日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

資生堂のCMは、どこがセクハラだったのだろう?

2016-10-08 20:35:12 | CMウォッチ

昨日、Yahoo!のトピックスに、資生堂のCMがセクハラで中止になった、という記事が取り上げられていた。
Yahoo!:「25歳からは女の子じゃない」資生堂、「セクハラ」批判CMを中止

この記事を読んで、「セクハラ」と感じた理由は一体何だったのか?と、疑問に思ったのだ。
「25歳」という年齢だろうか?それとも「成人女性を、子ども扱いしている」という点だろうか?
確かに、25歳という年齢は「成人女性」という年齢であって、「子ども」ではない。
ただここ10年ほど、20代でも40代でも「女子」という言葉を、使うようになっている。
「女子」と「女の子」の違いは、何か?と聞かれると、明快な回答はできないが、小学生までは「女児・男児」という言葉を使うが、中学生くらいから「女子生徒・男子生徒」と呼び方が変わる。
子どもを指す「児」という漢字が使われているのが、小学生くらいまでと考えるなら、「女の子・男の子」は小学生くらいまでを指すと考えたほうが自然だと思う。
今から40年以上前、「男の子・女の子」という郷ひろみさんのヒット曲があったことを考えると、10代までがギリギリか?という気がする。

少なくとも20代の女性に「女の子」というのであれば、「どこか馬鹿にされた気がする」と感じる女性は多いだろう。
その視点で考えれば「成人女性を、子ども扱いにしている」という、ことになる。
男性の場合、成人男性を子ども扱いにすることは(まず)無いので、「性的差別=セクハラ」という考えもできる。

もう一つは「25歳」という年齢の区切りだ。
今から30年以上前、女性の結婚適齢期年齢というか社会的年齢の見方として「クリスマスケーキ」と、言われていた時期があった。
「クリスマスイブ(24日)までは定価で販売できても、クリスマス当日は、値引かないと売れない」ということを、女性の結婚適齢期に当てはめた言葉が「クリスマスケーキ」だった。
「24歳までは、引く手あまたの結婚話も、25歳になれば無くなってしまう」というわけだ。
しかしこの「クリスマスケーキ」的女性の魅力価値(というべきか?)そのものは、随分古い価値観だと思っていた。
CMでは「25歳になれば、ちやほやしてもらえなくなる」というセリフがあるようなので、おそらくこの「クリスマスケーキ」的思考が、どこかにあったのでは?と、感じるのだ。
とすれば「性的差別」というよりも、「年齢的差別」といったほうが正しいような気がする。

25歳~(おそらく30代前半)の女性を、顧客層として考えたCMのようだが、今は「エイジレス(目指す)」という感覚の女性のほうが多いのでは?
「エイジレス≠アンチエイジング」ではなく、年齢にとらわれずに、様々なチャレンジをし続けていきたい!という、女性が増えてきているということだ。
「25歳は、お肌の曲がり角」と言われたのは、随分前だ。
今は「10代後半からお肌の曲がり角(理由は、10代の頃から本格的なお化粧をするため、肌を痛めやすい、ということのようだ)」を迎える女性も少なくない、と言われている。
とすれば、25歳の女性があこがれる女性像と化粧品の関係を訴求したほうが、良かったのではないだろうか?

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「需要と供給のバランス」を... | トップ | 銀座のママが、トランプさん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CMウォッチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。