日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「ソーダ税」に対抗して、砂糖を減らして味はどうなる?

2016-10-18 20:44:51 | アラカルト

様々な国で、「ソーダ税」が検討されている、という。
実際、米国のフィラデルフィア市では、すでに「ソーダ税」が導入されている。
朝日新聞:米フィラデルフィア市が「ソーダ税」導入へ

過剰な糖分摂取による肥満などの、「生活習慣病」を減らすことを目的としているのだろう。
確かに、米国のみならず炭酸飲料そのものをよく飲む人は、数多くいる。
愛飲者の方すべてが、肥満だとは思わないが「炭酸飲料」のイメージは、健康的なものではない。

炭酸飲料のあまり健康的ではないイメージが、定着し始めたためだろう。
最近では、炭酸飲料全体の消費量は減ってきている、と言われている。
そのために、炭酸飲料メーカー各社が打ち出しているのが「ダイエット」などをキーワードとした、健康的なイメージ商品だ。
その延長としてだろうか?ペプシコが「炭酸飲料などの砂糖を大幅に減らす」と、発表している。
朝日新聞:ペプシコ「砂糖減らします」課税・炭酸水離れを意識

砂糖を減らすことで、炭酸水離れを減らすことができるのだろうか?という、疑問がわいてきたのだ。
というのも、随分前「ダイエットコーラ」が発売されたとき(だったと思う)、味が変わりコーラファン(?)から「味が落ちた」と、すこぶる評判が悪かったのだ。
ダイエットコーラそのものはその後味の改善が行われ、現在でも販売をされているのは、ご存じの通りだ。

今回の「砂糖を減らす」ことで、味が変わってしまうのでは?と思ったのだ。
味そのものが変わってしまっては、コーラという飲み物の魅力は半減してしまうだろう。
それこそ「コーラ離れ」を促進してしまうかもしれない。
もう一つは「砂糖は減らす代わりに。人工甘味料などで甘味を出す」という方法は、本当に健康的なのか?という、疑問もあった。
随分前に、VOUGEの健康をテーマにした「人工甘味料VS砂糖 体に良いのはどっち」という、動画サイトを見たことがあったからだ。
VOUGE:太るのはどっち?カロリーゼロシュガーVSお砂糖 (音声に注意)
ゼロカロリーだからと言って、人工甘味料を摂り続けるのはどうやら健康リスクのようだ。

「炭酸飲料離れ」を止めるのであれば、1日の適正量のようなモノをメーカー側が提示する方法のほうがよいのかもしれない。
そのほうが、安心をして飲むことができるような気がするのだが・・・。

ちなみに、紹介をしたVOUGEのサイトには、カフェイン摂取をテーマにした「炭酸飲料VSエナジードリンク」という動画もある。
VOUGE:炭酸飲料VSエナジードリンク (音声に注意)

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じニュースなのに、見出し... | トップ | 発想を変えると、形も変わる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。