日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

人気キャラクターの引退。ブランドに与える影響は?

2016-12-13 17:02:20 | ビジネス

讀賣新聞のWEBサイトに、ある人気キャラクターの引退の記事があった。
人気キャラクターとは、ベビースターラーメンの「ベイちゃんとピーちゃん」だ。
讀賣新聞:ベビースターラーメン、「ベイちゃん」ら引退へ

今現在の「ベイちゃん」は、二代目ということだが、1988年に登場して以来30年近く「ベビースターラーメン」という商品の「顔」として、活躍をしてきたということになる。
現在の「ベイちゃん」しか知らない、という方のほうが多いのではないだろうか?
それほど長い間、「商品の顔」として親しまれてきたキャラクターを引退させる、ということは、企業側にとって「大英断」だったはずだ。

例えば、今年「イソジンのかばくん」が、「イソジン」から消えた。
現在でも「かばくん」は、うがい薬のキャラクターとして活躍をしているが、その商品は「イソジン」ではない。
長い間起用してきた「明治のうがい薬」のキャラクターとして、現在活躍中なのだ。
多くの人にとって「イソジン=かばくん」という、イメージために「イソジン」側としては、継続して起用したかったはずだが、「かばくん」そのものの使用権は明治側にあったため、起用するコトができず、現在は新しキャラクターを使っている。
ただ残念なコトに、「イソジンのうがい薬」は知っていても、今のキャラクターを思い浮かべるコトは難しい(のではないだろうか)。

「イソジン」の例のように、「商品の顔」として長い間起用されてきたキャラクターは、想像以上に「ブランド力」を持っている。
そのキャラクターを見れば、商品を思い浮かべることができるからだ。
違う言い方をするなら、「キャラクターそのものが、ブランド」と考えることができる。

そう考えると、今回の「ベイちゃん」の引退は、一時期的かもしれないが「ベビースターラーメン」という商品に与える影響は、大きいかもしれない。
それだけではなく、「ベイちゃん」の後を引き継ぐ新しいキャラクターが、「商品の顔」として認知されるまでにかかる時間は、「ベイちゃん」以上かもしれないのだ。

企業が「商品の顔」として起用しているキャラクターもまた、企業にとっては「資産」の一つであり、その「資産」を成長させていくのは、生活者とのコミュニケーションだ。
「人気キャラクターを引退させ、新しいキャラクターを起用する」ということは、企業側からの「変化」を示すことかもしれないが、生活者とのコミュニケーションツールとしての「キャラクター」という「資産」の扱いは、慎重になる必要があると思う。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理想と現実のギャップを埋め... | トップ | 今年は、クラウドゆファンデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。