日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「トリニトロン」の再来となるか?ソニーの4K有機ELテレビ

2017-06-08 20:08:15 | CMウォッチ

今週に入ってから、ソニーの新型テレビの広告がYahoo!のトップページに表示されるようになった。
ソニー:4K有機ELテレビ

4Kテレビが市場に登場して、3年くらいになるのだろうか?
メーカー側の期待に反して(?)4Kテレビそのものは爆発的な売れ行きとはなっていないようだ。
実際家電量販店の売り場を見ても、4Kテレビを見ている人はいても、実際購入という場面になると4Kではないテレビを選んでいるようだ。
やはり、まだまだ高価だと感じている生活者が多い、ということだろうか?
4Kが登場する前に話題になった3Dテレビは、確かに話題にはなったが売り上げには結びつかなかった。
結局今年1月で、すべての家電メーカーは3Dテレビから撤退をしている。

その3Dに代わる新しいテレビが、4Kだ。
現在の状況は、上述した通り「売り場で見ている人はいても、売り上げについては???」という、状況のように思える。
Wikipediaによると、放送方式が統一化されていないらしく、方式が統一されるまで普及は難しいのかもしれない。Wikipedia:4K解像度
過去にはβ VS VHSというビデオ録画形式による市場競争があったことを考えれば、普及と共にどちらかが自然淘汰されていくのかもしれないが、生活者側としては「静観状態」なのかもしれない。

そのような状況の中で、ソニーが4K+有機EL画面のテレビを発売した。
これまで有機ELそのものが、高価すぎて大画面テレビを作るとなると価格的に市場に出せない、と言われていたように思うのだが、技術的日進月歩のおかげか?今回ソニーが発表した4K有機ELテレビの価格は、驚くほどではない。
と言っても、もちろん高額なテレビであるコトには違いないのだが・・・。
ただこのCMを見ていると、ソニーの本気度というか1960年代後半に発売した「トリニトロン」を思い出したのだ。
「トリニトロン」テレビの登場によって、ソニーは「映像のソニー」という、社会的イメージを作ることができた。
もちろん「トリニトロン」のCMそのものも印象的で、イメージ作りに貢献したはずだ。
Youtube:なつかしのCM「ソニー トリニトロンカラーテレビ」

CMの表現方法は全く違うのだが、「映像の美しさやきめ細やかさ」という点では、「トリニトロン」と同じだろう。
ソニーの持つ高い映像技術というアピールが、しっかりと伝わってくる内容のCMだ。
それだけではなく、久しぶりに「デザインのソニー」と言われていた頃を思い出させる、シンプルな中にもデザイン性を感じさせる。
極力余分なモノを排除し、生活者が「テレビを見る」ということに専念できるようなデザインだ。

Yahoo!のトピックスを見ていたら、大手企業のボーナス支給日が今日だったようだ。
「なかなか手が届かない」と思っていた、4Kテレビを購入する切っ掛けとなるのだろうか?

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アパート経営って、そんなに... | トップ | 産廃処理の大変さと難しさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CMウォッチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。