日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「物語のある」ものづくり

2017-08-03 21:11:41 | マーケティング

Yahoo!のトピックスバナー広告に、ホンダのNシリーズが表示されるようになった。
ご存じの通り、ホンダのNシリーズというのは、現在ホンダが販売している「軽自動車」のことだ。
その「Nシリーズを一新します」という、告知広告が表示されているのだ。

その告知広告の動画(=CM)が、どことなくこれまでのホンダが創ってきた「クルマづくり」のメッセージのように思えて、気になりサイトへアクセスしてみた。
サイトには、「Nヒストリー」というコンテンツがあり、まさに「ホンダのクルマづくり」という「物語」があった。
ホンダ:Nヒストリー

トップに置かれている真っ赤なクルマは、ホンダが初めて四輪を手掛け、市場に出した「N360」だ。
今となっては、「軽自動車の排気量が360㏄であった」ということすら、忘れてしまうくらい昔の話になるのだが、「N360」の360という数字は、発売当時の軽自動車の排気量を指している。
そしてこの「軽自動車」というクルマ文化は、日本独自で発展をし現在ではアジア全体に広がってきている。
ご存じの通り、スズキ自動車がインドで製造販売をしている車も「軽自動車」が中心だ。
もちろん、欧州のカーデザイナーの中には「日本の軽自動車(欧州では「ミニマムカー」と呼ばれるようだ)」は、「経済的で、欧州の狭い石畳の道も走ることができる」と、評価する方もいらっしゃるようだ。
乗り物ニュース:「カウンタック」を手がけた名デザイナーも愛用 日本の軽カー最強説

おそらく日本で「軽自動車」という、独特のクルマ文化が生まれたのは、Nヒストリーに書かれているような事情があったからだろう。
「経済性と、広い公道が少なかった」ことが、独特のクルマ文化を創り上げ、自動車メーカー各社それぞれの「物語」を紡いでいったのでは?と、思っている。

ホンダの場合、このような過去のクルマづくりを物語の中心に置いたCMを数年前に放映している。
残念ながら、現在では見ることができないのだが、放映した年のACC「CMフェスティバル」で最高賞・総務大臣賞を受賞している。
Hondaニュースリリース:企業広告「負けるもんか」がACC CMフェスティバルで「総務大臣賞/ACCグランプリ」受賞

このCMを見た時も、ホンダという企業の「ものづくり」に対する思いや企業姿勢を感じたのだが、と同時に「物語づくり」が上手い!とも感じた。

と同時に、「物語があるものづくり」というのは、ある種の強みを持っているのでは?と感じている。
それは「ブランド力」と重なる部分でもあるのだが、購入者とクルマの間でつくられていく「物語」であり、それが「親しみ」や「信頼」へと繋がっているのではないだろうか?
「物語」を通して、企業メッセージだけではなく、多くの生活者に共感を与える、それが「ブランド力づくり」にもなっている、と感じるホンダの広告だ。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今だに熱狂するトランプ支持... | トップ | 日本でも「ロック(ミュージッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーケティング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。