日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

子ども手当てと給食費

2010-05-18 21:11:34 | 徒然
夕方のニュースや新聞各社のWEBサイトに、「子ども手当てと給食費を同じ口座に」という内容のが報じられている。

ここ数年、小学校などの「給食費の未払い」が問題になっていることは、ニュースなどで知っている。
だからと言って、子ども手当てを給食費に当てるというのは、どうなのだろう?
問題にすべきは、親のモラルの低下なのでは?

確かに、いくら給食費を請求しても「知らぬ、存ぜぬ」的態度で、支払わない親御さんがいるというコトは知っている。
ならば、そのお子さんに対して給食を停止させるという、強行手段があっても良いのではないだろうか?
給食は教育の一環(=食育)だとしても、給食費を支払わない家庭がある為に、給食費を支払っている家庭のお子さんたちに不利益(給食のメニューが減ったりするコト)を生じさせているコト自体おかしいのでは?

この不況下で、家計が厳しく給食費もままならないという、家庭であれば「子ども手当てから給食費を出す」というコトも一つの方法だと思う。
しかし、親御さんのモラルの低下で「子ども手当てを給食費にあてる」というのは・・・。
むしろ、このような家庭(=親御さん)の子供手当てそのものの、支給を考えるべきなのでは?
何故なら、このような親御さんは、お子さんの為ではなく、自分の為に子ども手当てを使ってしまうように思うからだ。

それにしても・・・いつから、こんなにモラルが低下した大人が増えてしまったのだろうか?
「行き過ぎた個人主義」というコトバでは説明がつかない、「自分勝手主義」の親の下で育つ子供たちの将来がとても気になる。

ところで、「子ども手当て」をもらったご家庭は、どのような使い方をするのだろうか?
「将来のための教育資金」という方が多いとは思うのだが、「何となく使ってしまった」というケースも多くなるのではないだろうか?
とすれば「子ども手当て」そのものの意義が、問われることになる。
「継続的実施」が望ましいとは思うが、逐次見直しがあっても良いと思う。

「マニフェスト・政治公約だから」と、硬直した考えではなく、予算については柔軟な対応をしつつ、将来的ビジョンを明確に打ち出すコトが大切なのでは?
それは現在の与党だけではなく、野党であっても同じコトではないだろうか?
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディアの中心が変わってきた | トップ | COP10とジレンマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。