日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

リスクを取らないことは、良いことなのか?

2017-01-04 20:19:40 | ビジネス

年の暮れから体調不良が続き、年明けどうやら風邪をひいてしまったらしい。
ブログをアップしようと、PCに向かうのだが考えがまとまらず、そのうち頭痛に見舞われる・・・。
そんな繰り返しの年明けだった。

それでも、今日から「仕事始め」という企業も多く、世間は新しい年に向かい動き始めている。
日経のWEBサイトを見ていたら、「まっとうなご意見で・・・」という記事があった。
しかも発言をしているのは、麻生財務相。
日経新聞:麻生氏「金貸しが金貸さないでどうする」銀行を批判

確かに、銀行の事業の柱の一つは「お金を貸すこと」だ。
身近なところでは、「住宅ローン」だろう。
銀行は、お金を貸すことで利子を取り、お金を儲ける。
貸すお金は、市中の預金者から集めたお金だ。
なんとなく、銀行はお金を預け、利息を付けてもらう所、という認識があるが、それは半分正解でも半分は違っている。
銀行の事業の目的は「お金を貸すこと」で利子を取り、貸したお金を確実に回収するコトにある。

その意味で、麻生さんの発言は正しい。
実際、バブルの頃の銀行のお金の貸出先は、「こんなところにお金を貸しても良いの?」というところにまで、お金を貸していた。
例えば、がけ地のような土地の購入者に対して、購入費用を貸し付けるといった具合だった。
その後、どうなったのかはご存じの通りだ。

以前から「(銀行は)晴れの時に傘を貸すが、雨降りには傘を貸さない」と、揶揄されるコトが多かった。
「必要な時にお金を貸さず、不要な時ほどお金を借りてくれと言ってくる」という、意味だ。
その傾向が、バブルが崩壊してからますます強くなってしまった。
その結果、企業の本業ではない「資産」ばかりに目を向け、「資産」が少ないと判断すると、成長が見込まれそうな事業を展開する企業であっても、お金を貸す(=融資)をしなくなってしまった。
そのコトを、麻生さんは皮肉っぽく言っているのだ。

確かに「資産」があれば、万が一焦げ付いたときでも、資産を取ることで銀行そのものは被害を被ることは少ない。
しかし、今のよう低成長の時代の中で、中小企業などは経営努力をし続けても、厳しい経営を迫らられているコトには、代わりは無い。
まして、今の経済状況を打開しようと考えているような「新規の起業」などは、リスクが高すぎて守りに入った銀行などは、手が出せないというのが、現状だろう。
だからこそ、「クライドファンディング」のような方法が注目され、実際成功するケースも出てきているのだ。

「クラウドファンディング」そのものは、お金を出資する側としてはリスクが大きい。
しかし、「この事業だったら、自分が出資できる範囲で応援したい!」という、理由(というよりも「気持ち」だろうか)で、出資をする人たちが支えている。
もちろん、募集をする側も資金集めのためのプレゼンテーションは、相当磨かれた内容でなければならない。
ただそのような関係が生まれるコトで、プレゼンテーション力が磨かれ、社会を動かしていく力になって言っていることも事実だろう。

このような社会変化に、銀行はソロソロ気づく時期かもしれない。
そのコトを麻生さん流の言葉で、言ったような気がする。

ご挨拶が遅れましたが、今年も一年よろしくお願いします。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20世紀が遠のいたと感じた... | トップ | その発想で、良いの?トヨタさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。