日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

サウジの王様ご一行来日で、考えたコト

2017-03-15 18:20:31 | ビジネス

サウジアラビアの王様ご一行が来日され、今日韓国へと旅立たれた。
随行員?約1,000名とまで言われた、大団体であったがその目的は「脱石油産出国」だったと言われている。
確かに、サウジアラビアのような石油産出国は、今後石油そのものの産出量が減少すれば、国そのものの経済が成り立たなくなる。
その前に手を打ちたい、という考えは理解できる。
新しい産業を創り出す必要があるだろうし、そのためのパートナー探しという視点で、日本に来日したということもうなずける。

ただ、サウジアラビアをはじめとする中東諸国について、どれだけ知っているのか?となると随分怪しいと、今朝のFM番組を聞いていて知った気がした。
FM番組に出演されていたのは、エジプト出身のタレント・フィフィさん。
中東諸国と言っても、フィフィさんの出身であるエジプトでは、サウジアラビア王様ご一行のような、白い民族衣装で生活している人はいないらしい。
少なくとも仕事に行く時は、普通に背広だそうだ。
もちろん、イスラム教の国なので女性はヒジャブと呼ばれるスカーフで頭を被っているようだが、国によって女性であっても随分ファッション傾向が違うらしい。

その番組で、これから先中東諸国とのビジネスが密になっていくとすれば、日本(人や企業)も中東諸国をもっと知る必要があるのでは?という、当然と言えば当然の指摘をしていた。
例えば、サウジアラビアのような石油産出国は、余りスポーツが盛んではない、ということ。
サッカーなどはW杯に出場しているので、意外な気がしたのだが、確かにオリンピックなどでは中東諸国の選手というのは、余り聞いたコトが無い。
スタジアムなどでのスポーツ観戦が、禁止されていることは知ってはいたが、スポーツ人口そのものも少ない、という現実があるようだ。
理由は、イスラム教独特の服装。
それを打開する(?)かのように、先日新聞にナイキがイスラムの女性向けスポーツウェアを発売する、というニュースがあった。
朝日新聞:ナイキ、イスラム教徒の女性アスリート用ヒジャブ発売へ

既にユニクロなどは、イスラム教徒の女性向けに「ヒジャブ」をはじめとする、商品を東京の他インドネシアなどのイスラム教徒が多い地域で、発売をしている。
イスラム教圏の女性であっても、おしゃれはしたいのだ。

忘れてはならないのは、1日に5回あると言われる「礼拝」対策だろう。
オリンピックなどの国際大会に選手が参加する・しないではなく、観客として受け入れることを考えるなら、宿泊施設などには、そのような簡易でも良いので施設が必要になるはずだ。
当然、「ハラール」と言われる食事の提供も必要だろう。

先日、近くの公立高校の入試日の朝、ヒジャブを身に付けた受験生に出会った。
イスラム諸国は遠い国だと思っていたのだが、案外身近になりつつあるのかもしれない。
そして、ビジネスパートナーとしてWin-Winの関係づくりが、急がれているのかもしれない。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田さんは、安倍政権のウイ... | トップ | トランプさんは、大きなビジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。