日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

ロングセラー商品に見る「家族の風景」

2009-11-10 14:59:29 | マーケティング
毎日新聞のWEBサイトに、不定期企画として「ずーっと愛して:ロングセラー物語」という記事が掲載されている。
今日Upされた記事は、「バンドエイド」だった。

日本では、「バンドエイド」タイプのばんそうこうは、地域によって呼び名が違うと言われているが、そのどれもが「バンドエイド」を基にして開発された商品である事には、違いないだろう(呼び名についての資料は「役に立つ薬の情報 専門薬学」より)。
そして、「バンドエイド」などのばんそうこうをはってもらうイメージは、「お母さんが子供にはる」という光景ではないだろうか?
実際、バンドエイドなどのテレビCMでは「子供とお母さん」という組み合わせが殆どだ。

「バンドエイド」のほかに紹介されている、「三ツ矢サイダー」や「カルピス」などのも、懐かしさとともにあるのは「家族の風景」のように思う。
それは、日常の中にあるチョッとした特別なコト。
「三ツ矢サイダー」が好きだった、宮沢賢治のようにお給料日の贅沢だったり、夏休みの昼下がり(昼寝の後の「お目ざ」)だったり、何となく平凡な中にある幸福感というモノを感じる。

そして、ロングセラーとなる商品の多くは、このようなイメージのモノが多いような気がするのだ。
随分と前になるのだが、あるジャムのテレビCMに「ベストセラーよりロングセラー」というキャッチコピーがあった。
このコピーを見たとき、「商品には一時話題になり、売れる商品もあるけど、長い間多くの人に親しまれ、世代を超えて支持される商品があるんだな~」というコトを、改めて知った気がした。
そして、そのような商品は子どもの頃の思い出とともに、人の(心の)中に留まり、フッとしたときに、当たり前のようにいつもその商品を手にとってしまう、というような商品へと成長しているのだ。

だから「ロングセラー商品」の多くには、「家族の風景」を感じるのかも知れない。
そんな商品を育てることも、企業にとっては大切なコトなのだと思う。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイディアの生まれる場所 | トップ | 便利さと引き換えに失ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。