした


あと1週間遅かったら咲いてたかもですが・・・
どうだろうか
見に行けそうな・・・
今年は見れないかもなぁ・・・・・・って感じです



       いつもご訪問ありがとうございます!
       応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村  
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

今日はなんでこんなに寒いのか(ΦωΦ;・・・・・・

2016年04月29日 | ふきちゃん

今日は北海道寒くって。
札幌も例に漏れず寒くて寒くて
せっかく桜咲いても花見どころじゃないほど寒かった(´;ω;`)


「あー雨だなぁ・・・・・・」
と思いながら、ごみ出して帰ってきたら




でるた:ねね、くりす♪お外ぼくたちも出たいにょーー
るしな:おそとでしゅ♪お・そ・とーーー



だめだよー
外寒いもん。
雨だよ。
しかもベランダにも結構雨入ってるし。


・・・・・・と言ってたらジョニ男までやってきちゃった・・・・・・・・・



じょに:お外でるの???お外なの(o^ω^o)




うれしそーに3匹でうにゃうにゃ言ってたけど
もちろん却下。
だってー
そんな最高気温が5度とかそんな寒い日なのに
風邪ひいたら困るからねぇ・・・

はいはい。
今日はみんな一日家だよ。
ってわけで。
今日はみんなで家で過ごしましたよ
ふきちゃんの命日だったし
そろそろお墓参りと花見兼ねて静内に行くかねと言ってたんだけど
あまりの寒さでこちらも延期ということで・・・




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



そんでもって
さっき色々改めてふきちゃんと過ごした2009年秋から2010年の春までの写真を
見直してたら
色々他の猫たちも一緒で
なっちゃんは相変わらず今と変わらないねーとか
でるたんはこのころもでっかいと思ってたけど
いま見直したらやっぱり今のほうがでっかいなぁとか(笑)



寒くなればとりあえずストーブのそばで待機してるふきちゃん。




かずきのそばで一緒に寛いでる姿とか(o^ω^o)




でるたんと一緒に寝てる写真もあった!!!




でるたんのお顔が微妙そうだけど(笑)
自分からいつも甘えにいくでるたんだったんで
ふきちゃんから甘えてきて一緒に寝るっていうのが
いまいち慣れてないっぽい感じで
写真見てちょっと笑ってしまったり。。。(ププ
ふきちゃんは多頭飼育崩壊のお宅から預かりでうちへ来た一匹だったけど
うちへ来た時にはもう腎臓の数値もかなり悪くて
看取る覚悟で預かった猫だった。
おそらく高齢で具合も悪いのに
我が家へきてさぞかし最初は不安だったろうけど・・・
気が付くとみんなと一緒に寝るようになってたよ。
特にかずきとが多かったけどね(〃_〃)
だってふきちゃんはかずきに一目ぼれだったから~
もうかずきが大好きビームを出しながら
ふきちゃん、我が家で6か月の最後の猫生を過ごしました。
6ヶ月が長かったのか短かったのか・・・
それはわたしにはなんとも言えないけど
みんな…ヲットさん、私、かずき、ちはやさん、でるたん、こなつがいる前で旅立てたことは
ふきちゃんにとっては少しでも幸せだったのかな?とか
毎年毎年、この時期がくるといつもいつも考えてしまいます

うん。

そして。
この時初めて多頭飼育崩壊ってこんなんなのかと自分の目で見て
色々すごいもんだと思ったんだった。
大量の糞尿と大量のゴミと悪臭のなか
あの猫たちはずっと寄り添いながら生きてたのかと。
多頭飼育崩壊の犬猫を助ける人たちはほんとに大変だよと
そこで生きてきた動物たちも大変だよと
ほんとにその言葉に尽きるなと。。。

なんかね
またできる範囲でなんかの形でそういう猫たちのお手伝いが出来たらいいかなとかね
そう思う今日この頃です。




       いつもご訪問ありがとうございます!
       応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村  


【熊本地震関連】
4月22日より熊本県獣医師会災害救護対策本部が立ち上がりました。
4/23(土)から、負傷した被災動物の応急手当、被災動物の一時預かり等の相談に応じます。
ペット相談コーナーも県内3箇所に設置されます。
電話番号096-369-7807

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も桜咲いたねぇ 

2015年04月29日 | ふきちゃん

陽だまりの中で
ふきちゃんはぬくぬくだった



こんな風にリラックスして寝てたんだっけねぇ(o^ω^o)









こんなリラックスな寝顔で











お向かいには
大好きなかずきがいました(o^ω^o)













ふふふ
ふきちゃん、めーっちゃ幸せそうなお顔だったなぁ・・・♪







今日は
ふきちゃんのお墓のある牧場さんにお邪魔させてもらいました

帰りに
静内の二十間道路桜並木を見てきたよ

























綺麗に咲いてる木もあったけど
全体的には半分ちょっとぐらいかな
今週末から来週のGWが一番綺麗なんだろうなと思いました(o^ω^o)



ふきちゃんがいなくなって
5回目の春。
この桜並木は
今日寄った牧場さんからも見えるの。
いいとこでふきちゃんは眠ってるんだねと毎年思います。








        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ  



被災地のペットに関するサイト。
「【save pets】ilove.cat」←クリック参照
こちらに今回の地震にてペットに関する色々なリンク先が載っています。
災害時のペットの救援については
「(財)日本動物愛護協会 」





コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

こんな写真もあったんだよね 4回目の春ですね・・・

2014年04月29日 | ふきちゃん



今日はいい天気だった










雲一つない青空っていうんだなぁ・・・と
こなつとでるたんと一緒にベランダ出てて思った。


そして
4年前の昼過ぎ、ふきちゃんが旅立ったんだったなぁ・・・・・・・・・・・・と思い出す


キジトラ柄の年齢もよくわからないふきちゃんは
2009年の10月末に我が家へ来た。
そして、うちで半年頑張って生きて
2010年4月29日にあちらへ旅立った
毎年毎年
この祝日が来るころになったら
「あぁそうだそうだ。2010年のあの日はとっても寒かったんだよなぁ・・・札幌」
とつい比べてしまう


外付けのHDDのフォルダの中を見ていたら
あ、こんな写真あったんだなぁ(笑)と思う写真があった



《ソファの上で旦那さんにばんざーーーいさせてもらってるふきちゃん(o^ω^o)》






きっとこのブログ初公開かも(笑)
ふきちゃんのおなか!
ちょっと逆光で良くわからん感じなんだけど…
でも渋々ながらお腹を見せてくれたふきちゃん(笑)

たぶんね、3月半ばごろの写真。
少しだけ体重が増えてきたころで3キロ前後ぐらいあったころだと思う


















でっかいお目目で(o^ω^o)
いつもいつもかずきの姿を探していたんだよねぇ、ふきちゃん。
かずきが大好きで大好きで
かずきに一目ぼれだったからねぇ・・・・・・(,,・ω・,,)♪


前からここを見ていただいてる方はご存じだと思うのだけど…
ふきちゃんは2009年に飼い主さんが山で行方不明になってしまって
多頭飼育崩壊となってしまった20数匹の中の一匹だ。
うちへ来たときはもう腎臓もかなり悪い状態だったんだけど
我が家で半年頑張ってくれたんだよなぁ。
「猫は家につく」というけど
そうじゃないんだなぁと思えたのがふきちゃんだった。
猫は自分で自分の住処を選ぶのだなと思ったよ。
色々あったけど、ゆっくりゆっくり我が家に馴染んでいった。
馴染んだころに・・・旅立つときが来ちゃったのだけど。。。

ふきちゃんが亡くなったあの日
札幌は雨だったのだけど
埋葬地の静内は晴れてきて・・・
一気に桜が咲き始めたんだったなと思い出す
おじさんが
「朝まではもやっていて寒くて桜もつぼみだったけど、午後から一気に暖かくなって咲き始めたよ」
と言ってたなぁって。
そか。
ふきちゃんは桜に迎えられてあっちに旅立ったのかと思ったのだ。

そういうのって時間がたっても忘れないもんだね・・・・・・・・・・・・・・・・・・







        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ  



被災地のペットに関するサイト。
「【save pets】ilove.cat」←クリック参照
こちらに今回の地震にてペットに関する色々なリンク先が載っています。
災害時のペットの救援については
「(財)日本動物愛護協会 」



コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

3度目の春ですね

2013年04月29日 | ふきちゃん


懐かしい写真を一枚。







この写真、知ってる人は知っているのだけど・・・
2010年の4月に撮った
かずきとふきちゃんの写真だ(o^ω^o) 
ふきちゃんが亡くなる前、少し暖かくなった週末の写真だったはず。


ふきちゃんは、2009年の10月末に我が家に預かり初めて 2010年の今日4月29日に亡くなった。
ふきちゃんが亡くなってから今年で3回目の春だ。
もう3年も経つ、と言う気持ちだし
まだ3年しか経ってないのか・・・とも思ってしまう。

ふきちゃんは 【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探しというレスキューの中の一匹だった。
飼い主さんが山で行方不明になったあと、残されてしまった猫達。
それはもう表現出来ないようなすごい状態の家の中でしばらく暮らしていた猫達がいて
多頭飼育崩壊の現状はすごいものだった。

保護されたときには慢性腎不全の末期だったふきちゃん。
冬になる前に我が家へやってきた。
私達夫婦にはなかなか慣れてくれなかったけど、かずきに一目ぼれだったっけ。
ふきちゃんが我が家へ来て、ウロウロしてるときに
かずきがふきちゃんのエスコートをしたんだよねー
で、エスコートし終わった後に、ふきちゃんがトイレを探してる風で。
そうしたらタタタッ!とふきちゃんのそばにいって
「ここがトイレだよ」と、トイレまで連れて行ってちゃんと教えてあげて。
そうしたら
そういう優しいかずきにもう一目ぼれしちゃったふきちゃんは
その夜からかずきの寝てる猫ベットに潜り込んで一緒に寝るようになったんだったなぁ。。。
かずきは特に嫌そうな顔もせず、ふきちゃんと一緒に寝てて
それを横で羨ましそうに見てる他の猫たちがいたんだっけ、と思い出す。



そうそう、この頃の写真見てたら
ブログに載せてない写真を見つけた(多分、だけど・・・)
ふきちゃんがかずきの肩の辺りに顔乗せて
気持ち良さそうにしてる写真だ。
「もーーー♪このふきちゃんのラヴラヴオーラったら(〃∀〃)!」って思うほど
ふきちゃんの愛情表現はかずきに対してストレートだったよ







ほんとに毎日見てる私達の方が照れるほど
ふきちゃんはかずきのこと大好きで、いつもいつもいつもいつも一緒にいようとしてました(o^ω^o) 


ふきちゃんが亡くなったときの4月29日はすごくすごく寒くて雨が降ってて・・・
昼でも暗くて今日みたいだったなぁと思い出す
・・・・・・・・・・・・・うん。
亡くなってその日の午後、親戚の牧場さんへ行って大きな栗の木の下に埋葬してもらったんだったなぁ。


来週ぐらいに
ふきちゃんのお墓参り行けたらいいなと思ってます!



※ふきちゃんの詳しいことは左サイドバーのカテゴリー「ふきちゃんまとめ」(これはふきちゃんだけに関することのダイジェスト版みたいな感じかな)
もしくは 【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探し(ことらはレスキューのブログです)からどうぞ。
 



        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ  



被災地のペットに関するサイト。
「【save pets】ilove.cat」←クリック参照
こちらに今回の地震にてペットに関する色々なリンク先が載っています。
災害時のペットの救援については
「(財)日本動物愛護協会 」


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのお墓参りだった

2012年05月06日 | ふきちゃん



えー そんなんで
第2弾。




我が家には2009年10月末から2010年春・・・4月29日までの半年の間
「ふきちゃん」という猫がいた








彼女は元々我が家の猫ではなく
【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探しという
飼い主不在の家にいたたくさんの猫の中の一匹だった。
そこから、我が家にやってきたのがふきちゃんだった


末期の腎不全を患っていて
歯も一本もない・・・年齢すらわからないほどの猫で
初めて動物病院へ連れて行ったら
「子猫ちゃんですか?」と言われたほど衰弱していたふきちゃん。


でも頑張ったよー
冬を越してその次の春先まで頑張った。
最後はゆっくり眠るように旅立って行った
冷たい雨が降ってた4月29日だったなぁと思い出す。

広い場所に埋めてもらったあと
同じこのお屋敷の猫たちのお骨も、去年同じ場所で土に返した。
飼い主さんも行方不明のままなのだし 亡くなった猫の骨だけあっても・・・ってことで
飼い主さんのご家族の了承を得て
この同じ場所にお骨を埋めた



そのふきちゃんが眠ってるとこへ
昨日行ってきた




《ふきちゃんが眠ってるだろう辺りの写真》







ほんとはもっともっと広い風景なんだけど
パノラマで撮ってないんでほんと一部の写真
こんな広いところでふきちゃんとそのお屋敷の猫たちは眠っている






《少し晴れてき始めた夕方前》








ふきちゃんとお屋敷の猫が眠ってる場所の近くには
静内でも有名な二十間道路という桜の名所がある
まだ満開の桜とはいかなかったが
ほんのりと桜色になってきていて
このまま気温が上がったら咲くのかなーと思った












もうふきちゃんが旅立って2年なんだなぁ
早いもんだなと思うのだけど
ふと まだそばにいる気もしたりするのが不思議なもんだなぁ・・・








☆ 働く猫さん ☆




そんでもって
今回もお昼ご飯を食べてきた「ねこや食堂」のニャンズ。



白猫のコナちゃんと





黒キジ?のソラ君





このねこや食堂の看板猫の2ニャンズ
ここに来たら
おいしいうどん食べて
可愛い猫に会うのが楽しみなのは私だけじゃないと思う


2匹とも可愛いんだもん~
もっともっと近ければもっと通うのになと思ってしまうのだ




そしてお次も働く猫さん








彼は牧場さんの猫なんで
厩舎のネズミ番のにゃんこさん












大きな馬がいる厩舎も
子馬がいる厩舎も
必ず馬のいる厩舎には猫がいるの

だってネズミを殺す薬とかがカイバに混じったら困るので
牧場さんでは薬は使えない。
けど
ねずみは駆除しなきゃいけない・・・ってことで
ニャンコの出番なのだ



《ネズミ捕りしてしまう猫の手の肉球~》






働く猫はオスもメスもかっこいいよー(*^ ^*)


いつも牧場へ行くと
馬も会うのが楽しみだけど
猫たちと会うのが本当にたのしみなのだわ






そんなんで
久しぶりの墓参りだった

また機会があったら
来たいなぁ・・・と思います^^







        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

         にほんブログ村 猫ブログへ  



被災地のペットに関するサイト。
「【save pets】ilove.cat」←クリック参照
こちらに今回の地震にてペットに関する色々なリンク先が載っています。
災害時のペットの救援については
「(財)日本動物愛護協会 」






゜★。、::。.::・'゜ お知らせです♪ ★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。


札幌、関東近辺から30匹の猫のレスキューのお願いです。
「30匹の猫@北国」
飼い主さんがガンで急逝されたために保護していた猫たち30匹が取り残されているそうです
飼い主さんが亡くなったため、この保護場所も今度の2月半ばをもって退去となりました。
残された猫たちは、色々な方のお申し出で一時預かりのほうは探すことが出来たそうです!

関東のほうでは、元飼い主さんの姪っ子さんであるたれぞうさんが
東京←→札幌を往復しながら残った猫たちの新しい里親探しをされています。
札幌では「ツキネコカフェ」さんが窓口になっていただけているそうなので
左側のリンクにある「ツキネコカフェ」さんにお問い合わせくださいね。

一匹でも多くの猫たちが新しい家で過ごせますように・・・
mixiの「里親探しコミュニティー」のトピック
《【札幌&東京近県】飼い主急死により、30匹の猫たちの里親さん・一時預かりさんを探しています》からも見れますので
mixi使われてるかたはごらんになってくださいね


絶賛里親募集中!です!


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと

2010年07月30日 | ふきちゃん


今日、ふきちゃんが死んで
ちょうど3ヶ月目になったんだなあ・・・と思った。


ふきちゃんのことは、いつもいつも心のどこかにあって
今でもご飯のとき4匹を見たときに
「あれ?もう一匹来てないやん~」
と思うことがある。
その次の瞬間に
「あ、そっか。・・・・・・・・・・・ふきちゃんいないんだっけ」
と思いなおす。

時々目の片隅にもう一匹の影がいることもしばしばなのだ。


もう3ヶ月やねんなぁ・・・・・・・・・・と
色々写真を見直していた。
載せてない写真でいいのあったっけなー・・・と探したのだけどね
ふきちゃんってば・・・
いつもあの居間と廊下の境界線にたたずんでいる写真が多くて^^;
しかも、いつもカメラ向けたら逃げちゃっていた。
「・・・しかもぜーんぶ似たような写真やし^^;・・・」
と、我ながら苦笑いというか(笑)
それでもふきちゃんの環境の変化を考えたら
ああして、毎日写真を撮らせてくれるぐらい姿を見せてくれていたのは
すごいことだと思った。




この写真はね
今年2月の初めごろのふきちゃんの写真。







このころは餌も美味く食べてくれてフクフクとしてきて
思った以上に若い猫なのかも・・・と思えるほど元気だった。

このあともしばらくは元気な状態が続いたのだけど
このあと一ヶ月ほどして3月ごろから具合が悪くなってきたのだった。
病院での注射、検査を繰り返して
そのあと自宅での療養となったのだった。




【点滴のあとに初めて布団の中で眠ったふきちゃん。】





うん、このときの旦那の嬉しそうな顔を思い出す。
ふきちゃんも、布団の中はいいもんなんだ・・・・と
しんどいときだけでも、人間とこうして寝るのっていいんだなーっと
このときわかってくれた。




【この写真はふきちゃんの保護主さんのりんださんも(たぶん)大好きな写真のひとつ。】




可愛いやん~と
いつもこの写真を見ては思う。
ほんとに最初に見たときよりも
ずっとずっと若くて綺麗な猫さんなんだーと
日に日に変わって行く様子に夫婦とも驚いたものだったっけなー・・・・




左のサイドバーにバナーを貼っているのだけど
「【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探し」の猫屋敷からふきちゃんはやってきた。
去年、9月・・・8月末?そのころにお屋敷を訪れた。
そのころはまだ色々混沌としていた猫屋敷で
猫の数も21匹・・・と書かれているように、かなりの数だった。
正直にも綺麗とも言えない、かなり悪い状態の中で、彼らは過ごしていたのだ。
掃除や餌の世話をするのだけど、いかんせん匂いなどもすごく
よくぞこんな環境で生きていたもんだと思ったほどだった。
で、こりゃ大変だな・・・と思っていたとき、ふと横を見たらふきちゃんがいたのだった。
1mほど離れてね(笑)
じーっとこっち見てるの。
「お、こんにちは!」
と挨拶したら目をそらされて。
でも、しばらく私の横にいたふきちゃんだった。
ずいぶん目の大きな、綺麗な緑の瞳なんだなぁ・・・と今でも覚えている。
で・・・・その帰りにね、旦那と
「もし、もしもね どの猫かを世話するとかなったら・・・としたらどの猫がいい?」
と話したのだけど
旦那はらくようくんがカッコいいけど・・・わかんない、と言った。
私はふきちゃん。ふきちゃんがいい。ときっぱり言った記憶があるのだった(笑)
このときから、きっとふきちゃんを迎えようかと決めていたのかもと思ったりするのだった。

うちへ来てからは、もうブログに書いたとおりです。
最初はどうしようか・・・と思ったけど、
我が家のスーパー乳母猫かずきのおかげでふきちゃんも我が家に馴染み始めたし。
ご飯もいっぱい食べてフクフクだし。
でも年齢と病気の進行には勝てなくて・・・我が家へ来てやった半年で天国へ行ってしまったけど・・・

お腹いっぱいごはん食べて
大好きなかずきに甘えて
最後はイヤな事もしちゃったけど(点滴とか投薬とか・・・治療の上でね)
人の温かいのも知って
・・・んー 人間って思ってた以上にいいかも、って思ってくれたらいいなー

また、どっかで会えたらいいね。


そうそう。
猫屋敷の21匹の猫はこの募集始めて1年弱で6匹まで減ったそうだ。
すごいなと本当に思う。
後6匹・・・・HP見ていると本当に幸せになってほしいなと思う。
子猫の可愛さはないけれどね(笑)
でも、子猫にはない可愛さがあるもんだなぁとふきちゃんから教わった。
人間を愛しなおす猫っていうのは本当に可愛いんじゃないのかなと。
じわ~っとくる愛しさがあるんだわ。
で、じわ~っと心に残る。
コトコト煮込んだ料理のようにねぇ 奥深いもんがあるよ。

これも、ふきちゃんがうちらに残してくれたことだった。









そんなわけで
今日は泣かずに書けた!
ふきちゃんのこと、いつも書きたいって思っても泣いてダメだったけど
今日は画面がちょっとぼやける程度にしか涙が出てないもの。












最後の写真。


これは
ふきちゃんが生きてたときの一番最後の・・・かずきとの2ショット。
亡くなる前の日、28日の夜10時・・・11時ごろ撮ったもの。
この写真をいままでどうしても見れなくて・・・でもやっと最後のかずきとの写真を載せれたかな。

意識朦朧としていたのだろうに
かずきの存在はしっかりわかっていたみたいなふきちゃん。

恋ってすごい、と思った。
最後の恋、ふきちゃん幸せだったかな・・・・・・




















        


        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓
  
        にほんブログ村 猫ブログへ  











コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出すこと

2010年06月12日 | ふきちゃん

旦那が言った


楽天で買い物した履歴を今日見たらさー
ふきちゃんのごはんとか・・・・いっぱいだったんだよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、寂しそうに言った




ふきちゃんのごはん、ロイヤルカナンのドライとウェット。


で、ついふきちゃんの記事とか写真とか見てしまった、と。


・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・私も実は同じで。
ふきちゃんがらみで、ちょっとメールしたいな・・・と思っていることがあるのだけど
でも
ふきちゃん、と書いただけで
それがきっかけになって ぶわーーーって色々思い出して涙がまだ出てくる状況なんで
やっぱり無理だ。

普段は心の奥底に鍵をかけて そういう感情が出ないようにしてるけど
やっぱりなんかのきっかけで思い出すと辛いもんだ。

まだ、涙が出尽くしてないのかもしれない。











ふきちゃんは、この世にいたころのしんどさとかとおさらばして
今はゆっくりどっかで走って遊んで楽しく過ごしているんだろうか。




最近ね
かずきやでるたが
このいつもふきちゃんがいた場所を見るのだ。
(居間と廊下の境界線を)
じーっと
昨日も今日も
じーーー・・・・・っと見る。


・・・・・・・・・・・・・・ふきちゃん、いるのかな?



そんな気がしてたまらない ここ最近のことだった。









        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  








追伸

コメントのお返事
ちょっと遅れるかもです・・・・・・・・・・
すいませんm(_ _)m







コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

さくら

2010年05月16日 | ふきちゃん
5月15日の土曜日は天気も良い事だし
ふきちゃんを埋葬してもらっている牧場さんへ
届け物がてら行くかねぇ・・・と、午前中に出発した。




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::





先日のあの天候の悪さはなんだったのだろう・・・?と思うほどの

抜けるような青空の土曜日。





【水色の紙じゃないです(笑) 青空です!】






ほんとにこんな綺麗な青空だった。




牧場へ着いて、挨拶した後
ふきちゃんの埋葬地へ行く。

栗の木がそばにあって、風通しのいい場所だ。


その場所の辺りからはこんな風景が見えた。
綺麗な風景だなーといつも思う。








この写真には写っていないんだけど・・・
この写真の先の先の先~ほうには、桜並木がある・・・・・・と思われる。
(方角を間違っていなきゃ^^;)





【ふきちゃん、旦那さんに抱っこされての画像 4月の始めごろの写真だと思う】




ふきちゃん、良い場所で眠ってるんだなぁと
この場所を見るたびに思う。
ふきちゃんはいままでも色々な猫たちと一緒だった生活だったから
ここの場所は寂しくないだろう。

ほんとに良い場所でよかったねぇ・・とふきちゃんに手を合わせる。


そして
放牧されていた馬の親子たちを見せてもらったりしたあと
牧場を後にして桜並木を見にいくことに。







【道路の途中でかなりズームでとった桜並木、の一部】







全長8キロもあるんだそうで・・・桜並木(汗)
あまりに長くて、上の写真はそのほんの一部しか撮れていないのだけど^^;



車を止めて
端っこのほうから少し歩いた。

まだ6~7分咲きぐらいだった。
まだ少し気温も札幌と比べたら低く感じたから
週半ばあたりだともっともっと満開の綺麗な桜が見れるのじゃないかな~


















綺麗な桜の花、堪能できました(^-^)











        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
               ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  







コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

みなさんへ ありがとう

2010年05月01日 | ふきちゃん
ふきちゃんがいなくなって丸一日と半分近くが過ぎた。

少し・・・
我が家は落ち着いた感じだろうか。


うちら夫婦は
みなさんのふきちゃんへの愛情のこもった
たくさんのコメントやメッセージに驚き、すごく嬉しく思い・・・・
「ありがたいね」
「ふきちゃん、みんなに愛されていたんやね・・・」
と話す。
しかし、普通にしているつもりでも、心のどこかには隙間風みたいな感じで
ふとした拍子に
「寂しいねぇ・・」
「・・・うん。」
とつぶやく。

そして
お互い見えないところでこっそり泣いていたりして。

いつもいた、居間のドアの付近とか
なんとなくふっと気配を感じて振り返って
「あ、そっか。いないんだ」
と思う。

帰ってドア開けたら 居間と玄関の間の廊下へ
びっくり目のふきちゃんがいつも迎えに来てくれていた。
「おーふきちゃん~」
と呼んで近づくと、びっくりして逃げちゃうんだけど
あとで顔だけ見せるという・・・
今でも帰ったら、それが当たり前だったので
「あれ?ふきちゃんは?」
って思うのだけど
あ、そっか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思うと非常に寂しい。
・・・と旦那がつぶやく。




【こんなびっくりな・・・いやもっとびっくりな感じの表情だった】





5匹が4匹になっても
やっぱり寂しいもんは寂しい。
みんなそれぞれが違うから、
「ふきちゃん」という存在がいなくなるのは
やはり思った以上に寂しいのだな・・・と
ほんとうに心からそう感じる。
それと同時に、わかってはいたけど
改めて「猫って同じ性格や同じ個性の子はいないんだ」と思いなおす。
ふきちゃんの穴は他の猫じゃ埋められなくて
その逆もそうだろう。
この穴を埋めるのは、時間だけなんだろうなー・・・と思うのだった。

そして、我が家の4にゃんずは・・・というと。

我が家のニャンズたちは相変わらず
淡々といつも通りに過ごしている。
いつもと違うと思ったのは、ふきちゃんが息を引き取るあの瞬間・・・・
それはそれは静かに
4匹がみんなふきちゃんを見つめていた。
そしてそのあとはいつも通りに。
いつも通りにご飯を食べて寝て遊んで・・・を繰り返す。
そか
生きるってこういうことなのよね、と
彼らを見ていたら感じるのだった。


ただ、やっぱりふきちゃんのことは悲しくて
ふと何かの拍子に涙がぽろぽろ出てしまう感じなのだけどね・・・


でもねぇ
ふきちゃんを通していっぱい知ったこともあったし
勉強もしたし
すごく楽しい5ニャンズの生活だったし。

ほんとうに「ありがとう」とふきちゃんに思っているのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.







みなさまへ



みなさん、ふきちゃんへのたくさんの言葉と気持ち、ありがとうございます。

ふきちゃん、こんなにみんなに見守られていたのだなと
読みながら胸が熱くなってしまいました。

3月の上旬に「もうだめなのかな」と思ってから
それでも頑張って2ヶ月生きたふきちゃんでした。
それは病院の先生もびっくりしたほどで。。。。
ふきちゃんを通して
生きる強さ、生命力などを改めて感じ取ることが出来たのでした。
ありがとう、ふきちゃん。



そんなわけで。
みなさん、ふきちゃんを通じて長い間の応援ありがとうございました。
これからは残った4ニャンズと一緒に
またいつも通り暮らして生きます。
ふきちゃんも病気だったけど・・・
実はかずきも病気なので(^^;
彼のケアもちょっとふきちゃんのパタパタで少し(・・かなり)おざなりだったので
これからきちんとしてあげたいです。
(ごめんよ、かずき。)


書きたいことはいっぱいなのですが
言葉が見つかりません。
ボキャブラリーの少なさを今更ながら悔やんでしまいます・・・・・・

ほんとうに色々みなさまありがとうございました。
この場を借りて
お礼を申し上げさせてもらいます。

そして・・・
本来ならば個別にお返事をしないといけないのですが・・・
この場を借り、たくさんのふきちゃんへコメント、メール、メッセージなど
みなさまへのお礼と返信とさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。




追伸
本来なら、リンクさせていただいているブログへもお邪魔してコメントさせてもらいたいのですが・・・・・・・
今、そこまでの気力がなかなか湧かなくて・・・・
拝見させてもらっているのですが、ぽちっとして読み逃げ状態です。
すみません・・・・
近いうちに気力と体力とをつけて
みなさんのブログを楽しみたいと思いますので
それまで気長~・・・にゆる~くみてやってください。。。。






にほんブログ村 猫ブログへ  








コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃんのこと 4

2010年04月30日 | ふきちゃん


2010.1.3


今年は寅年。

【旦那の手、ふきちゃんを押さえているのではなく撫でています!!】


2010年 初・トラ猫同士の姿~(*⌒∇⌒*)♪



我が家の「トラ猫」はかずきとふきちゃん♪
(ちはやさんもサバトラだけど、白っぽいので・・・牛柄?)
こんな風に一緒にいる姿を撮るのは一ヶ月に一回・・・ぐらい!?(笑)




午後から近くの神社に初詣に行って帰って来たら
ふきちゃんが居間にいたので
ちょっと軽く捕獲して、今年初の体重を量ったにょ。

そうしたらなんと 3.3キロ! に増えていた!!!

12月26日に量ったときは3キロジャストだったのだけど
ちょこっと増えてる(≧▽≦)

嬉しかったので、私もふきちゃんをちょこっと抱っこ♪

【旦那さんの携帯カメラなんでちょっと色が違います】



たった300gでも少し体重が増えてよかった。
我が家へ来たときは2.1キロだったから
2ヶ月ちょっとで1.1キロの体重増ということになる。
いやいや、すごいね~



そしてふきちゃん、前までは抱っこされて体重測定されたら
うっきゃーーーーーーーっ!ってすぐに
いつもの隠れ家にダッシュで逃げていたんだけど
今日は新年のサービスなのかな?
しばらくの間、居間の中をうろうろしていた(笑)


【ウロウロ中のふきちゃん(笑)】





ほーんと、フクフクしてきたなぁ(*⌒∇⌒*)♪
しかも、すごい美人だよね!といつも思う。
そして、新年早々体重増加とは良い傾向だねーと旦那と話していたのだった。




ちなみに、下の写真が我が家に来た当日の10月末のふきちゃん。
2.1キロのとき。





・・・・・・・・・・別のにゃんこみたい^^;



        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
           ↓

       にほんブログ村 猫ブログへ  






ここからは長いのでするーしてね。




だんなさんとこの前話していたんだけど・・・・・・・・・・・

ふきちゃんは、レスキューが入ったときケージに入れられて他の猫と別にされていたそうだ。
他の猫と折り合いが悪いわけでもなかったし
なんでだろうね?とみんなが言っていたのだけど
元の飼い主さんはいらっしゃらないし、どんな意図で別にされていたのかは謎だった。
私達もなんでだろうね?と最初は思っていたのだけど、我が家へふきちゃんが来て感じたことがあった。
それは
「もしかしてふきちゃんって前から腎臓が悪いと診断されていて、
 前の飼い主さんも隔離して療法食をあげていたのかな?」
ということ。
なぜそう思ったかと言うと
ふきちゃんは、普通に食欲は旺盛なのだけど
カリカリも大好きなのだ。
うちでもうっかりしていたら、すかさず他の猫のご飯を横取りして食べようとしている。
じゃあ自分のご飯は?となったら、他の猫のを食べちゃってお腹いっぱいになるみたいで
そうなると自分のウェットをあまり食べなくなるのだった。
で、他の猫がふきちゃんのご飯を食べちゃう。
ふきちゃんの場合は腎不全だから
そういう状態が続くと、絶対的なカロリーが足りなくなってしまうのだ。
(普通の餌ではカロリーが足りなくなる。)
だから、元の飼い主さんも他の猫と別にして
高カロリーのご飯をあげていたのかも・・・・・?と思った。
だから、ふきちゃんだけそのままケージに入ったままだったのかも、と思ったのだ。
まぁ、あくまでも想像なのでわからないんだけど。
でも、最近のふきちゃんの様子を見ていたら、なんとなくそんな気がしたのだった。
我が家の場合は、ふきちゃんが安心する場所がベットの下という
ある意味隔離されてる場所だったので(笑)
ケージなど使用することなく、ふきちゃんにしっかりご飯を食べてもらえたけど
あの屋敷で、あの猫の数だったらそうは行かないよね・・・と思ったのだった。
だから前の飼い主さんは、ふきちゃんをケージに入れることで
最低必要なカロリーを摂取してもらっていたのかなと、猫を想う気持ちを感じたのだった。
でも、これはあくまで私達の推理なので・・・あしからず。

 ※レスキューの方たちがふきちゃんを動物病院で検査をされた後、
  腎臓の検査結果から、療法食をふきちゃんにあげていた。
  でもあの多頭数だとどうしてもふきちゃんのご飯を食べちゃう子もいるわけで^^;・・・・
  ふきちゃんは他の餌を食べちゃうし、それでお腹いっぱいになるし・・・
  そりゃカロリーも足りなくなって痩せちゃうよね・・・・・と言う状態だったと思う。

でもうちにて、少しでも回復してくれて良かったな、と本当に思う。
2.1キロなんて成猫ではありえないような重さなのだったから。
まさかここまでふきちゃんが変わるとは。
これもふきちゃんの生命力の賜物だよね・・・と思ったのだった。






★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.1.9



(またここから長いので、やな人はさらりと読み飛ばしてくださいね~)



我が家で過ごし始めて2ヶ月半近く。
最初は抱っこするにも大変で、抱っこしたら3日は顔を見ることが出来ないほど
ベットの下から出てこなかったふきちゃん。
あぁぁ、どうしよう。
どうなるんだろう・・・・・・・・・・・・・・と、不安だったけど
2ヵ月半近くなって、彼女も抱っこされても一時間後には出てくるようになった(笑)

そして、最初は一ヶ月に1~2回ほど抱っこできたらいいなって感じだったけど
今は軽く捕獲する感じで、一週間に一回は抱っこしてスキンシップを取る様にしている。















まぁ、こんな感じで(汗)
抱っこがやはりドキドキするみたいだ。
人間の視線が上からと言うのが怖いのかな?
寝ているときに、隣の猫ベットにふきちゃんがいるのだけど
そのときは目線がふきちゃんと一緒ぐらいになる。
そのときは、どんなに触っても逃げないんだけど
ちょっと起き上がろうものなら、ダッシュで逃げてしまう(汗)

目線が自分より上になると、表情が一気に変わるから
やっぱり、まだ人間が怖いのだろうなぁ^^;・・・

我が家ではふきちゃんは「長期預かり」という形で預かっている。
まぁ預かっているというか、ほとんどうちの猫と同じような感じだけどね。
腎臓が悪かったので、まずそのケアを・・・と思っていたのだけど
そこは療法食でかなりクリア出来てきていると思う。
我が家では「死にそうなふきばあちゃん」という猫ではなく「腎不全だけど元気なふきちゃん」という認識になった。
で、時々思うのが・・・
このままうちの子にしてもいいやん。と思って新しい名前を考えようとしてる自分と
もっとふきちゃんにいっぱいの愛情を与えれる人がいるのじゃないの?と思う自分がいる。
他の人だったら、もっとふきちゃんを抱っこしたりしてあげれるのかな?とか。
我が家はふきちゃん含めて5ニャンズ。
100の愛情を1/5ずつ平等にしても・・・一匹あたり20%。
もっとふきちゃん一匹だけに、100%の愛情をあげれる人があるのかなぁとか。
そんな愛情をふきちゃんに知ってもらいたいと思うのだけど
・・・・・・・・
いや、でもふきちゃんに新しい里親さんってなかなか難しいのでは?という周囲の意見もあったりで
自分の中では色々考えてしまって
なんだか・・・・・・・・・・・・・・色々、堂々巡りなまま時間が過ぎている感じなのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.1.16



ここ2~3日前から北海道も寒くて
マイナス気温が普通な感じだ。

夜は20度ぐらいの温度で保ってヒーターを点けているのだけど
最近はまっている脱出ゲームをやっていたとき、一段落付いてふっとストーブのほうをみたら
・・・・ふきちゃんがいた。



「あ、ふきちゃーん。こんばんわ!」
と挨拶(笑)
前はこんな風に視線があっただけでダッシュで逃げていたけど
今は暖房のほうがいいらしい(笑)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ。見つかっちゃった・・・・・・・・







くりすに見つかっちゃったね



・・・・・・・うん・・・なんだか変な丸いの(カメラね)いつも向けてくる・・・




そんな会話をしてるかのような2匹(笑)
だって、ふっとPCから目線をあげたらちょうどふきちゃんが目に入るんだもん~
しょうがないじゃない(笑)

と、思いながら写真に撮りながら、よーーーーーくふきちゃんを見る。


「・・・・・・・・ふきちゃん、そこ温風の吹き出し口にめっちゃ近くない?・・ってかくっついてる??」

そう、ふきちゃんは吹き出し口にくっついているか・・・もしくは5cmも離れていない場所で
暖房を堪能していたのだった。
しかも、そのときはちょうどガンガン温風(・・・熱風?)が吹き出し中( ̄□ ̄;)!!

「熱くないの?大丈夫ふきちゃん?」

しかし、ふきちゃんは至って普通に平気な顔して寛いでいた。
やけどなどもしている様子もなく、毛並みもいつも通りだ。


ふきちゃん、脂肪がないからもしかして寒いのかな・・・と、ふと思ったのだった。
さすがに外気がマイナス気温のままだと、部屋も寒い。
普通の猫でもそんな寒いのがいやで、人間で暖を取ろうとしたり(膝に乗ってくる)
丸くなって猫同士でくっついて寝る
特にここ2~3日はかなり気温も下がっているなと思う
普通にそう思うってことは、痩せているふきちゃんは結構寒いのがきついんじゃないか?と思うのだった。
おそらくふきちゃんは脂肪も筋肉もないから、かなりダイレクトに寒さを感じているから
暖房の吹き出し口のそばにいるんだろうな・・・・と思った。
「もう好きなだけそこにいなさい。そのヒーターは(今だけ)ふきちゃんのものよ!」
とか、酔っ払った私はわけわかんないことを考えたり(笑)




しかし、こんな平和な時間も私がトイレに行こうと立ち上がったら崩れてしまうのだった。
だって、少しでも動くとふきちゃん逃げてしまうのだ。
もう少しこういう部分を慣れてくれたらうれしいのだけどね~^^;







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



 
2010.1.21


※途中に猫トイレや排泄についてのことを少し書いています。
 食事中とかの方、そういうのが好きじゃない方は飛ばして読むか後で呼んでくださいね~m(_ _)m




思いっきりぶれているけど
夜食食べてるときのふきちゃん!

1/19の体重測定にて3.3キロにゃり♪




カリカリもっとほしいな~




実はふきちゃん、これで今月2回目の体重測定だった。
相変わらず嫌がっていたのでしばらくはあまり出てこないかな?と思っていたけど
すぐにそのあと出てきてくれるようになった。
ちなみに、ふきちゃんが来る音は鈴の音でわかる。
「シャンシャンシャン・・・」
という可愛い鈴の音がふきちゃんの音。
ご飯のときにこの鈴の音がしたら嬉しくなる。
前は全く出てこなくてどうしようか・・・と、いつもベット下まで持って行っていたけど
今はかずきのご飯をねだる声、餌箱を開ける音、ふきちゃんのウェット餌用の陶器のお皿の音・・・・etcなどで
ふきちゃんが「ご飯の時間!」と判断してやってくるようになった。
食いしん坊ふきちゃん、バンザイだなぁといつも思う。
いつもいっぱい食べてくれるので、少し体重が増えたかな?と量ってみたのだけど。
上に書いたように、3.3キロのままだった。
しかし、見た目もいつも以上にフクフクしているし柄もますます濃くなってきている。
ま、減ってないからいいか。と旦那が言う。
トイレも排尿は相変わらず多い。
そして排便も。
たまたま連休だった旦那が、久しぶりに猫のトイレ掃除をしてくれたのだけど
「・・・・・・これ、誰の○んち?」
と聞いてきた。
「あー、ふきちゃんだよ」
「ちはやじゃないの?」
「んとね、黒っぽくて太くて長くて・・・・大量はふきちゃん。
 ちはやも快便だけどもっと・・・そんなに黒い色じゃないなぁ。ちはやはこっちだね」
と指差す。
それぞれ、みんな形、色など違うので大体これが誰とわかる感じなのだ。
「えー?よくわかるね」
と旦那は呆れていたけど(笑)

最近のふきちゃん、色々とウェットの食べ方にもこだわりが出てきている。
つぶしたウェットをお湯を足してあげているのだけど
そのお湯の量が多いとほとんど食べないのだった(^^;
そっか、お湯が少し多すぎるとダメなんだなと最近わかった。
そしてふきちゃんがしっかり食べてくれるようにと、たまに寝室の下にお皿を置いて
他の猫が入れないように寝室を食べてる間だけ閉めることがあった。
ふきちゃんの食事中にウェットを狙って、かずきやでるたがふきちゃんのほうに行くのだ。
そしてあわよくばウェットを食べてやろう・・・と言う魂胆が見え見えなので
ふきちゃんも落ち着いてご飯が食べれないだろうと思い、寝室で一人で食べてもらったんだけど
それがふきちゃんには気に入らなかったらしい・・・・^^;
しばらくして見に行ったら、全くご飯に手をつけていなかったのだ!
「あれ?どうしたのかな?ふきちゃーん、具合大丈夫??」
と声かけながら、具合悪いのかなとか色々考えていたら
かずきとでるたがやってきた。
そしてウェットを食べようと近づいてくる。
「こらっ、それふきちゃんのだから食べたらダメ!」
といいかけたとき、ふきちゃんがそろっと出てきたのだった(笑)
そして、2匹の姿を見たら嬉しそうに食べ始める。

「・・・・・・・・あ、そっか。ふきちゃん一人じゃ淋しいんだねぇ・・・・」

反省してしまった。
どこで食べてても、かずきやでるたが餌を狙ってやってきてくれることが
ふきちゃんにはかなり嬉しかったのだな・・・と初めてわかった瞬間だった。
そっか、だからふきちゃんいつも少し最後残すことあるんだ・・・ともわかった。
少し残しておけば、かずきやでるたがやってきたとき食べてもらえるもんね。
・・・ふきちゃん、いじらしい子だなぁ・・・(; ;)


そして、最近また毛玉を結構吐くようになってきた。
ラキサトーンをあげてケアしているけど・・・
様子見て一回洗ってあげようかな、と。
すっごく嫌がられそうだけど、毛玉を大量に毎朝吐くよりはいいだろう・・・^^;
あぁ、でもお風呂入れたらまた距離が開くかもだけど
それはしょうがない。
大丈夫。
猫は嫌な事は3日で忘れるはず!
頑張ります(笑)








★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.1.23


さっき、今日の晩御飯中のふきちゃん。


これもやっぱり、こっそりカメラだけ向けて・・・そろ~っと撮ったもの。

そして
カメラの音に「はっ!!」とした瞬間のふきちゃんの表情。










ふきちゃんはいつもこっちじゃなくて
微妙に視線をはずすのだ。

一応、こっちをちらりと見るけど
視線はこんな感じでどこか違うほうを見ているのだった・・・・^^;
(運がよければ、カメラ目線にもなるけどね)




そして、前々から気になっていたこと。
ふきちゃんの食べている最中の口の周りなのだけど・・・・・




んっ?なにかしら?



いつもウェットを食べるときはこんな感じで・・・
いっぱい、食べているご飯をくっつけている(笑)
この写真はかなりマシなほうなのだけどね。
ひどいときは、勢い良すぎて鼻のほうまでウェットの餌をいっぱいくっつけているのだった(^^;

食べ方は至って普通なのだけど
たぶん、歯が一本もないふきちゃんだから
どうしても食べているときに、勢いでこうして飛び散ってしまうのかな?と思う。

他の猫だったらここで
「はい、おいで。口綺麗にしようか」
と拭いたりできるのだけど・・・
ふきちゃんはそれが出来ないから、もどかしくなってしまう(^^;

可愛いのになぁ・・・
鼻○そのように(失礼!)大きなご飯粒(ウェットのかけら)を付けたふきちゃんを見たら
いつも抱っこして拭いてあげたい!!と思うのだった。







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.1.29


今日は割りと暖かくて(朝はマイナス1度ぐらい?)
朝、ゴミ出しに行ったそのままの暖かさが夕方ぐらいまで続きつつ
でも昼以降は雪がわっしゃーーーーっ!と降っているという・・・変な天気だった。
(まぁ、雨じゃないだけマシかな)

部屋の中も案外暖かいので
我が家はあまり日中も暖房を点けていないことも多い。
しかし、さすがに夕方・・・夜になりはじめるとちょっと薄ら寒い感じもするし
猫も寒いんで低い温度でもいいかなーと、暖房を少しばかり点けて夕飯の支度をしていた。




夕飯のうどんの出汁を温めながら
うどんを茹でるためのお湯をわかしていたときのこと。
なんとなく、視界の隅に猫の気配を感じた。
「1.2.・・・あれ?なんかいつもより一匹多い?」
と居間のほうを見たら

なんとまあ、ふきちゃんがちゃっかりと微かな暖房の前で暖を取っていた(笑)







・・・・・・・・・・・・・・・あっ、みつかっちゃった



しっかりでるたと一緒にシンクロしながら、毛づくろいまでしていたふきちゃん(笑)
あらら
すっかり我が家のようになってるねぇ(笑)と笑いながら
カメラでふきちゃんを撮る。

そして、こなつとちはやさんも一緒に寝ていたので
あら、これまた珍しいやん~と何枚も写真に撮っていた。








うわーん、めちゃ可愛いねぇ(^^)
こなつ、こっちもう少し向いて~♪とか言って撮っていたら


ぶしゅ!!!しゅーーーーーーーーーっ!!がたがた!!!


と、すごい音が!

「あ、しまった!!お湯沸かしてる最中やん~」


と慌てて台所へ戻ったら
出汁のほうは大丈夫だったけど、お湯がコンロ中にあふれ出していたのだった^^;

あぁ、危ない。
料理してるときに、よそ見したら危ないってこういうことだよね

と反省。

でも片づけしながら、
ふきちゃんも普通にこうして出てきてくれるようになったなぁと思ったり
他の猫たちも特に怒ったり嫌がったりするわけじゃなく
一緒にいることが普通になっているのを見るとちょっと嬉しかった(^^)


ちなみに
こんな吹きこぼれる音とかにも、全く動じることなく平然とそのままいた猫たち・・・
料理中に限らず、普段いかに私が落ち着きなく
がたがたとうるさい音をさせているのかよくわかった瞬間だった(^^;







★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜



2010.1.31


今日のお昼の時間。
11時過ぎになったら、猫たちが「ごはんーごはんー」とやってきた。
「家にいるときのお昼は12時ごろ」
と決めている私はそんな猫の要求は無視してるのだけど
猫はお腹がすくと、ご飯を貰うためにありとあらゆることをする。
ゲームやってる最中に、いきなり勝手にアタックしてきてクリックしてくれたり
(大体そういうときは、もう少しでクリアだったのに・・・・・・・;;というとき。)
棚の上に置いてる私の薬とか、自分達の餌箱とか
目に付くありとあらゆるものをぱしっ!!と落とす。

がっしゃーーん!
くしゃ!
がさがさ・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
ごとん!!

などなど、私の背後で色んな音がするけど
とりあえず11時半過ぎまでは我慢していた。
(だって11時にあげたら、今度は2時過ぎぐらいに「おなか減ったにゃ」と来るから・・・^^;)

11時半を過ぎて、旦那さんも外出から帰ってきたので
じゃあご飯作るかね~と立ち上がる。
私が立ち上がるのと同時に、5にゃんずが「メシー」と嬉しそうに一緒に立ち上がるのだった。
最近はこういう感じで猫がご飯をねだるとき、ふきちゃんも一緒にねだるようになってきたことに気が付く。
目と目が合ったら目をそらしたり、逃げようとするけど(笑)
でも他の猫と一緒に
「ごはんちょうだーーーい♪」
とウロウロしてる姿は、3ヶ月前からは考えられなかった。


みんなにご飯をあげて、一息ついたら
ふきちゃんが案外近くで食べてくれていた。

そろ~っとカメラを出して撮影する。







あ、気付かれてないかも。

・・・もう一枚
と思った瞬間、私の気配に気が付いちゃったふきちゃんだった(^^;




・・・・・何かしら?邪な気が充満しているわ。←私のカメラのこと^^;



あぁぁぁっ
ごめんねーごめんねー
もう撮影しないから、ここで食べよう?
ね、ふきちゃん?



ここは落ち着けないからあっちへ行くわ



と言わんばかりに、ふきちゃんささっといつもの寝室のほうへ行ってしまったのだった(; ;)

「ふきちゃーーーん、ここで食べようよぉぉぉ、ね、ね、ふきちゃーん」

と呼びかけてみるけど
全くそんなの無視のふきちゃんだった(^^;





聞いてる?私あっちがいいから、ご飯持ってきてね


・・・・・・・・はい(; ;)


あぁぁ、ふきちゃんってばカメラの気配に敏感すぎなんだよねぇ・・・
と、いつも思ってしまう。
「ねぇ、ふきちゃんこっちの暖かい部屋で一緒に食べよう?」
と、向こうへ行ってしまったふきちゃんに声をかける。
そして、うじうじしてあまりにご飯を持っていかなかったら
口だけパカっとあけて声を出さずに
「にゃーーー(早く持ってきて!)」
と催促するふきちゃんなのだった(^^;

いやー
気に入らなかったらテコでも動きそうにない性格なのだった^^;
本当にふきちゃんって、自分の意見というかスタイルを持っている子だなぁと思う。
でも、なんだかんだと出てきてくれているし
ベットで寝てるときだと、私の寝てる真横に普通にいたりするし
(かずきも一緒だけど)
うん、少しずつだけど
この人間達は安心していいのかな、と思ってくれているのかなぁ・・・?と、
自分達の都合のいいほうへと解釈している私達なのだった(笑)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふきちゃん

2010年04月29日 | ふきちゃん
コメント欄に夫が記入したのですが
本日4月29日午後1時ごろ、ふきちゃん永眠しました。
我が家へきてちょうど半年経ったばかりの出来事でした。
お屋敷のほうでも、慢性腎不全との診察結果をもらっていたふきちゃんでした。。。

今月25日の夜辺りから具合が悪くなり
食事も何もとることが出来なくなり、
ほとんどそのまま寝たきりとなっていました。

そして、昨夜は湯たんぽうさぽんと一緒に眠っていたのですが
ブログに書いていた通り
呼吸も少しずつゆっくりにはなってきていました。
でも、まだゆっくりながらもしっかり息をしていたので
「大丈夫かな」と思ったのが深夜1時過ぎのこと。
そして、今朝6時過ぎに様子を見たら
猫ベットから自力で這い出して床の上で眠っていたふきちゃんを発見したのです。
冷たくなっていたものの、かろうじて呼吸をしていて心音も聞こえたので
すぐにストーブを点けて湯たんぽにお湯を入れなおし
体をマッサージしてふきちゃんを温めました。
そのあと、呼吸は浅いながらも体温も戻った様子で落ち着いていたように見えたので
正午過ぎに少し買い物へ夫婦で出かけました。

30分弱ほどして帰ってきたのですが・・・
ふきちゃんを見たら、呼吸が止まり始めていて
止まっては大きく息を吐き、また息が止まっては大きく息を吐き・・・
というのを10分ほど続けていたのです。
そして、1時を少し回ったころ完全に呼吸も止まり心音も止まりました。
まだ信じられなく、ふきちゃんがもう一回息をするんじゃないかと思ったりしましたが
なくなった直後から、体臭がいつもと違う匂いになり
その臭いではじめて「ふきちゃんは死んだのだな」と実感したのです。

本当にほとんど苦しむことなく
大きな呼吸をしただけで、ふきちゃんは永眠しました。

あと少し帰るのが遅かったらふきちゃんの最後を看取ることができなかったかもしれない。
これが昨日や明日だったらみんな家にいなかったかもしれない。
そう考えると、
「ふきちゃんはみんな全員が揃う時間まで死ぬのを待っていてくれたんだな」と
涙がポロポロ出ててしまって・・・

私達は高齢猫の介護など初めてで
ふきちゃんには色々嫌な思いなどもさせてしまったかもしれない。
そして今まで「これでよかったのかな」「うちでよかったのかな」とずっと考えていました。
しかし・・・
苦しまずに静かに死んでいったふきちゃんを目の前で見て
そっか、これでよかったのだな・・・
と、やっと感じることが出来たのでした。


ふきちゃんの遺体は
牧場を経営している親戚さんの家の庭の栗の木の下に
今日埋めてもらいました。
そこは、歴代のそこの牧場を守ってきた猫や犬達が眠る場所だそうで。。。
そこの一角の福寿草が咲くところに、丁寧にふきちゃんを埋葬してもらったのです。
他の猫たちも一緒ならふきちゃんも寂しくないよね、と
主人と話しながら家路に着いたのでした。


そして、
今回ふきちゃんのことで色々な方たちからメッセージ、メール、コメントなど
暖かい応援の言葉を頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
本来ならもっと早くにダメだったかもしれないふきちゃんなのですが
そういうみなさんの思いが、ふきちゃんに伝わっていたのでしょうね。
思った以上に元気で最後までいい子で頑張ってくれたのだな、と思います。




最後に。
寝たきりとなる直前のふきちゃん。
大好きなかずきと一緒の最後の写真です。












かずきと一緒のふきちゃんは
本当にいつも恥らいながらもすごーーーく嬉しそうでした(^-^)





おやすみなさい、ふきちゃん。









にほんブログ村 猫ブログへ  
        






コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

湯たんぽ

2010年04月26日 | ふきちゃん

今、ふきちゃんを助けてくれてるのが
この子。




湯たんぽのうさぽん!(勝手に命名)











ふきちゃん、寒がりなので
頑張って暖めてあげてね、うさぽん。









うん、頑張るね!





        。 
        。
        。
        。
        。




しかし
暖めてもらうはずのふきちゃんは
愛しいかずきと一緒に熟睡中だった(^^;







うわーーーーーん、一緒に誰も寝てくれない(; ;)…
・・・ってな感じの湯たんぽうさぽん。





だっ 大丈夫!
そのうちきっと、ふきちゃんとか誰かが一緒に寝てくれるって~♪

・・・・と
思いつつ
様子を見る私(笑)

いやー湯たんぽセットしたタイミングが悪かったかな。
みんなそれぞれ熟睡してるもんなー・・・と反省。





しかし
そうこうしてたら
ふきちゃんがやってきて、うさぽんと一緒に寝てくれた。

















よっしゃ!

湯たんぽ購入した甲斐がありました(笑)


せっかく購入したんだもん、使ってもらいたいものね(^-^)





そのあと、この湯たんぽはすっかりふきちゃんのお世話係りになって
ちょっとしんどそうなふきちゃんを暖めているのだった。







役に立てて嬉しそうな湯たんぽうさぽんと、暖かそうなふきちゃん♪







        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  

 




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、









こんな風に、ふきちゃんはずっと眠ったままだ。
4月19日ごろはだいぶ食欲も戻ってきた様子だったので嬉しかったけど
そのあと食が細くなっていった。
昨日は深夜に具合が悪くなり
そのまま寝たままとなる。
元々その少し前から、歩様などもふらつく感じが多く
筋肉がかなり落ちてしまっているなと感じていた。
そして、昨日の深夜に具合が悪くなる。
本来は一日おきの輸液だけど、水分補給のため輸液を行い強制給餌も行った。
しかし・・・朝になっても手足に力が入らず
歩くこともままならなくなって、排泄も寝たままとなる。

立ち上がれなくて、歩けなくなってしまうほど衰弱しているふきちゃんだけど
苦しそうな感じは今のところ全くない。
静かに暖かい場所でゆっくり眠っている感じだ。
吐くこともないし、呼吸もいたって静かだ。
強いて言うなら「老衰」ってこういう感じなのだろうか・・・?と感じる。

そんなふきちゃんを目の前にして
うちら夫婦は特に何も話さないけど
たぶん、それぞれが色々考えているんだろうな、と思う。
ふきちゃんを我が家で預かることを決めたときからこういうのはわかっていたことだし、
私達も高齢のふきちゃんに無理な延命はしないと決めていた、けど。

これでよかったのかな。
うん、多分・・・ 
でも、もっと色々出来たのかな?
どうだろうか・・・・ 
などなど、堂々巡りの考えをしているんだろう。




コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせにゃ

2010年04月21日 | ふきちゃん
ちょっと前のかずきとふきちゃんの動画。

BGMつけようかと思ったけど、
それやってたら今日は無理だなーと思ったので
そのまま載せることに。





※ 音はほとんどないのですが長いです。
  2分近くあるんで・・・まぁそんな感じの動画です。








この動画を撮っている間
ずーーーっと
某CMの猫とアヒルのあの曲が頭のなかを流れていた。

「幸せよ」って。


ふきちゃん、この日は体調も割りといいときで
夜遅くになってきて
かずきが寝ていた箱に一緒に入って寝ようとしていた。

ふきちゃんがかずきに甘える仕草が、ほんとに可愛くて可愛くて。
以前にいたお屋敷では、こんな感じのことあったのかな?
あまりオス猫たちとは折り合いも良くなかったと聞いたけど・・・
他の猫と一緒にいる姿は見たけど
こんな風に甘えることはなかったのだろうか・・・
本当にふきちゃんは、かずきの事が好きなのだなと思うのだ(^^)



この動画のあとも
ずっとずっと、かずきはふきちゃんの毛づくろいをする。

そして
そのあと、2匹でゆっくり寝始めた















よかったねぇ 

心からそう思う時間だった。






        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
               ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  








今日のふきちゃんは
あまり具合が良くない。
ちょっとしんどそうで、朝に少し・・・・5gちょっとのご飯を食べたきりで
そのあとは何も食べようとしない。
その様子を見て、夜に浣腸をしてお腹の溜まっているものを出し
そのあと輸液をする。
ちょっとしんどかったかもしれないが
お腹の中の老廃物が出れば、少しは楽になるかもしれない。
輸液は最初は一日置きだったのだけど
最近調子がいいことが多くなってきたので
先生と話して、様子がいいなら3日に一回とか回数を減らしてもいいことになる。
それでも輸液はしないとだめなのだけど、ね。

そして活性炭のネフガードは毎日朝晩1~2粒づつ飲んでもらう。
ウェットを食べてくれたらそれに溶かすのだけど
ふきちゃん、具合悪くてもドライがすきなのだ^^;
だから直接口へ投薬する。
でも、効果は・・・はっきりとはわからない。
長い目で見たら効果がありますと言われたけど
ふきちゃんには遅すぎたかもしれないかな、と思いつつあげている。
しかし、このネフガードを飲むのが大嫌いなふきちゃん。
旦那と私と2人作業であげているのだけど・・・・・・・・・・・・・・
ふきちゃん、本気で嫌がるので旦那も私も傷がいっぱいなのだ^^;
(歯はないけど爪は切っていても立派なんでねぇ^^;・・・)

しかし、私達の傷の分以上に
ふきちゃんにはこういう投薬もストレスなのかも。と思うけど
頑張って毎日飲んでもらっている。

今は暖房前の椅子の上で眠っている。
明日は良い具合になっていたらいいなぁ・・・

そんな感じで
今日のふきちゃんは終了でし。








コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ねるのがおしごと

2010年04月07日 | ふきちゃん
んんー
今日はとっても眠いなぁ・・・

でるたんはいつもごきげんな表情だよね~







そう?くりすは眠いにょ?最近眠そうだね~





ね~
春だからねぇ・・・・・・・・・
色々人間は眠いのよ(笑)

でるたんは 相変わらず元気に寝てるよね~








だってぼくねこだもん~ 猫は寝るのがお仕事にゃ♪






そっか(笑)
いいなー寝るのがお仕事!

私もたまには 君らのごはんのねだる声聞かずに
ゆーーーーーっくり寝てたいなぁ(笑)





・・・・・・・・・・と、思うのだった(笑)






        



        いつもご訪問ありがとうございます!
        応援ポチッとお願いします~(^-^)
              ↓

        にほんブログ村 猫ブログへ  








昨日の記事を書いた後、深夜のこと
ふきちゃんの様子が悪くなった。

おそらく排便できていないがために、毒素が体にたまってきて
胃液を吐いたと思われる。
一応、なんとか排便をさせて(ここの部分は割愛させてもらいます)
色々吐いたものや、排便、排尿などの処理をして寝たら
かなり遅くなっちゃったのだ。
たぶん、ご飯を食べれなかったのも
おそらくそういう症状などが関係しているだろう。
正直、力む力も残っていないのが現状で
たった一日ちょっとでかなり・・・・さらに痩せたと感じる。
もう・・・足の辺りの骨とかお腹の辺りとか・・・・
見ただけでも痩せたな、とわかるのだった。

ただ、昨日は自ら寒い場所へ行きたがって
暖かい場所を嫌がっていたのだけど
(これはかなり症状的に悪い状態)
今日になってからは、排便を促してきちんとでたせいか
暖かい場所で眠ろうとしているふきちゃんなのだった。
暖かい場所で眠ろうとしてるなら、まだ大丈夫かな。。。。。と少しだけ
ほんの少しだけ安心。

病院へ連れて行っても
きっと点滴や注射されて、きっと入院などになるのだろうなと思う。
その延命をして あと半年、一年・・・いやいや、もっともっと良くなるんですよ、と言われたらそうすると思うけど
実際はそうじゃないのもわかりすぎるほどわかる。

輸液ですらも、彼女のストレスなのだろうになぁ・・・と思うと
この細くなったふきちゃんを無理矢理キャリーに入れて病院へ行くのは可哀想だなと思うのだった。

我が家へ来た時点で、かなり悪い状態だったのもわかる。
家庭内野良猫状態だったふきちゃんを
無理矢理にでも病院へ連れて行ってみてもらったほうがよかったのかな?とか
もっともっと慣れてからもう少し暖かくなってから病院へ行こうっていう考えがダメだったのかな、とか
色々考えてしまう。
ふきちゃんにとって、良かれと思ったことが結果ダメだったのかな?とか
具合の悪そうなふきちゃんを見ると
グルグルとそんなことを考えてしまうのだった。

ひとまず、ふきちゃんは今はお布団の中で寝ている。
今日は輸液もないからゆっくりゆっくり眠っているはず。
暖かい場所で眠ってくれることがこんなに嬉しいとは。


頭の中では、症状のことも色々わかっているつもりなんだけどねえ・・・
やっぱり実際目の前で辛そうだと
色々余計なことまで考えてしまうものだねぇ^^;・・・

こんなんじゃあかんなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・と反省なのだった。




コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加