日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

偏見?それとも・・・不二越会長の「不採用基準」

2017-07-13 20:09:21 | アラカルト

就職活動に奔走している学生さんも、多いコトだろう。
売り手市場とか買い手市場という言葉に惑わされずに、就職活動をして欲しいと願っている。
願っているが、企業の会長さんがビックリするようなコトを、中間決算の会見で話をしたらしい。
北日本新聞:不二越「富山生まれは採らない」会長が会見で発言

不二越は、富山が創業の地となる企業だ。
その創業の地である富山の学生を採用しない、という発言を本社がある富山で、してしまったようだ。
採用しない理由は、「閉鎖された考え方が非常に強い」からだという。
富山出身の方が「閉鎖された考え方が、非常に強い」かどうかは、知らないが、以前から「田舎の人は、閉鎖的」というコトは、よく言われてきた。
そのような一面がある、というコトも実感している。
ただ、それは「閉鎖的考え」とは、別のような気がする。

「田舎の人の閉鎖性」があるとすれば、それは人付き合いのことのように思うからだ。
「自分たちのコミュニティーの中へ、よそ者を受け入れることが苦手」という表現のほうが、分かり易いかもしれない。
このことは、私自身が経験したコトがあるので、間違ってはいないと思う。
だからと言って「思考が閉鎖的」なのか?と、聞かれると「違う」と思っている。
この不二越の会長さんが言っているように「思考が閉鎖的」と、「よそ者を受け入れるのが苦手」というということは、まったく別のことだと思うからだ。

「思考が閉鎖的」ということは「頑固で人の意見や考えを受け入れない」というコトから始まり、「現状維持で十分」という、新しいコトにチャレンジオしない、しようとしない、ことを指しているのでは?
とすれば、このような思考の持ち主は田舎の人に限ったコトではない、と思う。
この違う「閉鎖的」を、一つの思考と行動にまとめてしまったことが、今回の問題発言に結びついているのでは?という気がしている。
それを、ステレオタイプ的に一括りにしてしまい、それが「(田舎の)富山の人は、・・・」というのは、「富山の人」に対する、思い込みから発生した「偏見」のような気がする。
そして一度認知されてしまった「偏見」は、なかなか脱出するコトができない。

就活生の皆さんには、このような「偏見」を堂々と述べ、自分が正しいと思っているような企業は「こちらから、ねがい下げ」というくらいの気概を持って、就職活動をして欲しいと思っている。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会を変える力があるかもし... | トップ | 劉暁波さんの死去と中国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。