日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

日本でも「ロック(ミュージック)は、中高年の音楽」になってしまったのか?

2017-08-05 20:36:55 | ライフスタイル

Yahoo!のトピックスに、「フジロック(フェスティバル)」についての記事が、取り上げられていた。
日刊ゲンダイデジタル:若者が敬遠か フジロックは”おひとりさま”中高年の祭典に

「フジロック」という名前だが、現実には苗場(スキー場)で行われる、日本最大級の音楽フェスティバル。
出演ミュージシャンも多く、まさに「(夏の)音楽の祭典」というイメージを持っている。
ただ、最近の出演するミュージシャンのリストを見ると、ロックという音楽にこだわってはいないようだ。
逆に、いわゆるJ-POPと呼ばれる日本のミュージシャン、しかもテレビなどにあまり登場しないミュージシャンの名前が多いように思える。
テレビなどに出演しないからと言って、人気ミュージシャンではない、とは言い切れない。
ネット配信などの普及・一般化により、マスメディアに登場しなくても、コアなファンを獲得しているミュージシャンは数多くいるはずだ。
そのようなファンがいるからこそ「フジロック」というステージに、立つことができるのだ。

その「フジロック」の観客の年齢層が、上がっているというのが、今回の記事だ。
確かに苗場までの交通費、宿泊代、滞在中の食事に当然の事ながら開催期間中のチケット代が加わる。
「フジロック」に行くだけで、軽く10万円くらい飛んでしまうかもしれない。
そう考えると、経済的余裕がある年齢層が観客の中心となってしまうのは、仕方のないコトかもしれない。
以前、拙ブログでも「アメリカでもロックは、中高年の音楽になりつつある」という内容のエントリをしたことがある。
チケット代の高騰などを考えると、必然的に経済的余裕のある世代しかコンサートなどに行くコトができなくなってしまっている、という現実はアメリカだけに限ったコトではない、ということだろう。

一方夏真っ盛りの今頃は、全国各地で「野外フェス」が行われている。
こちらはJ-POPのミュージシャンが主体で、都市部に近い場所で開催されたりすることが多いようだ。
当然、観客の年齢層も「フジロック」よりも若い。
そしてこの「野外フェス」が、新人ミュージシャンのメジャーデビューの場ともなっている、と聞く。
CDが売れない時代、「野外フェス」が、ミュージシャンにとっての稼ぎ場なのだ。
しかも不特定多数のファンが集まる場所だからこそ、有名ミュージシャンに交じって新人ミュージシャンを売り出す機会ともなってしまうのは、当然の事かもしれない。
それだけではなく、このような「野外フェス」やライブ会場で販売される、様々なミュージシャングッズもまた、大きな利益を生み出すようになっているのだ。

固定的なファンがいる中高齢(どころか老齢)のロックミュージシャンにとって、日本の市場は安定的な稼ぎ場所となっているのが「フジロック」だとすれば、J-POPの若手ミュージシャンにとって、不特定多数の人達にお披露目をする場が「野外フェス」なのかもしれない。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「物語のある」ものづくり | トップ | 異質の文化を持つ企業の事業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライフスタイル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。